今月の契り通信

2022年4月28日 更新

今月の契り通信です! Vol.196 2022.4.28 発行!

集まりの再開
もうすぐゴールデンウィークとなります。ここ数年この時期はもう少し熱かった様に思いますが、今年は過ごし易い日が続いています。
当社の今年のゴールでウィークの休日は、5月2日の1日を挟んで前後半3連休となっています。しかし前半はどうやら天気は悪い様です。お正月以来家族で顔を合わせる予定なので少し残念ですがしょうがありません。インドアで楽しみたいと思います。
さて、コロナ前のこの時期は色々な団体の総会があり、連日総会・懇親会が開かれていました。それがコロナの影響でパタッと止まり、ここ2年は書面総会ばかりで、リアルでの総会開催は皆無でした。
今年は、取りあえず総会は開催し懇親会は無し。感染拡大状況を見て直前で書面総会に切り替える可能性あり。というスタイルが大半の様です。年に一度この時期にしか会えないけれど、毎年お会いして近況をお話しする方もいましたが、3年もお会いしないままで退職してしまった方などもいらっしゃいます。出来たら今年は、しばらくご無沙汰している方々とお会いして久し振りにお話をしたいと思います。
                                  代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ コロナ規制緩和の動き ◆
政府は4月の月例経済報告で、国内景気の総括判断を「持ち直しの動きがみられる」に引き上げました。上方修正は昨年12月以来4カ月ぶりだそうです
3月に「まん延防止等重点措置」が解除され、JR東海ではゴールデンウィーク(4月28日から5月8日)の新幹線の予約状況が前年と比べ2倍超に増えたなど、旅行や外食などサービス消費が回復したこと、更に公共工事の請負額に底堅い動きが見られることから判断を引き上げたということです。
ウクライナの問題は別にして、コロナの影響に依る経済の低迷は徐々にですが解消の方向へ向かっているようです。
「ゼロコロナ」政策を続けている中国を除いて、アメリカやヨーロッパ・アジア各国でも、オミクロン株が拡大し感染者が増加していますが、重症者がこれまでのように増えてないことやワクチン接種が進んでいることから、コロナを通常の風邪のように扱おうとする動きが広がっていて、感染者の隔離日数、外国人の入国制限、入店時のワクチン接種証明の提示、屋外でのマスク着用義務などを徐々に緩和、撤廃し経済優先の施策をとるようになっています。
お隣の韓国では今月半ばに、新型コロナウイルスの感染後の隔離義務を撤廃すると発表しました。5月中には新型コロナの感染症分類を現在の「1級感染症」から「2級感染症」に引き下げて結核や水ぼうそう・インフルエンザと同様になり、感染しても隔離せずに日常生活を送れるようにするそうです。
現在韓国の感染者数は1日あたり10万人弱の状況ですが、隔離撤廃を発表した段階では16万人を超え、世界で最も多い状況でした。にもかかわらず緩和に動くのは、「ワクチンと治療薬という武器も備えた」ためとしています。
韓国では4月中旬でのワクチンを3回接種した人の割合は64%に達し、特に重症化しやすい60歳以上では89%が接種を完了しているそうです。 2年間続けてきた市民の行動規制も解除し、飲食店や遊興施設の営業制限をなくし、飲食時の人数制限も撤廃。大規模な集会や行事も実施可能とします。屋内でのマスク着用義務は残るものの、屋外での着用義務は無くなるようです。
4月中旬で日本では、2回接種を完了した人の割合は総人口の80%、65歳以上の高齢者では93%。3回目の接種を終えた人は、全体の47%、高齢者の割合は86%となっています。
今後コロナウイルスについては慎重(消極的?)な日本でも同様な動きを取ることが考えられます。このままワクチン接種が進み、強力なウイルスの亜種が出てこなければ、今年は他国の様に行動の制限が緩和されコロナ前の生活に戻ることができるかもしれません。
緩和されたら、外食や飲み会、温泉や国内外への旅行等々、あれもしたいこれもしたい・・・。
昨年末も感染者が激減し、収束をかなり期待しましたが裏切られてしまいました。それでも期待せ
ざるを得ません

《社員ブログ》

● 奇妙な体験 ●                            営業部 岡村千代輝
先日久々に友人と昼食をとった後の出来事なのですが、友人宅へ向かう最中コンビニに寄ったのですが何やら大きな声で店員と話をする男が。
友人と飲み物を買い早々に立ち去ったのですが、車に乗り込む際、先ほどコンビニにいた男に話し方かけられたのです。
聞いたところ男は大津(九州)から、SNSで知り合った交際相手に会いに来たのだといいます。一年前にも一度来たそうなのですが、所持金も無く、携帯も止められ、目的地も薄れた記憶の中だというのです。
友人と相談の上、目的地まで同行することになり、道中男の話に耳を傾けると大津の素晴らしさをこれでもかと語るのです。長い旅の途中で、寂しさもあり話すのが止まらないとのことでした。
男は目的地に着くと、しきりにお辞儀をし、せめてお礼にと持っていた、梅味のグミをくれたのです。
自宅へ戻り、少しくたびれた袋のグミを見つめ、さてどうしようかと悩む私がいました

 GWとクールビズ ■  
今年のゴールデンウィーク当社の休みは、4月29日~5月1日と  5月3日~5月5日 とさせて頂きます。第5土曜日の4月30日は通常出勤日なのですが休日とし、5月2日は営業日となります。いわゆるカレンダー通りと言うとことです。連休中に操業されるお客様におかれましては、ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。
また、本年も5月1日から10月末日までの6ヶ月間をクールビズの期間とさせて頂きます。ノージャケット、ノーネクタイで失礼させて頂きます。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2022年4月28日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.192
2021.12.24

Vol.193
2022.1.24
Vol.194
2022.2.25

Vol.195
2022.3.29

VOL.196

2022.4.28

Vol.187
2021.7.29

Vol.188
2021.8.25
Vol.189
2021.9.27

Vol.190
2021.10.27

Vol.191
2021.11.29

Vol.182
2021.2.25

Vol.183
2021.3.24
Vol.184
2021.427

Vol.185
2021.5.27

Vol.186
2021.6.28

Vol.177
2020.9.24

Vol.178
2020.10.27
Vol.179
2020.11.27

Vol.180
2020.12.19

Vol.181
2021.1.27

Vol.172
2020.4.24

Vol.173
2020.5.28
Vol.174
2020.6.26

Vol.175
2020.7.21

Vol.176
2020.8.24

Vol.167
2019.11.29

Vol.168
2019.12.24

Vol.169
2020.1.29

Vol.170
2020.2.27

Vol.171
2020.3.30

Vol.162
2019.6.29

Vol.163
2019.7.26

Vol.164
2019.8.27

Vol.165
2019.9.27

Vol.166
2019.10.28

Vol.157
2019.1.25

Vol.158
2019.2.28

Vol.159
2019.3.28

Vol.160
2019.4.26

Vol.161
2019.5.27

Vol.151

2018.7.27

Vol.152

2018.8.27

Vol.153
2018.9.26

Vol.154
2018.10.29

Vol.155
2018.11.28

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ