チェーンスリング

チェーンスリングは、金属製のワイヤロープなどに比べ、耐熱性や耐食性にすぐれています。
また使用後に「形くずれ」「変形」「伸び」等が少なく,耐久性に優れているなどの利点があります。
メーカーにもよりますが、スリングを構成するチェーン以外のリングやフック等の金物が豊富にあり、長さ調整などその場で出来る便利な金具が用意されているものなど、用途に合わせた構成での組立が容易にできます。
人命に関わる機器ですので「安全第一」を考え、信頼の置ける商品をご提供いたします。

チェーンスリング

チェーンスリング

主な取り扱いメーカー

  • 株式会社キトー
  • マーテック株式会社
  • 昭和機械商事株式会社
  • 象印チェンブロック株式会社

ご希望の仕様に合わせて制作いたします

チェーンスリング選定ガイド

チェーン・リンク・フック・吊り方の参考にして下さい!

STEP
チェーンサイズを決める

吊り条件に応じたチェーン径を選定します。

チェーンの等級(チェーンの強さ)は、主に等級8[等級T(旧等級表示、以下同)](最少破断応力800N/mm)、等級10[等級V](最少破断応力1000N/mm)と有りますが、等級10[等級V]が使われることが多い。

別表1も等級10[等級V]での使用荷重となっています。

STEP
金具との結合方法(ピンタイプ・アイタイプ)

金具部材は、ピンタイプとアイタイプに分かれます。

STEP
リングの選定

クレーンのフックに入るか確認が必要です。リンクの内寸法を確認して下さい。
特にクレーンのフックが大きい場合は、大口径マスターリンクをお勧めします。

STEP
長さの調整

チェーンの長さ調整が出来る各種部材を紹介します。

グラブフックチェーンの下端部に結合し、荷に回し掛けされたチェーンの長さを調整するために、フックを個々のチェーンリンクに掛けて止めることができます。
その場合チェーン使用荷重は減少され、キトーチェーンの場合減率30%、マーテックチェーンの場合減率20%です。
詳しく見る>
ショートニングクラッチグラブフックと同じように使用されて、強度はチェーン使用荷重の100%です。
マスターリンク(ショートニング付)-マーテック製品マスターリンクにチェーンの長さ調整機能(ショートニング)が組み込まれています。
1本吊り用、2本吊り用があり、任意の揚程での吊り作業が簡単に行えます。
偏荷重の吊り作業に最適です(偏荷重の場合1本吊りの荷重計算になります)。
詳しく見る>
ミッドグラブショートナーチェーンの中間で長さ調整できる金具です。詳しく見る>
STEP
絞込み吊り

絞り吊り用として使用出来ます。

シングルロック- マーテック製品絞り込み吊り用のチョークフックとして、またはマスターリンクと接続するカップリングとして使用出来ます。詳しく見る>
ダブルロック- マーテック製品グラブフックと同じように使用されて、強度はチェーン使用荷重の100%です。詳しく見る>
STEP
フックの選定

チェーン、リンクが決まったらフックを選定します。
各種、特徴のあるフックを紹介します。

ロッキングフックトリガーをロックすることによって掛け外れを防止することが出来、一般のフックのように外れ止めが簡単に壊れることが有りません。
スイベル型は、チェーンやワイヤーのより戻し機能が有り、荷重がかかった状態で回転する機能が必要な場合に使用して下さい。
詳しく見る>
覆工板・鉄板吊り用フック開口部が大きいので、取り付け・取り外しが容易にできます。
吊り上げ時は自動的に閉鎖ロックが掛かり、ワークから外れることがなく安全です。
詳しく見る>
小さな穴に挿入(eフック)今までのフックでは挿入できなかった小さな穴に挿入し吊り上げることができます。
アイボルトのM8~M24まで1サイズで使用可能です。
詳しく見る>
STEP
使用上の注意事項

使用荷重の熱による減少率
マイナス40℃から400℃未満でご使用下さい。使用荷重の熱による減少率は下記となります。

  • -40℃~100℃以下 0%
  • 100℃~200℃以下 10%
  • 200℃~300℃以下 25%
  • 300℃~350℃以下 35%
  • 350℃~400℃以下 40%
  • 400℃以上    使用不可

酸、アルカリ等の薬品の掛る条件下では使用出来ません。
下記条件下でのご使用の場合、使用荷重の80%に減率して適正なスリングを選択して下さい。

・高頻度、常時使用荷重を負荷する作業
・常時振動が作用する作業
・自動ラインに組み込んでの使用