感謝の気持

2019年3月18日 更新

先週、デヴィッド・スタインドルラストはTEDトークで行った幸せに関する講演を見ました。

……

こんな質問を投げかけている。

「幸せが感謝の心を生むのか、それとも感謝が幸せを生むのか?」



彼の結論は、感謝の心こそが幸せをもたらすというものだ。

ひどく不幸な境遇や難題に直面しながらも、感謝と幸せの心で乗り切った人たちがいることは、

私たちの誰もが知っている。

こうした人々は、感謝を実践することで幸せを生み出せるということを示す完璧な手本だ。

 

現在、ストレス社会、物や情報に溢れた世界にいるとどうしても忘れがちになってしまう感謝する気持ち。

もしあなたが今、毎日にイライラしていたり、ネガティブな感情を抱えているとしたら、

この感謝の気持ちを取り戻すことであなたの毎日が変化するかもしれません。

 

トニー・ロビンズさんより感謝の心を持てば、不安は消え去り、余裕が生まれる

 

感謝の気持ちがあなたの毎日を変えることは間違いないでしょうか。

みんな、どうぞ試してみて下さいね!

毎にすべに感謝すること。

 

加藤

 

▲このページの先頭へ

 

もうすぐ開幕

2019年3月3日 更新

 

昨年、リーグ3連覇を果たすも、日本シリーズで福岡ソフトバンクに玉砕し、34年ぶりの日本一を逃がした我が広島東洋カープ。

今オフには、丸選手が巨人へ移籍というショッキングな事件があり、その人的補償で長野選手が広島へ来るという想定外の展開が起こり、SNS上では広島ファン、巨人ファンがだいぶザワついていました。

そんなこんなありながら、今シーズン開幕まで1か月を切りました。

しかも、開幕戦は広島VS巨人!たのしみです。ワクワクです。ドキドキです。

開幕カード勝ち越して、リーグ4連覇、そして悲願の35年ぶり日本一になることを願いながら、広島カープを応援していきたいと思います。

建設部 勝呂欣司

 

▲このページの先頭へ

 

今月の契り通信

2019年2月28日 更新

今月の契り通信です! Vol.158 2019.2.28 発行!

インフルエンザの後は花粉
昨年の2月は私を含め当社で8人がインフルエンザに罹患して大変でしたが、今年は世間では大流行していたにも関わらず当社で罹患したのは2名だけでした。
社員全員が予防注射を受けるのに加えて、今年はテレビでも宣伝している「医師も進めるクレベリン」を事務所内の数か所に設置したのが良かったのかもしれません。
しかし油断は禁物です。何年か前に予防注射の効力が切れた3月に罹ってしまったということもありました。
帰社・帰宅時の手洗い・うがいは暫く励行していきます。
そして、二月も後半に入り遂に花粉の季節に突入しました。
私は数年前に花粉症デビューしたのですが、昨年は非常に苦しみました。
鼻水やくしゃみはそれほどでもなかったのですが、なんせ目がかゆい!
そして、花粉がコンタクトの下に入り込んで痛くて目を開けられなくなるという事態にまでなってしまいました。
今年は花粉の飛散する量は昨年の5倍ともいわれています。恐怖です。
ここ数日目のかゆみが日増しに強くなってきています。
家族では家内が花粉歴25年のベテランで色々と対策を教えてもらっていますが、これと言う物がありません。
どなたか良い対処方法をご存知の方教えてください。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ 再配達 ◆           
最近運送上のトラブルが少しずつ増えてきています。
運送会社さんも余りの多忙に開き直っているというか、疲弊してしまっているというか、集荷に来てもトラックに乗せることが出来ないとその日に再集荷は出来ませんと言うし、営業所でも積み残して遅配になることも出てきました。
2017年4月 契通信136号に「ネット通販の普及と宅配便運転手の不足」と題して、宅配便の運転手の不足の問題にについて掲載しました。
約2年前ですが、ヤマト運輸がアマゾンの即日配達便から手を引き、その年の秋からの運賃の値上げを発表したタイミングでした。
その後当社へも運送会社さんから運賃の値上げの通達があり、特に個人のお客様宛の荷物については今までの倍近い大幅な値上げとなり大きな痛手となっています。
宅配便取扱個数の増大、これに反して人手不足によるトラックの減少、加えて再配達という仕組みが配送効率を下げ運送会社の収益を圧迫していることが値上げの要因です。
特に個人宅宛の値上げは主に「再配達」が原因となっています。法人の事業所であれば営業時間内はほぼ誰かが会社に居て荷物を受け取ってくれますが、逆に個人宅では昼間は自宅にいない場合が多く、再配達になる可能性が非常に高いせいです。
結果再配達にならなくても個人宛ての運賃は最初から割高となってしまいます。
国交省によると、ネット販売の増加に伴い、2017年に国内で配送された荷物の総数は42.5億個で、その内の15%(都市部では17%)が再配達になってしまうのだそうです。
約2割にのぼる再配達を労働力に換算すると年間9万人のドライバーの労働力に匹敵するとの報告を上げています。
ネットの膨張は今後も続いていくはずですから、何らかの形で再配達の問題は解決していかなければならないと思いますが、いまだに決定的な良い解決方法はありません。
前回この課題に対して、楽天・日本郵政等は再配達なしで荷物を受け取るとポイントを付与する等の対策を試行したり、クロネコヤマトは無人配送の試験運用をするなど各社の対策をご紹介しました。
最近は個人の住宅やマンション、そして駅などに宅配ボックスが置かれるようになりましたが、圧倒的に数が不足しています。
また、コンビニ等の活用も行われていますが、コンビニの店舗内のスペースも限度があます。
更に、少額商品など限定的ではありますが、再配達を避けるために荷物を玄関先などに置いておくという「置き配」という方法がとられるようになっています。
日本と違って米国だと置き配がスタンダードなのだそうですが、玄関先に置いた商品の盗難(置き引き)も問題になっていて、約1割は盗難などにあっているそうです。
結局、再配達の問題を解決する唯一の方法は、「再配達しない」ことだと主張する方がいますが正論だと思います。
私も普段ネットで購入する時再配達にならないように在宅時間に時間指定する様に心がけています。
まずは自分からですね。

《社員ブログ》

● 次男の運転免許取得勉強中 ● 営業部 清博司
4年前のブログに長男が自動車教習所に通っている事を書かせてもらいましたが、今度は大学1年生の次男が自動車教習所に通っています。
次男は京都の私立大学に通っているので、春休み中に免許を取るには、3月下旬迄に静岡に帰ってきて試験を受けなければいけないので、早めに教習所を卒業しなければいけないのですが、部活やアルバイトが忙しく、コマを消化するのが大変そうです。
また、冬の京都はとても寒く、雪の積もる日もあるようです。
教習所内はしっかり除雪されているので良いのですが、路上教習になったら雪道を走らなければいけない事もありうるので、次男も今からビビッており、夏休みになってから教習所に行けば良かったなどと嘆いていました。
その様な次男の話を聞くと長男の時もそうでしたが、教習車を見ると家の子も頑張ってるのかなと、少々邪魔くさい運転をしていても、イライラせずに近寄らない様に走る事が出来ます。
この夏には次男の運転で京都に行くのが、今から楽しみです。

クレベリン
インフルエンザの大流行も落ち着いてきましたが、まだまだ予断は許しません。
上記にも書きましたが、「クレベリン」をお勧めします。
玄関やリビング、寝室などの家の中そして店舗や事務所等様々な所で使える衛生対策のベースとなる2,000円程度の製品です。
メーカーの大幸薬品の調べでは、6畳相当の閉鎖空間でクレベリン置き型製品により、浮遊・付着菌の一種を180分間で99.9%除去できる事を確認しているということです。
(但し、全てのウイルス・菌を除去できるものではありません。)

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2019年2月28日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.157
2019.1.25

Vol.158
2019.2.28

 

 

 

Vol.151

2018.7.27

Vol.152

2018.8.27

Vol.153
2018.9.26

Vol.154
2018.10.29

Vol.155
2018.11.28

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ

 

次男

2019年2月13日 更新

この春に次男が高校を卒業し三島市内の企業に就職します。
つい先日、小学校を卒業したばかりのように感じますが、
いつの間にか身長も抜かされてしまいました。
彼は小学校入学と同時に野球を始め高校3年まで12年間続けてきました。
これからは今まで指導して頂いた方々に感謝の気持ちを忘れず
仕事だけではなく地域社会にも貢献できるような社会人になって
欲しいと願っておます。

営業部1課 笠井和茂

 

▲このページの先頭へ

 

次男の運転免許取得勉強中

2019年2月5日 更新

 4年前のブログに長男が自動車教習所に通っている事を書かせてもらいましたが、今度は大学1年生の次男が自動車教習所に通っています。次男は京都の私立大学に通っているので、春休み中に免許を取るには、3月下旬迄に静岡に帰ってきて試験を受けなければいけないので、早めに教習所を卒業しなければいけないのですが、部活やアルバイトが忙しく、コマを消化するのが大変そうです。また、冬の京都はとても寒く、雪の積もる日もあるようです。教習所内はしっかり除雪されているので良いのですが、路上教習になったら雪道を走らなければいけない事もありうるので、次男も今からビビッており、夏休みになってから教習所に行けば良かったなどと嘆いていました。

その様な次男の話を聞くと長男の時もそうでしたが、教習車を見ると家の子も頑張ってるのかなと、少々邪魔くさい運転をしていても、イライラせずに近寄らない様に走る事が出来ます。

この夏には次男の運転で京都に行くのが、今から楽しみです。

 

                                                                                                              営業部1課 清 博司

 

▲このページの先頭へ

 

ボヘミアン・ラプソディ

2019年2月1日 更新

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を鑑賞してきました。
映画館で鑑賞するのは、マイケルジャクソンの「THIS IS IT」以来。
伝説のロックバンド・Queenのフレディーマーキュリーの伝記を
基に制作された映画です。私は、We Will Rock youやWe are The champions
など名曲は何度も聞いてましたが、映画での最後のライブシーンは圧巻でした。
華やかな活躍の裏にあった知られざるストーリーも描き出され、フレディーの
生き様・影響力は改めてすごいなと震撼しました。
上映期間中に、また鑑賞に行きたい作品でした。

営業部 小坂真弘

 

▲このページの先頭へ

 

スポーツ省推奨「FUN+WALK PROJECT」

2019年1月23日 更新

「もっと歩きやすい靴で、もっと歩きやすい服装で通勤しませんか?」
「健康維持・増進のために1日平均8,000歩 約20分歩きましょう」
との事らしい
要するにスニーカーで歩いて通勤しましょうと鈴木大地が言っている。
そこで何年振りかにスニーカー購入する事にしました。
adidas好きの私(きっかけは若林君の帽子)は、高校生の頃からスーパースター⇒カントリー⇒スタンスミスと何足か履き継いできたのですが、さてどれにするべきか・・・
悩んだ挙句 ネットで見つけたグレーのスタンスミス・オリジナルがカッコ良いのでこれに決めました。
っがこれが無いこと無い事・・・ 売れ切れ御免の連発で入手不可でした。
なんでも「世界で一番売れたスニーカー」としてギネス認定されたらしく
昨今老若男女に流行との事 なので被りを気にしてちょっと変わった色に妥協しました。
皆さんもスニーカー通勤如何でしょうか?

営業部 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

三嶋大社と三島駒

2019年1月17日 更新

私は、新年を迎えますと毎年、三嶋大社の初詣に行きます。 三嶋大社は、古くから伊豆国一の宮として栄え、源頼朝が源氏再興を祈願したことでも知られており勝負運、仕事運アップ、また三嶋大明神に恵比寿様がおり 商売繁盛も願うとか。

  • そして三嶋駒という分厚い絵馬、情報番組で紹介されて知りました。開運大吉のお守りや心願成就・家内安全の縁起物として毎年1月9日から授与される三嶋駒(厚さ4,5センチ)の物と三嶋大駒(厚さ6センチ)の2種類ある良い絵馬とのこと数も限られているとの事、新たな趣味の一つとしてこれからコツコツと集めていきたいと思います。
  • 今年は新たな元号になりますみなさんもお一ついかがでしょうか。

    営業一課 西家公彦

 

▲このページの先頭へ

 

わが家の恒例

2019年1月16日 更新

わが家の一年のスタートといったら「初日の出」からはじまります。

今年は南伊豆の爪木崎へ。水仙まつりでも有名な爪木崎です。

駐車場に着くやいなや、次から次に来る車であっという間の満車で知名度の高さに圧倒驚きました。

今か今かと日の出待ちわびる中、わが子はというと、当たり前ですが眠い目をこすりながら大あくびにご機嫌ななめな様子でした(笑)

寒さ耐えながら待ちわびたのにあいにく今年は、雲が多く並んでいて水平線から昇る朝日は拝見できず、残念。

初日の出は見れなかったけど「家族みんなで見る!来る!」ということに意味があるんだ、と結果楽観主義の私。

帰り道、冷えきった身体を元旦温泉で癒し、伊豆のおいしい海の幸を堪能して、何だかんだ大満足の一日でした。

今年も、仕事に遊びに、そして家族円満!健康で過ごせますようにと新年の誓いです。

 

総務部 荻野容子

 

▲このページの先頭へ

 

ハーフマラソン

2019年1月12日 更新

私は社会人になり今年で4年目ですが、普段あまり運動をしません。
高校時代からの友人と先日バスケットボールをしました。
イメージは完璧なのですが、早くも体が思うように動きませんでした。
これはまずいと思い、「今年は運動するぞ!」ということで
簡単にできる、ジョギングを年明けからはじめました。
やはり思ったペースで走れず、明日は休もうかなと思ってしまいました。
なので、自分を追い込むために春にあるハーフマラソンにエントリーしました。
目標を作ったことで、ほぼ毎日仕事終わりにジョギングを続けられています。
少しづつ体力をつけ、春にはハーフマラソンを完走できるよう頑張ります!

建設部 宮村舜憲

 

▲このページの先頭へ

 

バスケットボール

2018年12月28日 更新

私は、アメリカのプロバスケットボールの試合を観戦することを一つの趣味としています。
見る人を沸かせるポイントとしては、主にダンクシュートがメインですが最近のバスケットボールの試合は私が高校生だった約10年前からスタイルが変わり、ダンクシュートよりも3ポイントシュートが主体のチームが増えてきました。
より遠くから決まるシュートを見るのがとても楽しく、疲れていても気持ちを盛り上げることが出来ますし、試合観戦をしている時が嫌なことも忘れられる時間となっています。
バスケットボールは、野球・サッカーと比べて人気が無いのが現実ですが、一度見てもらうことをお勧めします。

営業部 越水健人

 

▲このページの先頭へ

 

ランチ

2018年12月14日 更新

先日、中学時代の友人と一緒に、三島市梅名にあるインド料理店にランチに行きました。
私は、980円のランチセット (サラダ、2種類のカレーナン、食後の飲み物付き)を選びました。
カレーは10種類あり、辛さもお好みで選ぶことが出来ます。
ナンはおかわり自由? (私は2枚食べました)で、カレーもたっぷりで大変満足しました。
また行きたいと思います。
さて話は変わりますが、近頃は昨今の韓流ブームにより、SNSを取り巻く若者の間で韓国料理が流行っているようです。
異国の食文化に触れることは、刺激的であり、食を楽しむといった意味で有意義なものだと思います。
しかし、その一方で、最近ではマイナスの側面が問題視されている例もあります。
韓国料理店のメッカである新大久保のお店付近では、道に溢れた人々で道路が塞がれたり、近隣ではゴミが増えたり、物を壊されるといった痛々しいニュースを最近よく耳にします。
外国の方が経営されているお店は、サービスや価格の面で良心的なお店が多いと感じます。
友人と集まって盛り上がる気持ちもわかりますが、その場だけ自分勝手に楽しむのではなく、楽しい場所、良心的なお店を無くさず守っていく為にも、節度を持って食事を楽しんで欲しいなと思いました。

 

営業部 平山功奈

 

▲このページの先頭へ

 

組長

2018年12月7日 更新

今年度は地域の組長をしています。
月2回の会合や埋立ごみ・資源ごみの当番、各種行事の段取り等を行っています。
25人程度いる組長の中で、役員を決めたのですが、私は体育部長になりました。
体育部唯一と言っていい校区祭を何ヶ月前から準備していたのですが

雨の為中止になった時は、残念な気持ちもありましたが正直嬉しかったです。
何気なく捨てているごみや、近所の行事に色々な人の協力によって

行われているということが、実感できました。

また近所の繋がりを実感できています。

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

夕食の献立

2018年11月29日 更新

スーパーへ買い物に行った時の事です。
ある日の休日の夕方行った時、スーパー全体の中で「お総菜売り場」が一番にぎわっている気がします。
そこでは、いろいろな家族の夕食に関しての会話が聞こえてきます。
ある70歳前半位の御夫婦の会話は、奥さん「私は○○を買うから、お父さんは好きなものを選んでくださいね。」
ある小学生位の子供がいる4人家族の会話は、お母さん「お父さんも、○○ちゃん達も
自分の好きなものを選びなさいね。・・・・」
聞いてて「?」と思いました。
ちょっと前までは、休日は家庭で料理を作って家族で食べた気がします。
今は野菜なども高騰しているし、少人数の家族が多いのでお総菜を買った方が
安上がりだし、手間もかからないのかな・・・・
こういう場所でも時代の変化が感じられました。

建設部 見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

山登り

2018年11月28日 更新

先日家族で家の近くの小さな山へ山登りをしました。

30分ほどで山頂へ着く小さな山でしたが、天気も良く、紅葉もきれいで、

子供達も楽しそうに歩き出しました。8歳と5歳の娘が転んだりしないか、

心配しながらの山登りでしたが、むしろ一番心配なのは運動不足の私と9歳になる犬でした。

(犬は途中で歩かなくなったので抱きかかえながら登りました。)

半日ぐらいのお散歩登山でしたが、頂上で食べるおやつを準備したり、

家を何時に出発すれば、何時ごろ頂上へ到着し、家へ帰ってくる時間から逆算すると

頂上にどのぐらいいることができるかと、長女が時間の計画をたてる姿がとてもたのもしく、

娘たちの成長を感じました。また次回、違う山へも登ることができればとも思いました。

子供達の足を引っ張らないよう、犬と私は留守番とならないよう、

私自身も体力作りをしていかなければとも思いました。

建設部 森 直子

 

▲このページの先頭へ

 

人工の月

2018年11月18日 更新

先月16日付の「人民日報」によると、中国は2020年に「人工の月」を打ち上げる予定だそうです。

この人工衛星「月を補完する目的」で設計されており、太陽の光を反射して直径10〜80キロメートルの
範囲を照らすことができるそうです。
その明るさは本物の月のおよそ8倍! 夜の町を夕暮れ時くらいの明るさに照らすことができるそうです。
街灯も必要なくなりエネルギー消費の節約にもなります。
試験はすでに数年前から始まっており、技術的にも成熟段階にあるそうです。

 

なんともスケールの大きい SF映画みたいな話ですが、中国なら本当にやりそうですね~
建前は、あくまで月としていますが何か裏がありそうで…
他国の人工衛星の監視を目的とした基地とか…

総務部 芹澤達也

 

▲このページの先頭へ

 

素晴らしいな!!

2018年11月7日 更新

今年もまたフィギュアスケートが始まりました。

私は5年前位から毎年楽しみで見てますo(^^)o推しはもちろん羽生君です!

ファンにもいつも笑顔で滑りも見た目綺麗で好きです。

 

また、毎年新しい技とかに挑戦したり得点更新目指したり

先週末も体制少しくずれましたが史上初のコンビネーションを飛んだり

ルール改正後の世界最高得点をとったりしました。

またまた今年もすごいな、やってくれるなと思いました。

 

それに対し宇野君や他の選手達も羽生君より先に飛んだ技とかもあったりと

競う場面もすごくおもしろいです。

 

仕事も新しい商品やお客様に挑戦したり、自己ベスト更新とは言いませんが売上伸ばしたり

よその会社と競ったりこれからも頑張ってほしいなと思いました。

 

                                営業部  原田 美穂

 

 

▲このページの先頭へ

 

不思議な成長

2018年10月29日 更新

5ヶ月ずっとねんねしたり、泣いてばかりだった赤ちゃんが、笑顔を見せてくれるようになり、寝返りをうって、ハイハイして、体が日々どんどん成長していく赤ちゃんがみてると、本当に不思議なものですね!!!

子育てってるけど、子どもを育てているようで、かつての自分を客観的に見て、当時の親の気持ちを体験する。

 

学生時代、mr.childrenの放たれるの歌詞中にある言葉を思い出した。

——————————————————-

だけどたった今分かったのは 誰もが「生きる奇跡」
産まれてきた ただそれだけで愛されてる証 

もう二度とその温もりにその優しさに触れないとしても
いつまでも消えない愛がひとつあるの それで強くなれる
だからもう恐れることは何もないの 心は空に今そっと放たれる

——————————————————-

自分育てでもあり、親への感謝を思い出させてくれる実に不思議な巡りあわせを感じた。

 

営業部 加藤 翔

 

 

▲このページの先頭へ

 

がんばれカープ、日本一だ!

2018年10月27日 更新

 広島カープの皆様、そして広島カープを愛するファンの皆様、2018年度セ・リーグ優勝おめでとうございます。チームとしての成熟を最も感じた2018年の優勝。若い力も次々と台頭し素晴らしいチームになりました。

 さて、CSも順当に勝ち上がり、日本シリーズカードは広島対ソフトバンクに決まりました。この両チームは日本シリーズで対決するのは初めてで、今季交流戦ではカープの1勝2敗でした。ただこのときは、オリックスに3連敗していた頃でもあり、絶不調の時期だった覚えがあります。今回の決戦には十分な準備ができていると思いますので、ぜひ選手の皆様には頑張って頂きたい。

 また、私の下の娘(小5)が小生意気に2年程前からのソフトバンクファン。内川・柳田選手のファンである。今回初めてテレビのチャンネル争いもなく落ち着いて(?)視聴ことができる事がとてもうれしい。そんな下の娘が「来年からは、巨人ファンになります。」と宣言してきた。なんでも、内川よりも原監督のファンであったらしい。「監督とグータッチしたい!」と変なことも言い出している。(神無月でいいだろ?)と言いたいところですが、来年から家庭内での熱い戦いの予感がしているこのごろです。

 反れましたが、日本シリーズが楽しみです。11月にさしかかる週の公式戦、カープをこの時期に応援できる喜びをかみしめながら一緒に楽しみましょう。

 34年ぶりの日本一奪還へ、一戦一戦チーム一丸で頑張ろう。カープ!

建設部   大高 茂紀  

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介