リレーアタック

2019年4月15日 更新

車の盗難の新しい手口
「リレーアタック」が全盛です!

レクサスやらプリウスやランクルが盗まれたりしています。

スマートキーと車の間はイモビライザーの組み合わせで
唯一無二のやりとりで他の端末では解錠できないですが
スマートキーから発せられる電文そのものをそっくりキャッチしてコピーして
それを発信する事でそのスマートキーになりすまし、解錠&エンジン始動をすることが出来ます。

しかし、この話を聞いた時、受信機の精度が上がった事もあるでしょうが
微弱な電波と言え一旦電波を盗まれればそれでハイ終了って事態になる事でしょう。

この事態を想定してなかった自動車メーカーには、今後何らかの対策をして欲しいものです。
とりあえずの対策としては、常に出ているスマートキーの電波を遮断すれば良いようで
お手軽な方法として、帰宅したらブリキ缶に入れて保管すれば電波の遮断が簡単に出来てしまうそうです。

 

総務部 芹澤達也

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介