修善寺梅林

2020年2月21日 更新

先週の火曜日に修善寺梅林へ行ってきました。
修善寺梅林には、約1000本の梅が植えられているそうです。
梅林の美しさを保つために、一本一本管理する人がいると考えると頭が下がる思いです。
私も学生時代に、授業の一環で剪定作業をしたことがありますが、木は様々な形があり、剪定後のやり直しが効かない為、とても難しい作業です。
梅林は入場無料となっていますが、管理をする方達の苦労を考えると、少し申し訳なく感じてしまいます。これからも美しい梅林が継承されて欲しいと願います。
修善寺梅林の梅まつりは、3月8日まで開催されていますので、是非一度、足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 

営業部 平山功奈

 

▲このページの先頭へ

 

コロナウィルス

2020年2月15日 更新

連日、新型コロナウイルスに関しての報道を見ます。
国内の感染者も増えているようです。
日常的な予防としては他の感染症と同じで、手洗いをしっかりすること、そして、咳やくしゃみをする際には、マスクやティッシュ、ハンカチ、場合によっては衣服、袖等を使って口や鼻を押さえるなど、咳エチケットなどにしっかりと取り組む。
また、特に高齢の方や基礎疾患のある方については、感染するとより重症化しやすいと言われているそうです。人混みの多いところはできるだけ避ける。
また、咳や発熱等の症状がある方で、特に高齢者の方、基礎疾患のある方については、症状に不安がある場合には、まずそれぞれの地域にあります帰国者・接触者相談センターに相談して下さい。
私も十分な予防がしていきたいと思います。

 

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

冬の富士山

2020年2月5日 更新

我が家は、富士山をよく見ます。
朝から晴れていると当社の駐車場から富士山全体がとてもよく見えます。
休日の午前中運動がてら歩きながら見たり、午後もつい気になって見てしまいます。
綺麗に見えると何故だか気持ちが良いです。
この時期の富士山は、全体に雪で覆われてとても綺麗です。
親戚が関西に住んでいて、我が家に来る時も新幹線の中から富士山を見るのを
楽しみにしています。
いつも見てない人を感動させたり、私みたいに綺麗に見えると感動したり・・
富士山は魅力的だと思います。
特に、夕方の富士山は、夕陽を浴びて雪もオレンジ色に染まって輝いてとても感激します。
この時期、天気の良い朝とか夕方見る機会があったら是非・・・お薦めです。

 

建設部 見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

PTA役員

2020年2月4日 更新

今年度は、子供の小学校のPTAと、地域の子供会の役の両方を兼任する役員となり
とても忙しい一年間でした。
くじ引きのあたり?を引いてしまい、何も知らない役を引き受けることに
なったときは自分のくじ運の悪さと、くじを選んで引いた自分の右手を恨みました。
しかしこの一年間、やはりいろいろな方との出会いは(いい意味でも、悪い意味でも)
とても有意義でしたし、集団生活を送る子供の姿を見ることもでき
PTAの具体的な活動内容、先生方の様子など、今までの自分には
無縁できた事を『知る』ことができました。
一年間役員をやってみて思うことは、費やす時間が多く
できれば避けたい事には変わりはないですが、まだまだ続く子育て生活を
送る自分自身にとって、大変勉強になった、収穫のあった1年間だったように思います。
去年の今頃の自分に、そんなに右手を恨まないで と言ってあげたいです。

建設部 森 直子

 

▲このページの先頭へ

 

衝突被害軽減ブレーキ義務化!

2020年1月29日 更新

国土交通省は、昨年6月に関係閣僚会議でまとめられた
「未就学児等及び高齢運転者の交通安全緊急対策」に
即した具体的な措置方針を発表しました。
その方針の1つとして、衝突被害軽減ブレーキの国内基準を1月中に策定。
義務付けを2021年11月以降の国産新モデルから段階的に実施するそうです。

衝突被害軽減ブレーキの義務化は大賛成です。
でも、あくまでも軽減だけです。
免許返納年齢の設定も行って頂きたいです。
70を過ぎると刑務所にも入れられないそうで…^^;
その年齢の方の被害者は泣き寝入りとなります。

 

総務部 芹澤達也

 

▲このページの先頭へ

 

今月の契り通信

2020年1月29日 更新

今月の契り通信です! Vol.169 2020.1.29 発行!

新年おめでとうございます
年が明けてだいぶ日が経ってしまいましたが、改めまして、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
今年も昨年同様暖かで穏やかなお正月でした。
そして、年末年始の休暇も昨年に続き大企業並みの9日間。
旅行にでも行けば長く感じないのでしょうが、ずっと家にいたので調子が狂ってしまいました。
年末は掃除、元旦は初詣など忙しくしていたのですが、後半3日はゆっくりできたのですが、もったいなくも無駄に大切な休みを過ごしてしまったように思います。
休みが始まる前に9日間のスケジュールをちゃんと組んでおけばよかったと反省しています。
さて、例年元旦の朝4時から菩提寺でお経をあげます。
本当は1日から8日までの8日間毎朝(2日以降は朝5時から)唱えるのですが、私は、初日と最終日だけで勘弁してもらっています。
そこで仏様にお願いしたのは「健康」です。
私は今年厄年。前回42歳の厄年は結構色々な事がありました。
特に健康面で私自身だけではなく家族も不調でした。
ということで祈願の第一が「健康」ということです。
もちろん会社の「商売繁盛」も祈念いたしました。
そして皆様にとっても今年1年が素晴らしい年になるよう祈念申し上げます。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ 2020年 子年 ◆           
2020年令和2年は🐭子年、子年の相場の格言は「繁栄」で、株式市場では、十二支のなかで2番目に景気の良い干支だそうで、逆に来年の丑年が悪い年なのでここで稼がなければいけない年だそうです。
さて、現実の経済の状況は、昨年から続く穏やかな景気後退の中、課題となるのはやはり米中摩擦と英国のEU離脱。
どちらも昨年末に取りあえず不透明であったものが良くも悪くも先が見えるようになったという意味では一服といった感はありますが、やはりこの問題は今後の景気に大きく影響することは明らかです。
国内ではオリンピックイヤーそして国の大型の財政出動などのプラス要素はありますが、製造業の勢いが減衰していることは明らかです。
昨年も引用しました、日経新聞の主要企業経営者20人による新年の景気見通しでは、
○予想実質国内総生産(GDP)の前年度比伸び率は平均0.5%。(政府の見通しは1.4%) 設備投資が堅調なことや政府の経済対策で公共事業の積み増しが期待できることから、景気の底割れは回避できるとの見方が多い。
設備投資は、情報化関連、次世代通信規格「5G」関連、人手不足対応の設備投資が伸びる。
○政府が12月初めに決定した大型の経済対策も景気を支える。
民間の支出を加えた事業規模は26兆円にのぼる。
〇戦後最長とされる景気回復はいつまで続くのかという問いに対して、昨年19年末が景気のピークであったと回答したのは3人。五輪前の20年上半期にピークと回答者が5人で最多だった。
また、21年以降も続くと回答した経営者もいた。
〇株式相場の見通しは、日経平均株価の高値を2万5000円以上、安値は2万1000円程度とする見方が多かった。
〇景気のマイナス要因である、米中貿易摩擦も米大統領選を控えリスクが低下する。
等の意見が出ていました。
そんな中、1月3日にアメリカ軍がイランの国民的英雄であった司令官を空爆で殺害しました。
ダウは急落、為替はドル安に転じ円高、金相場も高騰し、当然原油も高騰しました。
その後両国の緊張はトーンダウンしましたが、石油の輸入の8割を中東に依存している日本に影響が生じることは必至で今後の動向を注視しなければなりません。
更にここへ来て中国発の新型コロナウイルスという問題も浮上してきました。
一方正月明けのお得意先回りを終えての感想ですが、今年は4月以降本当に先が見えない年だと感じました。
景気がどうあれ私たちがやることは、「新しいお客様を作る」「新しい仕事を作る」ことです。
重要なのはまずやる事。失敗しても、結果が出なくても行動すること。
挑戦の過程でいかに考え努力したかが重要で、そういった努力を重ねていく内に結果として利益は付いてきます。
日経の社説に次の一節が出ていました。
「企業は不確実な事業に挑むからこそ利益を得ることができる。
未来を自ら開く経営が望まれるときだ。」現状に甘んずることなく新しいことへ挑戦することが大
事だということです。

《社員ブログ》

岡村千代輝 ●   営業部2課
今年度1月6日より営業部二課に配属させて頂きました、岡村と申します。
生まれは神奈川となりますが幼少期から富士宮で過ごし、日本大学三島高等学校卒業の後、日本大学国際関係学部へ進学し卒業しました。
その後はピザの配送のアルバイトをしながらバンド活動をしていました。
アルバイトではございますが、勤めた8年の中でお客様に対する姿勢や、自身の仕事に対する誇りや情熱など沢山のことを学ばせて頂きました。
入社以降先輩方の業務に同行させて頂き、様々な経験を積ませて頂いていますが、専門的な事もあり一層の努力が必要だと感じました。
しかし、先輩方のご教授やご指導もあり、楽しく勉強させて頂いています。
何分社会経験に乏しく、皆様にご不便やご迷惑をお掛けしてしまうことがあると思いますが、一生懸命頑張らせて頂きますのでご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

■ 契通信の配信について ■
当通信もお陰様で発刊して15年目に入りました。
当初FAXのみの配信でしたが、現在はメールでも配信しております。
一応、お断りをした上でお送りしているのですが、FAXでお送りしている方については、こちらの一方的な配送物にもかかわらず、紙を利用させて頂いているという申し訳ない気持ちと、転勤などで部署が変わって、送り先に宛名の方がいらっしゃらないのに送られてくると言う問題があります。
配信をメールに切り替えを希望される方。
また、既に宛名の方がいらっしゃらないなどで、配信停止をご希望される方は、お手数ですが、メール・FAX・お電話でご一報下さい。
次号より反映させて頂きます。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2020年1月29日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.167
2019.11.29

Vol.168
2019.12.24

Vol.169
2020.1.29

 

 

Vol.162
2019.6.29

Vol.163
2019.7.26

Vol.164
2019.8.27

Vol.165
2019.9.27

Vol.166
2019.10.28

Vol.157
2019.1.25

Vol.158
2019.2.28

Vol.159
2019.3.28

Vol.160
2019.4.26

Vol.161
2019.5.27

Vol.151

2018.7.27

Vol.152

2018.8.27

Vol.153
2018.9.26

Vol.154
2018.10.29

Vol.155
2018.11.28

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ

 

サッカー王国復活へ!

2020年1月18日 更新

今年の全国高校サッカー選手権で、静岡代表の静岡学園が24年ぶりに決勝進出!

静岡県は、サッカー王国と言われながら、ここ最近では結果が揮いませんでした。
全盛期の頃は、静岡学園・清水東・清水商業・藤枝東・東海大一と
毎年のように全国大会でも優秀な成績を収めていましたが
Jリーグの発足の頃からでしょうか、今まで全国から静岡県を目指していた選手が
Jクラブのユースチームや地元で力を入れている高校などで活躍するなど選択肢が増えたのも事実です。
また、各地で優秀な指導者が育成されてきているのも理由の1つと言えるでしょう。
何はともあれ、静岡県はこれからもサッカー王国として邁進して欲しい。
そして、毎年正月には静岡県民の明るいニュースとして、恒例の話題となっていくことを期待しています。
ガンバレ静学!!

営業部 小坂真弘

 

▲このページの先頭へ

 

2020!!

2020年1月18日 更新

今年は東京オリンピックですねって普通は思うかもですが、私は他にも楽しみがあります。

LDH PERFECTYEAR 2020 です。

何それ思うかもですが簡単に言うとLDH所属アーティストが一年中ライブやイベントをするお祭りみたいなもんです。

オリンピックもチケットとるの大変ですがこっちも大変で友達と3公演エントリーし今のところ1公演当たりました。もう2公演はまだ結果待ちです。

昨年も2公演行きましたがその時だけは嫌な事一切忘れられ最高に癒されます(現実逃避)o(≧O≦)/

あとほとんど東京ドームですが週末ですと泊まりで居酒屋で反省(何の?)したり楽しいです。

沼津に帰る(現実に戻る)のがマジで嫌になります(ToT)

そういうのを励みにもちろん仕事も頑張りますのでこんなLDHオタクですが

本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

写真はブログとまったく関係ないですが、正月恒例友達と食事に行ったら店員がササっと書いてくれました!

こんな写真も少し癒されます。

 

営業部 原田美穂

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

2020年

2020年1月7日 更新

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
2019年は、躍動の年になりました。
新しいお客様とのお取引も始めることができ、
既存のお客様も良いお話を沢山頂きまして、
心より感謝申し上げます。
年末年始、皆様は休息がとれましたでしょうか。
私は、大掃除に家族行事、子供のパシリと怒涛の9日間を過ごして参りました。
この勢いのまま、2020年走って参りますので、
何卒よろしくお願い申し上げます。

 

営業部 川口真太郎

 

▲このページの先頭へ

 

プルメリア

2019年12月23日 更新

 今年も残り僅かとなりました。皆さま如何お過ごしでしょうか?今回も、絶賛好評中な我が家の植物シリーズ書きたいと思います。
今回の主役はプルメリア。
実は10年程前、家を新築した際に同時期に引っ越してきたお隣さんから株分けして頂いた物なんですが、このプルメリア、上手く育てないとというか、条件が良くないと花をつけてくれないんです。
知識が薄くて申し訳ないんですが、確か南国の植物で寒さに弱く湿気にも弱いおまけに水のやり過ぎもダメと言う我がままっぷり。
おまけに冬は冬眠する不思議で日本の気候にはあまり適してない感じの植物なんですが、そんな我が家のプルメリアちゃんもやりました!なんと!!3年振りの開花(おぉぉぉ!奇跡!)正直どんな花だったかも忘れるレベル…いや〜…可憐だ。
一気に咲くのではなくポツポツと(種類によって色も形も違うそうですが)…でかいボディの割に…そしてここからが本題ですが何と花が咲いた幹の部分が枝分かれするんです(これめっちゃ楽しみ)7年掛かって3カ所枝分かれして3年振りの枝分かれ。
正直、花よりこっちがメインの楽しみでかなりハイテンション。
何でしょうか、子供を育ててるような感覚。正直、頂いた時はここまでハマるとは思ってなかったんです。
どちらかと言うとデカくなるらしく面倒くさいらしいと。。
ただこのプルメリア育てる事自体はそこまでむずかいし植物ではないんです。
夏場は朝夕の水やりと日光によくあてる事。
冬場は陽の当たる暖かい場所に置いて水は月1程度を目安に幹にシワが出てきたらあげるだけ。
どうです?そこのあなた!一緒にプルメリア挑戦してみませんか?大きくなったら圧巻ですよ。

 

建設部 土田 晃

 

▲このページの先頭へ

 

バングラデシュってどこ

2019年12月7日 更新

 

  子供ネタばかりで済みませんが、大学院生の長男が来週から約1ヶ月バングラデシュに交換留学に行きます。
当初の予定より遅くなり、帰国後に話を聞いてから載せたいと思っていたのですが、タイミングが悪く事前の話となりました。
長男から留学の話を聞いた時にまず思ったのは『バングラデシュってどこ?』でした。恥ずかしながら私はバングラディッシュと言うと思っており、場所もアジアの中でインドのそばだったかな位にしか思っていませんでした。実際には、インドの東側ミャンマーとの国境近くに三方をインドに囲まれています。面積は約14万6,000k㎡で
日本の約4割・北海道の約1.7倍、人口は1億6千万人だそうです。民族はベンガル人が殆どで、イスラム教徒が
約9割を占めています。気になる治安は2016年7月のダッカ襲撃テロ事件以降治安の強化に務めており、安定して来ている様子で、外務省の危険度では、首都ダッカ等一部を除いてレベル1(十分注意してください)に引き下げられたそうです。とは言え長男が行くのはダッカ区にある大学なので少々心配なのですが、長男曰く殆どホテルと
大学の往復だけなので危険はあまり無い筈だとの事、それはそれで折角1ヶ月も滞在するのだから世界遺産とか
観光地も色々とある様なので少しは観に行けたら良いのにと思うのでした。
 
                                                       営業部1課 清 博司

 

▲このページの先頭へ

 

紅葉のシーズン

2019年12月2日 更新

こちら静岡では秋も深まって来ました。
伊豆・修善寺には虹の郷というテーマパークがございます。
虹の郷では、紅葉の最盛期となる11月中旬から「もみじライトアップ」という
イベントが毎年開催されています。
この施設内では、秋の修善寺の風物詩として、夜にライトアップされた
紅葉鑑賞ができ、昼間とは一味違った表情を見せる夜の紅葉を楽しむ事が出来ます。
ここ数年、我が家で恒例の風物詩となっています。
今年も愛犬を連れて風情に浸りたいと思っている此の頃です。

 

営業部 小坂真弘

 

▲このページの先頭へ

 

「社員ブログ」

2019年11月21日 更新

この社員ブログはHPの更新の伴い2008年11月からスタートしており、トップバッターは私でした。
今では採用面接など当社にいらっしゃる前にここを見る方もいます。
2008年といえば「リーマンショック」・「オバマ政権誕生」・「i Phone発売(3G)」
こんな年でした。
ちなみに私はこの5月にマイホームを建てているのですが、もう丸11年が経過しており、団塊の世代は70才を過ぎ我々の団塊Jrは50才目前です。
自分が“アラフィフ”とは・・・
時間経過と世の中の変化に刹那を感じます。
50才までに仕事とプライベートどちらも何か目標を設定し必ず成し遂げたいです。

 

営業部 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

よさこってる PART2

2019年11月13日 更新

            

♫ 踏み出す一歩に思いを乗せて目指す先は夢の吊り橋 ♬                            

相変わらず行っております。 用宗、吉原、藤枝そして名古屋に行ったりと。

 

よさこいの演舞は一年を通して試行錯誤しながら極めていくのです、そして11月の

学園祭に踊り納めをして次の新しい演舞のお披露目となるのです。

まだ自分も見ていないのですが本人いわく、なかなか良いそうです。

これは楽しみと。

最近では、あまり出かけることも少なくなってしまいましたがこれを機会にまた

あちこちと出歩こうと思います。

 

                       営業一課    西家 公彦

 

▲このページの先頭へ

 

よろしくお願いします

2019年11月8日 更新

昨年9月に入社しました、営業2課の鈴木です。

入社当初は、新しい仕事、新しい環境で働くのはとても不安がありました。
また、それまではペーパードライバーでしたが、車を買い、車通勤することになり、、、
様々な不安と緊張を抱えて入社しましたが、とても働きやすい環境で、周りの皆様に助けて頂きながら、仕事に慣れていくことができました。

1年経った今は、新しい生活リズムにも慣れ、忙しいですが充実しています。

まだまだ覚えることだらけですが、会社に貢献できるよう、お客様に喜んで頂けるよう、前向きに勉強しがんばっていきたいと思います。

 

営業部 鈴木智恵

 

▲このページの先頭へ

 

ドリームマップ

2019年10月31日 更新

 先日中学生の娘から、ドリームマップの授業があるから相談にのってと言われました。
「ドリームマップ」って何?
調べると、字の如く「夢への地図」。自分がどんな大人になって、将来の職業や自分にとっての幸せを考える事。NPO法人や社団法人として認定のプロジェクトがあり、私は初めて知りました。
今の子供たちは、この時から自分をみつめ将来の夢への関心・結びつきを導きだしていく学校のカリキュラムがある事に驚き、また羨ましいと思いました。自分の中学生時代を振り返れば、
嫌々勉強して、ただただ部活に没頭して、友達との時間が1番!将来への期待や想像なんて無関心だったように思います。
 今まで、親子でそういった話はしたことがなかったので、どんな事に興味があるのか・やってみたい事など、親子でみつめる時間が持てていい機会でした。これからも一緒に考え、そして自分なりの夢をみつけるヒント・チャンスになってくれたらいいなぁと願います。

 

総務部 荻野容子

 

▲このページの先頭へ

 

日本人初NBAドラフト1巡目指名八村選手

2019年10月31日 更新

タイトルの通り、アメリカのプロバスケットボールリーグで1年に1回行われるドラフトで、八村塁選手が1巡目指名を受け、ワシントン・ウィザーズというチームに入団しました。
このニュースは大々的に取り上げられていた為、ご存知の方も多いと思いますが、歴史に名を残すビッグニュースです。
このようなことを言うと後付と言われるかもしれませんが、私は彼が高校生の時から注目をしており、日本を背負って立つプレイヤーになると確信していました。
ですがまさかドラフトで指名されるとは思いませんでした・・・。
しかも彼は開幕したシーズンで先発を務め、上々の成績を残しておりコート内で抜群の存在感を発揮しています。
このままずっと活躍してほしいと願っておりますが、プロの世界そんなに甘くはありません。
過去、1回の怪我で選手生命を終えたプレイヤーも数多くいます。
怪我だけは気を付け、日本人でも海外で通用するという事を証明してほしいです。

 

営業部 越水健人

 

▲このページの先頭へ

 

キャッシュレス

2019年10月23日 更新

2019年10月1日から、消費税が8%から10%へ引き上げられました。
増税のタイミングで注目されたのが、キャッシュレス決済でした。
キャッシュレス決済とは、クレジットカードや電子マネーなどで支払う方法のことです。
増税のタイミングで、消費者へ2%か5%還元されるということで、上手に使うと
節約をすることができるようです。
私もpaypayというバーコード決済を利用し始めましたが、支払いの際アプリの
バーコード画面をみせるだけでよいので、買い物もスムーズになり
いくらか還元されるので、いいことだらけだなと思ってます。
リスクももちろんあるので、使い方をきちんと勉強しなくてはいけません。
使い方をマスターしたら、きっと生活はもっと便利になると思います。

 

建設部 宮村舜憲

 

▲このページの先頭へ

 

台風19号

2019年10月15日 更新

大型の台風19号が日本列島に上陸し、全国各地において被害が発生しました。
お亡くなりになられた方々の、ご冥福をお祈りしております。
また、被害に遭われた方の一日でも早い復興を祈念いたします。
我が家も災害対策の備蓄品を非常時の為に備えていました。
ニュースで避難勧告地域になったのを見て、避難所に避難するかを妻と話した結果、まだ3歳と1歳の子供を連れて、避難所での待機は難しいだろうと思い、自宅で待機することとしました。
自宅周辺に被害は無かった為大丈夫でしたが、もし被害に遭っていたら思うと避難所で待機していた方が良かったのだろうかと考えてしまいます。
家族で災害について話しておくのが非常に大事なことだと改めて感じました。

 

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介