よくあるご質問

いままでにお問い合わせいただいたものをまとめてみました。
これ以外のご質問もお気軽にお問い合わせください。

我が家は建てて10年経ちます。そろそろ塗装した方が良いですか?

10年間何のメンテナンスもしていなければ検討しても良い頃です。しかし、外壁の種類また、新築時に塗られた塗料によっても条件が違ってきます。あくまでも、家の状態により判断するべき事です。当社にて無料にて診断させていただきます。フリーダイヤルか、こちらからお問い合わせ下さい。しつこい営業もございませんのでご安心下さい。

塗装工事は手抜きが多いって聞きましたが本当ですか?

塗装工事は一番手の抜きやすい工事です。例えば、・ 決められた回数を塗らない。・ 下塗りから上塗りに移る際に決められた時間を空けない。・ 雨や風が強いのに、無理に工事をしてします。・ 下地をしっかり調整しないのに、塗装してしまう。・ 良質な材料を使わない。塗装対象に不適合な塗料を塗る。・ 塗料をけちって、薄く塗り広げてしまい、所定の膜厚に達していない。・ 素人同然の者、技術が未熟な者が施工する。など、素人の方では気付かない所で手を抜くことが可能です。特に余りに安い価格で発注された場合は注意が必要です。当社は、塗料メーカーを交えての塗料の選別、長い付き合いの中で信頼関係を築いた職人を擁した施工班の元、施工管理(上記で上げた項目を管理します。)をしっかり行います。

見積りを複数取ったら、仕様や値段もバラバラでどれを選べばよいのでしょうか?

まず、使う塗料については色々な種類があり、塗る場所、塗る物の適正、耐久性等に違いがあります。大まかな特徴は こちら をご覧下さい。
また、塗る広さ(平米数)に違いがある場合は、図面を元に説明を受け、お客様が納得されることが必要です。適当な数字を入れて価格をごまかす業者もいます。特に一式の見積になっている場合は注意が必要です。(塗る場所が狭い場合はこの限りではありません。)
その他、足場の組み方、養生の仕方、塗装の工法、塗り回数によっても価格が変わってきます。
塗装に詳しくないお客さまが複数の見積を取った場合、最終的に価格だけで決めてしまいがちなので注意が必要です。

カラーベストの屋根の場合、塗り替えと葺き替えのどちらが良いですか?

カラーベストの塗装はあくまでも簡易的なメンテナンスです。葺き替えやカバー工法を選択された方が将来的にかかるコストを抑える事が出来る場合があります。現在の状態によりご提案させていただきます。

塗装の耐用年数は何年くらいですか?

下地や塗装の内容にもよりますが、ホントに大まかに言って・アクリル塗装で5年程度・ウレタン塗装で7年程度  ・シリコン塗装で10年程度・フッ素塗装で12~13年程度・光触媒塗装で15年程度と言われています。 詳しくは こちら もご参照ください。