アベノマスク入手

2020年4月24日 更新

昨日4/23に我が家に総額466億円を投じた「アベノマスク」が我が家に来ました。
来たというより娘たちが登校日に学校から支給された物ですが・・・
これがガーゼで出来ているのですが、見た目が小さく測ると9.5cm×13.5cmでした。
イメージは私が小学校の頃、学校給食で配膳用に使用したマスクのサイズ感です。
洗濯すれば収縮してもっと小さくなるでしょう。
一世帯2枚の支給らしいので実質4枚 我が家は4人家族なので全員に行き渡ります。
娘たちには不評(見た目)でしたが、不織布と違いガーゼなので2枚掛けで内側に使用するとか・・・
どうすれば効果的に使用できるのか模索中です。

営業部 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

今月の契り通信

2020年4月24日 更新

今月の契り通信です! Vol.172 2020.4.24 発行!

真の社会の力
4月も20日を過ぎましたが、今年はここまでは昨年に比べて暑くなりません。
昨年はこの時期に各地で25℃の夏日を超え、九州では30度を超えるところもありました。
今後4月いっぱいは暑くなっても20℃を少し超える程度のようです。
しかし、気象庁やその他の天気サイトの今年の夏の気温予想は、平年並みか暑くなる予想が出ています。
夏は夏らしく暑い方が良いのでしょうが、暑すぎるのは良くありません。
ほどほどに願いたいものです。
さて、先日届いた中国に赴任している友達からのメールを紹介します。
「上海はコロナは落ち着いており、日本より安全です。
日本政府や国民のダラダラした押さえ込み方には少々心配しています。
中国のように徹底的対策を取れない日本は本当に残念。
一部の人が言っている『社会主義だから徹底的に出来た』というのは間違いです。
上海市民は感染を恐れて自主的に外出規制したし、夜の店も閉めた。
真の社会の力の差を感じます。
最近の日本は自己主張ばかりで、団結力に欠けています。
コロナは国として戦うべき相手ですからね。
日本も感染を早く抑えて、平時に戻ることを祈っています。
そうしないと私も帰れない。」
我々も真剣にこの事態に対峙しなければと、考えさせられたメールでした。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ サブスクリプション ◆           
日本経済新聞に「サブスク課金に落とし穴」という記事が出ていました。
【サブスクリプション方式とはビジネスモデルの1つ。
商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。
契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。
コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。
「サブスク」とも略される】(※ウイキペディアから)
電子書籍をはじめ、音楽・動画・マンガ・雑誌・ゲーム・洋服・バック・アクセサリー・コスメ・英会話などなど、サブスクリプションで様々なサービスを気軽に利用できる環境がインターネット上を中心に増えてきました。
最近ではコーヒーやラーメンまで月額定額で毎日飲んだり、食べたりできるサブスクも出てきています。
しかし一定条件で好きなサービスが使い放題なのは便利な半面、お試しのつもりが課金されていたり、思っていた金額よりも高い料金を支払わされたりする事例が目立っているそうです。
解約などに伴うトラブルも生じており、利用者は事前によく確認しておく必要がありそうです。
「無料ダウンロード」と書いてあるのに、ダウンロードした数日後、年間で約1万円の有料コースに自動で変更されていたという人は、後から調べてみると、利用開始後の課金などの注意事項が、わざと気付きにくくしているとしか思えないほど小さいグレーの文字で書いてあったといいます。
大体この様なサイトは、運営者に連絡をしたくても問い合わせの方法がなかなか見つかりません。
サイトの奥の方に問合せのバナーがあったり、電話番号などは絶対に載っていませんね。
大手の販売会社でも電話で受付をしてくれるところはほとんどないと思います。
無料のお試し期間を設けた後、直ちにサブスクに移行するサービスや、料金体系が利用者の誤解を招くような表示や、わかりにくい表現が潜んでいるモノも多々あります。
アマゾンのサイトでも、カートに入れた商品の購入手続きを進めていくと、プライム会員への無料登録がデフォルトになっていて、「いいえ登録せずに先へ進みます」というバナーに気づかずに先へ進めていくとプライム会員に登録してしまいます。
 私の知人の90歳になる母親が健康食品の無料サンプルを新聞広告を見て電話で申し込んだところ、毎月1万円する定期購入コースに申し込んでしまっていたと言います。
家の方はしばらく気づかずにいたのですが、届いた荷物に入っていた振込用紙を見て当人に確認したところ、「定期購入では申し込んでいない」いうことでした。
お年寄りなのでよくわからずに電話で誘導されてしまったのではないかと思います。
これが1度ではないというから困ります。こういった定期課金のサービスについては購入年齢の上限を設けて欲しいものです。当然下限も設ける必要がありますが。
 何もサブスクのすべてを否定するわけではありませんが、購入者が後から騙されたと思われるようなサービスは辞めて欲しいと思います。

《社員ブログ》

●  最近の事 ●         建設部 宮村舜憲
最近、世間は主に新型コロナウイルスの影響で暗いニュースが多いです。
著名人が亡くなられたり、卒業式は規模縮小、スポーツは無観客試合など人々の生活にかなりの影響が出ているように思います。
静岡県の感染者は、ニュースなどで出ている情報ではさほど感染していない様ですが、実際のところはどうなのか定かではありません。
出ている情報すべてを鵜呑みし、混乱が起きているので、情報を正しく受け取る必要があると感じます。
私自身は、外食を減らし家で簡単な料理をして、外出を極力減らしています。
カレーとチャーハンくらいしか作れないのですが、いい機会なので他の料理も挑戦してみようかなと思います。
世間は深刻な事態ですが、こんな時だからこそできることもあるので、いろいろ挑戦してみようと思います。

■ 時差勤務 ■
新型コロナウイルスに対する対策として、4月21日から時差勤務とさせていただきます。
大まかにですが、
○営業部は、9:00~18:00(在社時間は16:00以降)
○建設部は、8:00~17:00(在社時間は10:00~16:00の任意の時間)
○営業補助の女性と総務・経理は、8:00~17:00となります。
残業は出来るだけせずに、火・金はノー残業とします。
なるべく社内の人の密度を減らすためです。取りあえずこの体制でやっていきます。
ご迷惑をおかけするとは思いますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2020年4月24日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.172
2020.4.24

 

 

 

 

Vol.167
2019.11.29

Vol.168
2019.12.24

Vol.169
2020.1.29

Vol.170
2020.2.27

Vol.171
2020.3.30

Vol.162
2019.6.29

Vol.163
2019.7.26

Vol.164
2019.8.27

Vol.165
2019.9.27

Vol.166
2019.10.28

Vol.157
2019.1.25

Vol.158
2019.2.28

Vol.159
2019.3.28

Vol.160
2019.4.26

Vol.161
2019.5.27

Vol.151

2018.7.27

Vol.152

2018.8.27

Vol.153
2018.9.26

Vol.154
2018.10.29

Vol.155
2018.11.28

Vol.146
2018.2.17

Vol.147
2018.3.15 
 Vol.148
2018.4.24
Vol.149
2018.5.19
Vol.150
2018.6.25

Vol.141
2017.9.28

Vol.142
2017.10.30

 Vol.143
2017.11.29

 Vol.144
2017.12.26
 Vol.145
2018.1.22

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ

 

テレビデビュー

2020年4月16日 更新

私のブログにたびたび紹介しております息子がいよいよTVデビューしました。

ある日、息子から駅で番組アナウンサーに声を掛けられインタビューに答えたら所、〇月〇日に放送すると  もちろんTVの録画予約をして妻と番組を見ました

今か今かと番組を見ていると息子とその友達2人で写っているではないですか、インタビューの内容は   「 新生活の失敗談 」? なになにと聞いていると一人暮らしをして1ヵ月ほど経ったころ夕飯で豚の生姜焼きを作ったと自慢して画像を送ってきました。                             ところが豚肉が生焼けだったようで大変なことに(上から下から)・・・                 そして自力で救急車をよび病院に・・・それを聞いて夜中に妻と迎えに・・・               という内容でした(かなり心配しましたよ)

まぁ思ったよりテレビ移りが良く、ハキハキと答える姿に普段とは違う一面が見れて良かったかな。

 

営業一課 西家公彦

 

▲このページの先頭へ

 

新年度に入りました

2020年4月6日 更新

 コロナウイルスの猛威が止まらない中、新たな年度が始まりました。

前期は、期初から米中貿易摩擦の影響により中国経済が減速するという不安な状況の中でのスタートでした。

その後、令和への改元や参議院選挙、半導体業界の立ち直り等プラス要因があったものの、後半は消費税の増税や英国のEU離脱などのマイナス要因が経済への下押し圧力となっていきました。そして、年明け早々新型コロナウイルスが世界各地でパンデミックを引き起こし、世界経済は今まで経験したことのない事態に落ち込んでいこうとしています。そしてすでに多くの業界で実害が出ています。
 そんな状況の中の昨年度でしたが、おかげさまで業績的にはなんとか微増益増収で終わることが出来ました。
ここ何年かの当社の販売内容を見てみると、 ①お得意様 ②商品 ③販売形態 が変化しています。新たにお取引が始まったお客様や新しく販売を始めた商品、逆にお取引が無くなってしまったお客様や販売しなくなった商品があります。販売の方法もネットでの販売が始まりました。

 1年での変化は小さいですが、数年経つと大きく変化していることが分かります。そして、我々のような中小企業は変化をしていかなければジリジリと衰退してしまいます。現状に甘えずに常に変化していかなければならないということです。

 

▲このページの先頭へ

 

マスクの卒業式

2020年4月4日 更新

 先日、長女の小学校卒業式に参加しました。

 お騒がせのウイルス対策として参加者全員マスク必須、

 妻との席もビミョーな間隔での椅子が設置されていました。

 いよいよ卒業生入場となりましたが、マスクでの入場。。。

 同じ様な服でマスクをしている卒業生が全員ステージに並ぶと、

 自分の長女ですら、どこに並んでいるか判別出来ず、保護者席からも

 若干焦りと諦めのようなため息が漏れてきました。

 卒業証書授与、呼掛け、合唱も勿論マスクのまま。マスクを

 取ったのは、クラスでの集合写真撮影のみの徹底ぶり。

 長女自身にも参加した私達にとっても、この通常ではない

 特殊であった卒業式が、いつかは笑える思い出となる日を信じて

 今は手洗い、うがいを徹底、感染予防に努めてゆきます。

 

営業1課 水間 望

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介