今月の契り通信

2021年4月27日 更新

今月の契り通信です! Vol.184 2021.4.27 発行!

中国経済の回復
早いものでこの週末からGWに入ります。
東京・大阪では変異型のウイルスが猛威を振るい緊急事態宣言が発令され、各県知事も連休中の自粛を要請しています。
自粛・自粛といつまでじっとしていればよいのでしょうか?
さて、中国の1~3月の貿易統計が、過去の同期間と比べて輸出入ともに過去最高となりました。
輸出は前年同期比49%増、輸入は28%増ということです。
輸出をけん引したのはマスク等の新型コロナ関連の製品で、新たな輸出の柱となっているのは新型コロナワクチンで、1・2月のワクチン輸出は9億ドル強と中国の戦略物資であるレアアースを上回ったそうです。
地域別では、景気が回復する米国向けが75%増え、主要国・地域のなかで最も高い伸びでした。
米中貿易摩擦の再熱が懸念されます。
とは言え、中国が回復してくれることが世界経済にも日本経済にも好影響となります。
摩擦が再熱しない程度に中国には頑張って頂きたいものです。
昨年のGWは、断捨離に終始しました。
何年もの間捨てるに捨てることが出来なかった要らないモノを思い切って捨てまくりました。
今年はゆっくり休む「寝正月」ならぬ「寝GW」で過ごしたいと思っています。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ 超過死亡減少 ◆           
先日、「2020年、欧米では死亡数が平年を上回る「超過死亡」が生じたが、日本は11年ぶりに減少した。」という記事が日本経済新聞に掲載されました。
厚生労働省によると20年10月までの死因別の死亡数で最も減少した死亡原因は、新型コロナ以外の肺炎で、前年同期比2割弱で約1万4千人も減り、同時期の新型コロナを原因として増加した死亡数より減少分が上回ったということです。
インフルエンザのような感染症の死亡数も941人で7割も減少しました。
日本人がマスクの着用や手洗い、うがい等様々な「言いつけ」を律儀に守った結果だと考えられています。
加えてインフルエンザのワクチン接種も積極的に行っていることも要因の一つではないかと言われています。(海外のデータでインフルエンザワクチン接種者が多い所では、新型コロナウイルスの死亡率が低いという発表があるからです。)
日経に毎日出ている世界の感染状況の表を見てみると、日本では今月15日までの新型コロナによる累計死亡数は9,471人、アメリカ564,402人、イギリス127,407人でした。
新型コロナウイルス感染が拡大し、欧米では新型コロナによる死亡数が多く、「超過死亡」になっていますが、日本ではその対策をしたことで、結果として「超過死亡」が減少になるという世界的に見ても非常に珍しい国になりました。
結果だけを見れば、新型コロナウイルスによって、日本では皮肉にも「生き延びた人が多い」ということになります。
そうはいっても、早急にワクチンが出回って正常な生活に戻らなければ意味がありません。
死亡者が多い米英もワクチン接種が急速に進み感染が沈静化してきたと言います。
それに比べて日本はワクチン後進国です。
先日、私の住む町「沼津」でも高齢者向けのワクチン接種の予約が始まりました。
対象となる65歳以上の高齢者数は65,000人、用意されたワクチンは3,300人分。
当選確率(?)は20人に1人、約5%でした。激戦です。
当家にも母親宛のワクチンの接種案内が届きました。
予約開始時間と同時にネットで予約をし、無事20人に1人という競争を勝ち抜き予約を取ることが出来ました。
しかしながら、良かったと思う反面、何か違うと違和感を感じています。
予約しようと思って8時半から電話を掛けていた当社の社員は、9時半には予約が終わっていたにもかかわらず、予約終了を知る由もなく12時まで電話を掛け続けていたと言います。
他にも同じような方が大勢います。
また、冷静に考えると、コロナに立ち向かって頂いている全国の医療関係者の方が、未だに接種を
終わっていない状況の中で良いのだろうかと。

《社員ブログ》

リフレッシュ方法 ●       営業部 鈴木智恵
週一回カルチャースクールのバレエ(踊るバレエ)に通っています。
子供のころ習っており、その後ブランクはありましたが、大人になり再開しました。
今は、健康のために続けていますが、仕事で疲れるとサボりたくなることもあります…。
そんな気持ちを振り切って行ってしまえば、楽しくて心も体も軽くなります。
体を動かして汗をかくことは、フィジカル面だけでなく、メンタル面でも良い影響を与えてくれるものだと実感しています。
これまでに、発表会などに出る機会もありましたが、先生に怒鳴られながらの厳しい練習になります。
大人になると怒られることもほとんど無くなりますので、精神力も鍛えられ、辛いですが良い経験になりました。
コロナの影響で、半年ほど休講が続いた時期もありましたが、今は再開しています。
レッスン中はもちろんマスクの着用必須で息苦しく、以前のように思いっきり動くことができませんが、感染予防をしっかりしながら、心身の健康のためにも続けていきたいと思っています。

■ 値上げ ■
今年に入りジワジワと石油と鉄が高騰しており、そろそろ来るかなと思っていた矢先に、ワイヤロープメーカーから値上げ要請が来ました。
●4月1日以降の注文分について、8%以上の製品価格値上げ。
ということです。
理由としては、鋼索鋼線製品における主材料である線材の大幅値上げに加えて、亜鉛材料や副資材・燃料ならびに運送費等の高騰ということです。
他の鋼製品・化成品等かなり値上げ要請が来ております。年度の初めではありますが、是非ご理解の上ご協力をお願い致します。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2021年4月27日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.182
2021.2.25

Vol.183
2021.3.24
Vol.184
2021.427

 

 

Vol.177
2020.9.24

Vol.178
2020.10.27
Vol.179
2020.11.27

Vol.180
2020.12.19

Vol.181
2021.1.27

Vol.172
2020.4.24

Vol.173
2020.5.28
Vol.174
2020.6.26

Vol.175
2020.7.21

Vol.176
2020.8.24

Vol.167
2019.11.29

Vol.168
2019.12.24

Vol.169
2020.1.29

Vol.170
2020.2.27

Vol.171
2020.3.30

Vol.162
2019.6.29

Vol.163
2019.7.26

Vol.164
2019.8.27

Vol.165
2019.9.27

Vol.166
2019.10.28

Vol.157
2019.1.25

Vol.158
2019.2.28

Vol.159
2019.3.28

Vol.160
2019.4.26

Vol.161
2019.5.27

Vol.151

2018.7.27

Vol.152

2018.8.27

Vol.153
2018.9.26

Vol.154
2018.10.29

Vol.155
2018.11.28

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ