我が家の犬

2022年12月9日 更新

13歳のミニチュアダックスを飼っています。

人見知りが激しく、知らない人にはまったくなつかない、おばあちゃん犬ですが、食欲もありとても元気です。

ですが、先日体調を崩し入院し、手術をしました。このままいなくなってしまうのでは…と

不安な日々を過ごしましたが、病院の担当の先生が、熱心に治療をして下さったかいもあり、

びっくりするぐらい元気になりました。本当に感謝しています。

朝から晩まで治療、手術、経過の説明と、若い女性の先生ですが、いつ休むのかな?

とこっちが心配になるくらい、熱心に治療をしてくださりました。

 

経過観察で今でも通院していますが、先生に会うたびに私は感謝の意を伝えるのですが、

本人はまったくなつきもせず、命の恩人に対して歯をむき出して怒りちらします。

 

そんなわがままな子に成長してしまい、ちょっと育て方を間違えたかな?と思うときもありますが、

家族の一員としてとても大切な存在です。

この先も元気に長生きしてほしいです。

 

                    建設部 森

 

▲このページの先頭へ

 

スケート

2022年12月5日 更新

昨年の冬、妹夫婦に誘われて何十年ぶりにスケートをしました。

こどもの頃は毎年スケートをして颯爽と滑っていたのですが。

いざ、スケート靴を履いて立とうとすると、なかなかの不安定さ。

リンクでは初め滑るではなく、歩く。

リンクの周りの壁にはりつき歩くのがやっと。

だんだんと昔の感覚を取り戻し、最後の方は壁に頼ることなく

滑ることができました。

調子に乗って滑っていたら、肩からおもいっきり転んでしまいましたが

普段からなかなか運動する機会がないので、心地良い疲れでした。

翌日は、全身筋肉痛と肩に痛みが。

今年も行ってもっと上達したいと思います。

 

                             総務部 遠藤

 

▲このページの先頭へ

 

夢が現実に☆彡

2022年11月22日 更新

先月の事ですが私の中ではおそらく一生に一度しかない事だろうな~って事がありました!

LIVEとかですと終演後抽選で何名かアーティストと一緒に写真撮れる

CDとか買うと抽選でアーティストとオンライントークができる などまず当たりませんよね。

 

ですが今回はLDHのあるダンスボーカルグループの推しの写真集を買うと抽選で推しとツーショット写真が撮れるというのがあり、まさかも当選!本当にびっくりでその日迄服装どうしようとかいろいろ頭の中がやばい状態でした。

 

当日は撮り直しナシ・会話NGとあり他の人が撮ってるのを見ると推しがこっちのポーズに合わせて撮るみたいな流れで、いざ自分の番がきた時推しの愛猫の真似をしたら会話NGなのに推しが

 

推し「それ何?」

私「猫です」

推し「あっ猫か」

 

って話かけてきたのにはもう心臓やばかったです(^^;)

2枚目は勝手にキュンハートしたら素早く合わせてくれて2枚ともとても良い写真が撮れました、一生の宝です!

 

スタッフさんも撮り直しナシと書いてあるのにちゃんと撮れてるか確認お願いしますと言われ本当に対応がよく

最後に「バイバイ」って推しが言ってくれて本当に本当にこんなイケメン久々で幸せな時間でした(*^^*)

関東ではドラマにも出てるので静岡でも見れる局でバンバンドラマ出てほしいです!

 

一生のうちに絶対推しの芸能人と接したいという夢がかなって本当に嬉しかったです。

LDHには他にも推しがいるのでまたチャンスがあればいいなって思います(確率かなーり低いですが・・・)

仕事でも何でもそうですが夢や目標が達成できると良い気分になると思います。

引き続きいろいろ頑張ります!

 

                        営業部   原田 美穂

 

 

▲このページの先頭へ

 

感動瞬間

2022年11月14日 更新

4歳の誕生日にプレゼントとして、友人の店で自転車を購入しました。

この日は、富士市港公園で練習して、何度も倒れそうになりながらも数メートルもの距離を漕ぐことに成功した。自転車は本当に不思議なもので、最初の1メートルを漕げるようになるまでが大変なだけで、一度感覚を掴みさえすれば、乗れる距離を伸ばしていくことは簡単でした。

乗れる感覚を身につけた娘は、多少ふらついたりするときもあるものの、普通に乗りこなせるようになっていました。

自転車に乗れてめちゃくちゃ喜んでる娘の姿を見て、僕も嬉しくなる半面、こうやって親が補助しなくてもできることが増えていくことに寂しさも感じます。

娘が頑張って自転車に乗る姿を見ると、感動して涙が出るとは思わなかったです。

 

 

 

 

営業部  加藤

 

▲このページの先頭へ

 

安全運転への活動

2022年10月20日 更新

10月から当社では、道路交通法施行規則の改正に伴い、運転前後にアルコール検知器を用いて飲酒チェックを行っております。毎朝、運転管理者と対面式でコミュニケーションを取りながらチェックしますので、飲酒の有無だけではなく、体調に異常がないか等の変化にも気づける様になりました。目的は飲酒運転の撲滅ではありますが、安全運転を心掛ける意識の共有が重要だと思います。これからも継続して行うことにより、無事故・無違反、そして安全や健康について共有していく所存です。

 

営業部 小坂

 

▲このページの先頭へ

 

年齢の重ね方

2022年9月29日 更新

受け入れたくないのですが、今年で50歳になります・・・

先日は中高の同級生が亡くなってしまいました。地元信用金庫の支店長をしていた男でしたが大変残念です。

私が若いころは50歳という年齢はオジサン以上お爺さん未満の扱いでした。

当たり前ではありますが、時間経過と共に色々な変化があります。

ちょっと前にここにも書きましたが、「北の国から」を観る視点が純から五郎に自然に変化して子供と親それぞれの視点で観る事も出来ます。

同様にビジネスの環境でも時間経過分から感じる知見があります。

「仕事は出来るだけでなく教えられて一人前」と若いころ教わりました。

 

良い年齢の重ね方を考えて時間経過を受け入れなければならない様です。

 

営業部 村田

 

▲このページの先頭へ

 

今月の契り通信

2022年9月28日 更新

今月の契り通信です! Vol.200 2022.11.15 発行!

 

契通信発刊200号

                                                                                                              11月に入り少しずつ涼しくなってきました。「冬型」に近い気圧配置が現れるようになってきたからの様ですが、寒気が南下して「冬将軍」が到来するのはもう少し先で、天気は変わりやすく汗ばむ陽気となる日もあるそうで、台風発生の可能性もあるとのことです。過去に観測史上3度、11月に日本の本土付近を通過し、その内1つがなんと11月30日に上陸したという記録があります。今年は台風災害が多く発生しましたが、ここへ来てまだ予断を許さない状況だと思います。           さて、本ニュースレターもついに200号となりました。今は亡き当社の経営コンサルタントであり、且つ私の大学時代の同級生に、会社の信用や宣伝になるからと勧められ、2006年1月に第1回目を発行して16年と4カ月間一回も休まず発行して来ましたが、今年の6・7月の2か月病気療養の為休刊してしまいました。ちょっと残念でしたが仕方がありません。46歳で始めてもう62歳になり、体力気力共に衰えて来ていますが、もう少し継続して行こうと思います。お付き合いのほどお願い申し上げます。

      

                                                                              代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

◆    半期を終えて 

今年度半期が終わり当社では何とか黒字を維持している状況です。

当社は基本的にお客様の大半が法人企業で、塗料や機械工具等の物品販売はコロナ前に戻りつつありま

すが、建設関連は見積物件は出て来ましたがなかなか成約までたどり着けない状況で今一と言ったとこ

ろです。

世間ではコロナ感染者数も減少し、GO TO等の消費浮揚策、飲食業への営業時間や人数制限、外国人

来日客の制限等多くの制約が緩和・撤廃され国内経済も少しずつ通常に戻りつつあるように感じていま

す。また、政府も10月の経済見通しを「穏やかに持ち直し」としています

しかしながら、10月から食品など一般消費者に関係する様々なものが値上げされています。そしてウ

クライナの戦争の長期化、なんといっても問題なのは円安です。我々の企業間取引における値上げは、

ここ1~2年資源高とのWパンチであらゆる商品で引きも切らず行われ、同じ商品が何度も値上げさ

れ、お得意様への値上げのお願いに忙殺されて来ました。今は資源高が収まって来ていますが、円安が

止まらず輸入価格は高止まったままです。

更に心配なのは、新型コロナウイルス下で低水準に抑えられていた倒産が増加に転じていることです。

東京商工リサーチが10月に発表した全国の4~9月の倒産件数は3年ぶりに増えています。

今年に入って新型コロナ関連の各種融資の返済が始まった矢先に、ウクライナの戦争による燃料や原材

料高が直撃し、同時に急激な円安に依るコスト増で収益が圧迫され、特に運輸や建設業で行き詰まる企

業が増加しているそうです。

4~9月の倒産件数は前年同期比7%増の3141件。この内ガソリン価格の高騰等で運輸業の倒産が162件

と42%増、原材料高が重荷の建設業は15%増、製造業では8%増と言った状況です。

倒産が増えた理由の一つは、新型コロナ関連融資の返済が始まったことです。実質無利子・無担保融資

(ゼロゼロ融資)で借りることが出来る融資で、最長5年返済の据え置きが出来、最初の3年間は利払い

も実質免除される制度です。元金返済の猶予期間を3年以内に設定した企業が多いそうですが、返済猶予

期間に業績が上向かなかった為に返済が出きず、事業の継続を断念するケースが出ているそうです。こ

のコロナ関連融資を受けた後に倒産した企業は、4~9月合計で202件と前年同期の2.6倍だったそうで

す。

この様な状況の中、欧米の成長率鈍化や中国でもゼロコロナ政策で成長率が下方修正される等、今後世

界的な経済の減速が予想されます。

経営は、最悪を想定して楽観的に行動しなければなりませんが、亡くなったパナソニックの創業者であ

る松下幸之助氏が、「不況またよし」という言葉を残しています。

不況になると、これまで見過ごされてきた問題点が良く見える様になり、色々なアイデアが出てきて大

きなビシネスチャンスが生まれることがある。このようなチャンスを逃さないために、不況の時はうろ

たえずに、まずは現状を把握し、自分は何をするべきかを考えてみることが重要だ。と言っています。

「不況またよし」の精神で年度後半を乗り切ります。

                    《社員ブログ》                                     

総務部 加藤弘泰 ★                 

10月1日付で入社し総務部に配属となりました、加藤弘泰と申します。簡単ですが自己紹介をさせて頂

きます。

静岡県三島市出身で今年37歳となります。山梨で4年生大学を卒業した後、1年間東京の六本木にて

飲食店で働いておりました。

その後、地元に戻りOA機器メーカーの営業として10年以上勤務し、この度縁ありましてお世話にな

ることとなりました。

最近は健康を意識して、休日ウォーキングをしております。(近くの運動公園を1時間程歩いておりま

す。)総務の仕事につきましては、未経験ではありますが、まずは業務を少しでも早く、正確に覚え、こ

なしていくことを第一に考えております。また、今まで培ってきました、知識と技術で社内のインフラ

やネットワーク等の整備など業務に支障が出ないようにサポートしていきたいと考えております。

まだまだ未熟者ではありますが、会社に貢献できるよう努力していきたいと思っておりますので、ご指

導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

■ 吊る太郎のつぶやき ■  

【吊る太郎のつぶやき】は、吊り具の正しい使い方やお役立ち情報をお届けする当社のWEBマガジン

です。

ワイヤロープや繊維スリング、吊り金具等各種吊具について、基礎的な知識や選定方法等を写真等を使

い優しく解説しています。始めて2年ほど経ちコンテンツも少しずつ充実してきてアクセス数も増えてき

ました。今後も順次コンテンツを増やし内容を充実して参ります。是非一度ご覧になって下さい。

「吊る太郎のつぶやき」と検索してみて下さい。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2022年9月28日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

VOL.197

2022.5.28

VOL.198

2022.8.26 

VOL.199

2022.9.28

VOL.200

2022.11.15

 

Vol.192
2021.12.24

Vol.193
2022.1.24
Vol.194
2022.2.25

Vol.195
2022.3.29

VOL.196

2022.4.28

Vol.187
2021.7.29

Vol.188
2021.8.25
Vol.189
2021.9.27

Vol.190
2021.10.27

Vol.191
2021.11.29

Vol.182
2021.2.25

Vol.183
2021.3.24
Vol.184
2021.427

Vol.185
2021.5.27

Vol.186
2021.6.28

Vol.177
2020.9.24

Vol.178
2020.10.27
Vol.179
2020.11.27

Vol.180
2020.12.19

Vol.181
2021.1.27

Vol.172
2020.4.24

Vol.173
2020.5.28
Vol.174
2020.6.26

Vol.175
2020.7.21

Vol.176
2020.8.24

Vol.167
2019.11.29

Vol.168
2019.12.24

Vol.169
2020.1.29

Vol.170
2020.2.27

Vol.171
2020.3.30

Vol.162
2019.6.29

Vol.163
2019.7.26

Vol.164
2019.8.27

Vol.165
2019.9.27

Vol.166
2019.10.28

Vol.157
2019.1.25

Vol.158
2019.2.28

Vol.159
2019.3.28

Vol.160
2019.4.26

Vol.161
2019.5.27

Vol.151

2018.7.27

Vol.152

2018.8.27

Vol.153
2018.9.26

Vol.154
2018.10.29

Vol.155
2018.11.28

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

お月見はいかが

2022年9月15日 更新

9月10日は8年ぶりの中秋の名月と満月でした。

妻と少し出かけてみようということになり伊豆縦貫道を通り沼津の内浦にあるコンビニまで行き

静浦を通って海越しの月を観ながら沼津市内に抜けるドライブをしてきました。

夏から秋へと既設の変わりを感じ短時間でしたがリフレッシュできました。

今は妻と2人なのでたまには孝行しなければ・・・

                         営業1課 西家 公彦

 

▲このページの先頭へ

 

小5の夏

2022年9月13日 更新

 

 

甥っ子の夏休みの宿題に付き合いました。

いつもながら、この夏の珍回答も、なかなかの逸材っぷりでした。

 

 

まずは苦手な国語。

 

・読みがなをふりなさい

 野鳥の観察 → 「やどりのかんさつ」

 

・漢字を並び替えて四字熟語を作りなさい

 石・一・鳥・二 → 「鳥石二一」

 

やる気が見当たりません。

 

 

さらに苦手な理科。「メダカの成長」

 

・メダカの受精卵について、選択肢の中から選んで書き入れなさい

 〈メスが産んだ「 1 」と、オスの出す「 2 」が結びつくことを「 3 」と言い、

「 3 」した卵を「 受精卵 」と言います。 〉

 

甥っ子の答え「 2 」 → 「 けはい 」

 

 

来年、小6の夏も楽しみです!

 

 

営業二課 武田

 

▲このページの先頭へ

 

足湯リラクゼーション

2022年9月2日 更新

今年も暑い夏が続いていますが、先日も足湯を楽しんで来ました。伊豆長岡温泉には、気軽に利用できる無料の足湯が数か所開放されており、隙間の時間に利用しています。一番のお気に入りは、古奈湯元公園内の「よりともの湯」という足湯です。熱すぎるんじゃないかと思われる温度設定ですが、休憩を挟みながらじっくりと堪能します。夏場は冷たい飲み物を飲んだり、冬場は暖かいコーヒーを飲みながらリラックスしています。

年寄りの趣味と敬遠していた足湯ですが、今ではすっかり気に入っています。

自分がそういう楽しみができる年齢に、なったということなのでしょう。是非、足湯リラクゼーションを試して見てください。

建設部 杉山哲朗

 

 

▲このページの先頭へ

 

朝顔

2022年8月26日 更新

私は「花より団子」の人間で、育てるなら「花より野菜」と楽しんでいましたが、

今年は珍しい朝顔3種類の種を頂き、家族で育てています。
7月中旬に種子をまき、つるが伸びるよう柵を備え付け、水やりは娘にまかせ
ようやく花が咲くようになりました。
白1色ながら花びらがちじれているもの・白地に青のまだら・赤紫のまだらの
3種類が咲くのを見て、気分的にも清々しさを覚え、花を育てるのも良い物だと感じております。
これからの季節で、何を育てられるか野菜以外も花の種類も増やそうと思います。

営業1課 水間

 

▲このページの先頭へ

 

NBA JAPAN GAME 2022

2022年8月17日 更新

定期的に更新しているこのブログ内で、私がバスケットボール好きと言う事を話してきましたが、2022年9月30~10月2日の3日間で、NBA JAPAN GAME 2022が開催されます。

普段、アメリカでしか試合をしないNBAが、日本でプレシーズンを開催するというファンにはたまらない催しとなっています。埼玉スーパーアリーナでの3日間なので、チケットは限りがあると言う事と、最近NBAを見る人が増えた影響で、チケットの倍率がとんでもないことになっています。(肉眼で選手を確認できる価格が1席6~8万円です)

私はというと・・・、見事外れてしまいました。冷静に考えると当たるわけがありませんでした。友人も外れました・・・。

 

現地でしか買えないものがある様なので、チケットはありませんが、当日は有休を使い友人と参戦しようと思います。

 

営業一課 越水

 

▲このページの先頭へ

 

2022年8月5日 更新

ちょうど1ヶ月程前から猫を飼い始めました。

以前も飼っていたのですが、一年半前に病気で亡くなってしまい、思い出しては涙が出る毎日で、しばらくは飼わないつもりでいました。

そんな中、知人の家で猫が産まれ、引き取り手を探しているという話しがありました。

引き取りたい気持ちと、いつかお別れする時の辛さを思い、悩んでも悩んでも答えが出ずにいましたが、3ヶ月が経過した時点で引き取り手がまだ見つかっていないと聞き、

これは縁だ、引き取ろう、と決めました。

6匹産まれ、そのうち女の子2匹を我が家に迎えることにしました。

まだ4ヶ月のやんちゃ盛りなので、毎日運動会です。

ペット可の部屋ですが、階下の方に迷惑にならないかヒヤヒヤしながら、夜遅くなるとマットケージに入れたり、マットを引いたり、工夫をして過ごしています。

 

猫の丸い手の形や、毛の柔らかさ、鳴き声、気まぐれな性格、全てが可愛く愛おしくて、

人間に愛されるために生まれてきたんだなと、

久しぶりに猫と触れ合いながらそんなことを考えています。

先のことを考え悩みましたが、引き取ってよかったと思っています。

これからどんな子達に育ってくれるか成長がとても楽しみです。

 

営業部  鈴木

 

▲このページの先頭へ

 

娘の宿題

2022年7月20日 更新

 

 娘が今年の4月から小学生になりました。今のところ楽しく過ごせているみたいで親として安心しています。

 小学校1年生で宿題が結構出ます。学校で出る暗算・本読み・書き取りと習い事での英語とKUMONを頑張っています。集中してやれば1時間で出来そうな宿題も直ぐに始める場合とぐずぐずしてやらない場合がある為、なかなかやらない時に少し怒っていまいます。しかし、小学生のころ習い事もせず遊びしかしていなかった自分が宿題をしない娘を起こる資格はないと思い、優しく付き合うようになりました。

 先日実家に帰った時に娘が勉強頑張っていると実家の両親に話しをしていたら、親のお前も何か資格でも取れるように、娘と勉強頑張れと実家の母親に激烈な激励を受けました。これからは娘と一緒に勉強を頑張ろうかと思います。

 

建設部  松江

 

▲このページの先頭へ

 

説明力強化セミナー

2022年7月19日 更新

先日、「説明力強化セミナー」という講義を受ける機会があり、参加しました。

講義では、説明を相手にわかりやすく伝える為の意識や心がけ、テクニックについて学び、

座学だけでなくグループワークの形で、ゲームや実践を通じて勉強をしました。

講義の中で、特に私が印象に残った内容としては以下の3点です。

 

・要点を項目ごとに整理して、最初に予告する。

本の目次の様に、これから話すことの項目を最初に伝える。

説明の最後に、より伝えたい項目を復唱することで、聞き手に印象つける。

 

・聞き手の疑問を解消する説明力を高める。

説明をした時に、聞き手がどのような疑問を持つか事前に考え、説明にその答えを入れる。

聞き手が持つ疑問をその場で解消することで、説明の理解や興味を持ってもらう。

 

・例えば… → 要するに… の流れで話す。普段から例えを考える癖をつける。

例え話は説明する時に有効で、最後に要点を話すことで伝わりやすく話せる。

例え話が出来ない人は、普段から例え話を考える習慣をつけることが役立つ。

 

実際にグループワークで初対面の人に向けて説明をする練習をしましたが、

なかなか思うように説明が出来ず、自身の説明力不足を実感しました。

1時間半という短い時間でしたが、自分の課題を見つける有意義な時間になりました。

今回学んだ事を、普段から意識して実践できるように心がけたいと思います。

 

営業二課 平山功奈

 

▲このページの先頭へ

 

胃カメラ

2022年7月5日 更新

先日、鼻からの胃カメラで検査をしました。鼻からは初めての経験でした。

始まる前からドキドキして不安でした。

看護師さんが、とても優しい方で「大丈夫ですよ」とか気を使って声をいろいろかけてくれたり、検査が終わるまで背中をさすってくれたりしてくれました。

私は鼻の中が細くなかなかカメラが入らず結構大変でしたが、看護師さんの優しさで

少しは痛みも薄れた気がします。

結果は異常無いとの事でした。

先生が「異常が無くても1年に1回は検査を受けた方がいいですよ。」と言われました。

皆さんも1年に1回検査を受けたらどうでしょうか。

 

 

 

                                          建設部 見村

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

㈱チキリ安全大会

2022年6月29日 更新

2年ぶりとなりましたが安全大会が開催されました。

年に一度協力業者の方たちと一緒に、工事の安全について今一度見直す大事な大会です。

建設現場ではちょっとした不注意が大きな事故につながる可能性もあります。

安全と健康意識の気持ちを更に引き締め、

労働災害がおきないよう気を引き締めていきたいと思います。

                   建設部 森

 

 

▲このページの先頭へ

 

偶然の再会

2022年6月24日 更新

今年は、娘の中学入学式でした。
私服でズボンしか履かない娘のセーラー服姿はとても新鮮でした。

入学式終了後。

あるお母さんが私に向かって歩いてきました。 
誰のお母さんだろう~わからないな〜と思っていると
「〇〇ちゃんだよね」と声を掛けてくれました。
顔を見てもマスクをしているので
目元だけでは誰かわかりませんでしたが、声を聞いた瞬間

小中学校の同級生だとすぐわかりました!
同級生とわかった瞬間、お互いがあの頃に戻ったかのようにおしゃべりし

楽しいひと時でした。
偶然にもお互いの子どもは、同じクラス&同じ部活。

違う小学校出身ですが仲良くなり、休みの日に遊ぶ約束をして

とても楽しみにしている娘です。

同級生と再会できた事も、娘同士がお友達になれたことも、嬉しい出来事でした。

これもなにかの縁でしょうか。

 

                                 総務部 遠藤

 

▲このページの先頭へ

 

久々ドライブ♪

2022年6月21日 更新

少し前の話で4月後半ですが西伊豆の浮島海岸という所へ行ってきました。

このような時期家にこもりきり・動かない・ストレスたまる

GW前なら道も混まないだろう思い、妹が現場で行った事あり

景色良いよ~との事なのでそこにしました。

 

縦貫道も月ヶ瀬まで開通してた事もありスムーズに行けました。

月ヶ瀬の道の駅でフルーツや野菜を買ったり、

田子?の辺りで人も少なくゆったり食事もでき、

浮島海岸に着きましたがかなりの強風で長い間はいませんでしたが

異国?みたいなこの辺りでは見れない景色で良かったです。

 

電車とかですと人が多くまだまだ不安なので近場でドライブでしたが

楽しい1日でした!

 

                   

                   営業部  原田 美穂

 

▲このページの先頭へ