おしゃべり

2018年7月9日 更新

テレビなどでも放送されていますが、しゃべる事は体にも良いと言われてます。
おしゃべりだけでは無く歌を歌ったり、本などを声を出して読んだり・・・・
どんな方法でも良いので声を出す事は体にも良いし認知症の予防にもなるそうです。
確かに1日人と会話をして無いと気分が暗くなる気がします。
少しでも、どんな内容でもおしゃべりをしたり、歌を口ずさむだけで気分転換になり
気持ちも明るくなる気がします。
みなさんも仕事や家事などを一生懸命になりすぎて息が詰まったり、気分が落ち込んだりしたら、身近な人や買い物へ行ったときお店の人とちょっとしたおしゃべりでも気分転換になると思います。

建設部 見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

ブロック塀

2018年7月7日 更新

先月の大阪府北部を震源とする地震では、ブロック塀の倒壊が発生し、

基準をみたないなブロック塀の危険が認識されたところです。

地域の人々の安全にも関わる問題ですので、基準をみたないブロック塀や石塀は、

軽い材質のアルミフェンスや、生垣などへやり替えることをおすすめします。

危険なブロック塀の、撤去や改善をするための工事に対し、補助金がでる場合もあります。

安全性の確保は、所有者の責任です。

危険な塀は改善をしていきましょう。

                             建設部 森直子

 

 

▲このページの先頭へ

 

スマホがないと生活できない時代…

2018年6月30日 更新

スマートフォンを使ってなんでも集約されるような時代が近づいています。
クレジットカードなどは世界中で導入が進み、スマートフォンで買い物したり電車にも乗れます。

免許証などの証明書をスマホに連携させるような計画も発表されています。

 

今回そんなスマホに機能を集約する技術のお話です。
なんと車のキーとしてスマホを利用する規格がこのほど発表されました。
この規格は「Digital Key」と名付けられ、NFCを使ってスマホでドアロックの解鍵/施錠だけではなく
エンジンをかけることも可能になります。

既に世界の主要自動車メーカーが参加を表明しており
この技術が世界標準になれば「ドアに鍵穴のない車」を作ることができ
車上荒らしといった犯罪被害の減少にも期待できるでしょう。

 

これからはスマホは絶対に失くせないですね~
部屋で失くすくらいならいいですが、出先でやってしまうと
車も乗れない!電話もできない!買い物もできない!
バッテリーが切れたら何も出来なくなります。
これからはスマホがないと生活できない時代です…(^^;

 

総務部 芹澤達也

 

▲このページの先頭へ

 

今月の契り通信

2018年6月25日 更新

今月の契り通信です! Vol.150 2018.6.25 発行!

最善を期待し、最悪に備える
6月初めに梅雨入りし、雨もそこそこ降り今年は梅雨らしい梅雨となっています。ここまでは湿度は高い気もしますが、気温はそれほど上がらず過ごしやすい日が続いていましたが、今週から30度前後の日が続くようです。これから夏本番、今年の夏も暑くなるようです。
先月号でも書きましたが、世界的な好景気の中、今年は当社も順調に滑りだすことが出来ました。対前年の半期予想は増収増益となっています。しかしながら、トランプ大統領が鉄鋼・アルミの輸入制限を発表後アメリカ・中国・EUで輸入関税の引き上げ等の制裁の応酬が続き、さながら貿易戦争の体を成してきています。今後この状況がエスカレートしていけば世界経済の減速が起こりえます。
この様な状況における特効薬はありません。とにかく今できることをしっかりやって行くだけです。調子のよい今だからこそ逆に最悪に備えることが重要です。危機管理の基本は「最善を期待し、最悪に備える」ことだそうです。期待するのは最善の結果だが、場合によっては最悪の事態が起きることもあるので、それに備える。ということです。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ 個人情報 ◆           
昨年末VOL.144でグーグルのAIスピーカー「グーグルホーム」についてこのコラムで取り上げましたが、競合製品のアマゾンエコーに搭載されたAIアシスタント「アレクサ」が、アマゾンエコーが置かれた部屋で家族の会話を録音し、連絡先リスト(登録された住所録)の一人に送ったことが報じられ、この件につきアマゾンは被害者からの報告を認め謝罪しました。
被害者は、自宅の全ての部屋にアマゾンエコーシリーズを導入して、アレクサ対応機器と連携してスマートホーム機能を利用していたところ、家庭での家族の会話がメールで送られてきていると、アレクサに登録した連絡先リストにあった知人から連絡を受けて発覚したということです。
アマゾンでは「アレクサ」に似た言葉で起動し、会話中のある言葉を「メッセージを送る」と聞き間違え、またある言葉を連絡先リストにある名前に解釈してしまったと説明しているようです。つまり勘違いに勘違いが重なったということの様です。
アマゾンエコーだけでなく、グーグルホームでも音声アシスタントの集音マイクは電源が入っている限り常にユーザーの声を聴いています。私の持っているグーグルホームは、日本ではまだ音声によるメール送信は出来ませんが、常に聞かれているという状態は気持ちの良いものではありません。会話の内容を吸い上げられ個人データとして保存されていないとは限りません。そして注意しても注意のしようがありません。
また、フェイスブックの個人情報漏洩についても物議をかもしています。報道によると、アメリカ大統領選においてフェイスブックから不正に入手した5000万件のユーザーの心理データ1つ1つに合わせて、個人のフェイスブック上にトランプ大統領に投票するように巧妙に仕向けた広告を出していたとされます。「007」や「スパイ大作戦」の世界ですね。個人情報は何に使われるか分かりません。
私自身ちょっと前まで個人情報の漏洩は他人事だと思っていましたが、すでに何回か自分が個人情報を登録したサイトから個人情報が流出して新聞紙上を賑わしたことがあります。私個人にはほとんど影響はなかったのですが、一度だけ会社で備品を購入したサイトから情報が洩れて、IDやパスワードを書き換える様に連絡を受けたことがあります。
我々は普段ネットからアプリをダウンロードしたり、色々なサイトに入会するときに自分の個人情報を入力し、その後アプリやサイトがそのデータを利用する利用規約等に同意をしています。その規約を完全に読んで理解をして同意している方はどれほどいるのでしょうか?
EUでは、個人情報保護ルール「一般データ保護規則(GDPR)」により、EUに住む個人がデータを消すよう企業に求めることができる様に定めています。登録してある個人情報を個人の自由な意思で消せる法律だそうです。忘れられたいと要求を受けた企業は、データを消す義務を負うということです。
 自分の個人情報は自分で管理しなければならないということなのですが、すでに自分の情報がど
こにあり、どう扱われているか全く分かりません。
対応策はあるのでしょうか。怖い世界です。

《社員ブログ》

紫陽花 ●           建設部 土田 晃
梅雨入りしました。ハッキリしない天気とじめじめした感じが何とも憂鬱な時期ですね。
実は昨年、我が家では紫陽花の切り花を8本程頂き、試しにと挿し木にして育てていました。
今年に入って鉢に1本ずつ植え替えをし、毎日欠かさず水やり(係りは息子なのですが、実際はほとんどパパがやっていました)をしていたところ、葉が4枚しか無かった葉紫陽花が・・・なんと全高30cm以上、葉はふさふさ、茎は太く力強くなり8本中6本もつぼみが付き、綺麗なブルーとピンクの花が咲き始め見頃を迎えています。
気分も憂鬱なこの時期に何とも風流な仲間(紫陽花と蛙とカタツムリ)が我が家の仲間入りです。
余り大きくしたくない事と来年も花を咲かせる為に花が見頃の内に剪定し来年に備えます。
花から2節下の節目で剪定するのが来年も咲かせるコツだそうです。
来年も楽しみです。皆さんも是非試してみて下さい。

■ ムーンリフタ(電動バランサ) ■
ムーンリフタは100V電源のみエアー配管なしで20~480㎏の重量物を吊り上げて軽い力で移動させる装置で、 機械装置などの組み立て現場で組み付け等を手助けするものです。また、袋入りの原料の解袋作業や物流一般、介助・介護の手助けなど広くご利用いただいています。(防塵タイプもあります。)
吊り下げた重量がゼロになるようにモータでバランスさせるため、 軽い力で精密な位置決めができ、しかも振動も発生しません。
ご興味のある方は当社営業マンまでお問い合わせください。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2018年6月25日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ

 

紫陽花

2018年6月13日 更新

 梅雨入りしました。ハッキリしない天気とじめじめした感じが何とも憂鬱な時期ですね。実は昨年、我が家では紫陽花の切り花を8本程頂き、試しにと挿し木にして育てていました。今年に入って鉢に1本ずつ植え替えをし、毎日欠かさず水やり(係りは息子、実際はほとんどパパ)し葉が4枚しか無かった葉紫陽花が・・・なんと全高30cm以上、葉はふさふさ、茎は太く力強くなり8本中6本もつぼみが付き、綺麗なブルーとピンクの花が咲き始め見頃を迎えています。気分も憂鬱なこの時期に何とも風流な仲間(紫陽花と蛙とカタツムリ)が我が家の仲間入りです。余り大きくしたくない事と来年も花を咲かせる為に花が見頃の内に剪定し来年に備えます。花から2節下の節目で剪定するのが来年も咲かせるコツだそうです。是非、試してみて下さい。

建設部 土田 晃

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

ありがとう!!!

2018年6月11日 更新

先月にめでたく第一子が誕生し、

初めてのお父さんになりました。

 

 は、本当に不思議なものです。

何かしら、人との縁が、人とのつながりが関わってくるものです。

 

生まれてから十日間でミルクをよく飲む赤ちゃんになりました。

それを見ることにより成長を感じられ、嬉しく思います。

これからも、子供の成長を楽しみながら、
そして、周りの人への感謝を忘れず、家族で成長していきたいです。

 

 

 

営業部 加藤 翔

 

▲このページの先頭へ

 

今年も上半期がもうすぐ終わり

2018年6月11日 更新

今年も上半期がもうすぐ終わろうとしています。
今期も様々な業種のお客様におかれまして業績が好調の会社が多く見受けられます。
これまでは弊社のお客様とエンドユーザー様の間で短納期での仕事のやり取りが行われ
現状の設備の中で いかに仕事をこなすかが課題となっていましたが、
最近では設備更新や新規設備立ち上げ等、設備投資を行い更なる仕事の効率化を図るお客様が増えているように感じます。
その中で有り難いことに弊社へご相談やご依頼を頂くことも徐々に増えてきております。
また依頼に対しての希望回答スピードも今までよりも早くなってきていると思います。
いち早くお客様の希望される商品をご提案する為には
様々な情報の中からお客様に合う商品を精査する必要があります。
その為にも仕入れ先メーカーからの最新情報や評判の良い商品情報等を入手に努め、
迅速かつ鮮度の良い情報を御提供出来る様に心がけ
お客様の満足に繋がるように努めたいと思います。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

営業2課 河口祐一郎

 

▲このページの先頭へ

 

やらなきゃ意味ないよ

2018年6月7日 更新

これは日大アメフト部の選手が前監督の発言として証言した言葉ですが、
twitterで少し話題となっています。
前監督botというアカウントが各ユーザーのリプに「やらなきゃ意味ないよ」と投稿しているようです。
そのユーザーの中には、著名人も入っており、
サッカー日本代表 長友選手の「やってやる」と意気込みのツイートに対し、
「やらなきゃ意味ないよ」
同じく日本代表の武藤選手のW杯のツイートに対しても、
「やらなきゃ意味ないよ」
と返信し、2000件のリツイートと3000件のいいねになっています。
私も、年間/毎月の行動目標を決めており、前監督botに「やらなきゃ意味ないよ」と言われないように、
日々の業務に当たります!

営業部 川口真太郎

 

▲このページの先頭へ

 

交流戦に入りました。

2018年6月2日 更新

 いよいよ今週からプロ野球は交流戦です。我が広島カープは、パリーグ首位のライオンズを

ホームで迎え撃った後、金曜からロッテ戦と敵地3連戦。

 丸選手も戻り、打線が得点をとれるようになってきたのはよい事ですが、西武と1勝2敗と、嫌な負け方でますます今後の試合の重みが増してしまいました。

 

 先発が6枚必要になりますが、大瀬良投手、岡田投手、中村祐太投手、九里投手の他誰が加わるか?

 今ジョンソン投手が帰国している時、昨日2軍戦で野村投手が投げたことはとても朗報でありました。

 だが、昨年交流戦で大活躍をしてくれた薮田投手は、先のライオンズ戦で大炎上となりこの先、しばらくは出れる状態ではないでしょう。だから、あと1枚先発が必要なのです。今こそ若い選手が活躍してくれることを祈り、この交流戦を無事乗り切ってセリーグ3連覇達成を成し遂げてもらいたいものです。あと、ソフトバンク 王 球団会長様、ご結婚おめでとうございます。

建設部 大高 茂紀

 

▲このページの先頭へ

 

青春

2018年6月1日 更新

実に3年ぶりのブログの記載です

私も来月で58歳になります。還暦まであと2年早いものです。

若い頃は自分が60歳になることは想像も出来ませんでした。

 

サミュエルウルマンの「青春」という詩があります

 

青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心,こう言う様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、狐疑、不安、恐怖、失望、こう言うものこそ恰も長年月の如く人を老いさせ、精気ある魂をも芥に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

曰く「驚異えの愛慕心」空にひらめく星晨、その輝きにも似たる事物や思想の対する欽迎、事に處する剛毅な挑戦、小児の如く求めて止まぬ探求心、人生への歓喜と興味。

 

人は信念と共に若く 

疑惑と共に老ゆる

人は自信と共に若く

希望ある限り若く                     

恐怖と共に老ゆる

失望と共に老い朽ちる

 

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、偉力と霊感を受ける限り人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え、悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽いつくし、皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至ればこの時にこそ人は全くに老いて神の憐れみを乞う他はなくなる。

 

経営の神様と言われた、松下幸之助氏も晩年この詩に巡り合い勇気づけられたといいます。

要は心の持ちよう次第。マインドが大切だということです。

 

▲このページの先頭へ

 

受験は疲れます

2018年5月1日 更新

 この春次男が大学に進学しました。
長男の時と比べ受験がこんなに大変かと思い知らされました。
今年4年になった長男は、県内の公立校に推薦で受かった為、暮れには残りの高校生活を楽しむ余裕がありました。
それに対し次男は県外の公立校を目指していたのですが、センター試験で失敗をし、志望大学を受ける事が出来ず、急きょ関西の公立大を志望し、そこから赤本を買って来る様なドタバタ状態でした。
次男は本番に弱いようで、すべり止めで受けた私立大も落ちてしまい、公立大まで落ち続け、後は私立大の後期募集しかない所まで追い込まれてしまいました。
幸いそこから2校続けて受かる事が出来、結果京都の大学に進む事となりました。
私達も夏からオープン キャンパスに同行したり、Web申込の手伝い、寝坊したり試験会場に着けなかったらいけないと前泊について行ったりと親バカぶりを発揮。
なかなか決まらずヤキモキしましたがようやく決まった時にはほっとし、そしてすごく疲れたなという印象でした。
ここまで大変だったのは事前の準備不足があったと思います。
公立1本で行けるだろうと高をくくっており、他の大学の事や受験方式の確認などおろそかになっており、私立大も受験方式を変えていれば受かったかもしれないと後から分かったりと、後手後手になってしまっていたからです。
次男には今回の事を教訓にしてもらいたいと思いながら自分も気を付けなければと感じた件でした。

営業部 清 博司

 

▲このページの先頭へ

 

インターハイ

2018年4月27日 更新

平成30年度全国高等学校総合体育大会(通称インターハイ)が今年度は
東海地区で開催されます。
伊豆市では8月3日から7日まで日本サイクルスポーツセンターにおいて
自転車競技のロードとトラックが行われます。
自転車競技の知識は全く無い私ですが期間中は裏方のスタッフとして
お手伝いをらせてもらう予定です。
また2020年開催の東京オリンピックまであと800日あまりです。
伊豆市はオリンピック会場となっております。スポーツで地域活性化が
できればと思っています。

営業1課 笠井和茂

 

▲このページの先頭へ

 

夜桜

2018年4月11日 更新

先日、地元にある三嶋大社へ家族と夜桜を見に行ってきました。
三嶋大社は、伊豆国一宮・総社として名を轟かせる大神社であり、そしてここに咲き誇るしだれ桜は、驚きのピンクの七色を広げることでも有名です。
国宝や重要文化財を多く抱える大社内が夜はライトアップされ、しだれ桜に春の訪れを彩深く刻み込んでくれました。
ソメイヨシノが美しい場所は他にもありますし、しだれ桜の巨木も存在しますが、三嶋大社のしだれ桜の美しさは色彩の妙にあります。
折り重なるような色彩変化に心和まされながらのビールは格別な春の夜でした。

営業部 小坂真弘

 

▲このページの先頭へ

 

時代の流れ

2018年4月6日 更新

世の中が急速に変化していく中で、自然と「呼び名」が変わった物が沢山ある事を最近よく感じます。
幼少のころ「スーパーカーブーム」があったのですが、BMWは「ベンベー」と呼ばれていて、Tyrrell(ティレル)も「タイレル」でした。
これを書いているPCのEnterキーも私が若いころは「Return」キーでした。
スチュワーデスを「CA」ロスタイムを「アディショナルタイム」等々・・・
ビジネスの中でも若い時に拡大質問と限定質問を織り交ぜながら、お客様のニーズを引きだしなさいと習ったのですが、今はこの拡大質問を「オープンクエスチョン」限定質問を「クローズドクエスチョン」と呼ぶようです。
何時の間にか中身や意図する物は同じでも認知や呼称の変化があるのです。

 

歳を重ねると段々と腰が重たくなっていくのですが、昨今、働き方改革やIOT・AI・ECなど世の中が急速な変化をしていく中で地方の中小企業だからといって対岸の火事ではいけないのです。

営業部 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

チキリでの38年

2018年4月2日 更新

 4月に還暦を迎え、定年退職致します。

チキリ入社後38年になりますが、よく続いたな~って思います。

38年前、当時就職活動を始める時期には、リクルートブック(求人する会社の載った本)が送られて来ました。

 チキリ商事(当時は商事が付いてました)のページに当時の社長(今の社長の親父さん)の写真が載っていて、「チキリは自由な発想で、やりたいことが何でも出来る会社」というようなコメントが有りました。そこに惹かれてチキリを選び、選んでもらい入社しましたが、嘘ではなかったと思います。

お客様の担当を持ちながら比較的フリーな立場で仕事をさせてもらい、いろいろな新規商品・新規事業に挑戦させてもらいました。うまく行かないことの方が多かったのですが、良い結果が出たときには達成感を味わうことも出来ました。

 会社を辞めようと思ったことも何度も有りますが、ここまで続けられたのは自分に合った会社だったのかな?他の会社ではこんなに続かなかったのではないかと思います。

チキリで良かった!

チキリの皆さんと取引先の皆さんに感謝!!

営業部 影山裕久

 

▲このページの先頭へ

 

平尾誠二さんの言葉

2018年3月21日 更新

 

先日、TVで日本のすごい人ランキングでIPS細胞研究所所長の山中伸弥さんが紹介されている中で     その山中さんがラグビー日本代表選手平尾誠二さんの事を話されていました。 二人が高校の同級生で卒業後も交流があった意外なエピソードがあった事など驚きました。

また53才で亡くなった平尾誠二さんをしのぶ「感謝の集い」での言葉の中で

人を叱るときの4つの心得

  • プレーは叱っても人格は責めない
  • あとで必ずフォローする
  • 他人とは比較しない
  • 長時間叱らない

この4つの心得にすごく感動してしまい今後自分もこうありたいと思いました。

営業部 西家公彦

 

▲このページの先頭へ

 

入社してから

2018年3月10日 更新

入社してから半年が経ち、チキリのことが少しずつわかってきました。

前職も建設会社に勤めていた為、‘‘すぐに慣れるかな’’ なんて考えていましたが

チキリに入社し、全く違う仕事をしているような感覚になりました。

工事の量も質も違い、ペースも早く仕事がしっかりできるのか不安になることもありました。
しかし、社長をはじめ先輩方が温かく教えて下さる為、少しずつ前に進むことが出来ます。

これからも壁にぶち当たることもあると思いますが、先輩方の言葉を自分へのエールとし

日々邁進していこうと思います。

建設部 宮村舜憲

 

▲このページの先頭へ

 

平昌五輪

2018年3月2日 更新

先日、平昌オリンピックが閉式しました。
フィギュア男子、カーリング女子など、印象に残った人も多かったのではないでしょうか。
私自身も、空いた時間を見つけては、テレビの前で日本勢の活躍を見ていました。
日本は、冬季五輪では、過去最高となるメダル数を記録したそうです。
その中でも私が注目していたフィギュアスケートでは、宮原選手が自己ベストを記録しました。惜しくも、メダルには届きませんでしたが、試合終了後のインタビューで松岡修造さんのかけた言葉が話題になりました。「ショートもフリーも自己ベスト。本当に自分を超えた。おめでとうと言いたい」人によっては、皮肉に聞こえてしまい、失礼だと思われるかもしれません。しかし、松岡修造さんの真摯な姿勢、現役時代の経験から出た言葉には、説得力があり、ネット上では賞賛の声が相次いだようです。
先日、20歳を迎えた私も、彼のように真摯な姿勢や、ユーモアも交えて、また新しい1年を迎えていきたいと思います。
3月9日から開催される、平昌パラリンピックでも、日本勢の活躍を期待しています。

営業部 平山 功奈

 

▲このページの先頭へ

 

感謝の気持ち

2018年2月20日 更新

最近病院にお世話になることがありました。
今まで経験したことが無い事が起きたり、聞いたこともない病名・症状を耳にしたり
とても不安になりまた。
そんな時いろいろな方と出会いました。
医師、看護師さん以外にもヘルパーさん、栄養管理士さん他、とてもお世話になりいろいろな面で助けてもらいました。
そして温かい言葉を掛けてもらい前向きな気持ちになりました。
出会った方々への感謝の気持ちを忘れないようにしたいと思います。

建設部 見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介