高校野球静岡大会

2017年7月28日 更新

先日26日に、高校野球静岡大会 決勝が行われました。
28年ぶりに日大三島が甲子園かと強打の藤枝明誠との試合でした。
やはり東部の高校が残っていると、凄いなと応援したくなります。
結果は負けてしまいましたが、ノーシードで決勝までよく勝ち上がってきたと思います。
近年では、よく勝ち残っている強豪とイメージがついてきました。
来年こそは甲子園の切符を獲得してほしいです。

甲子園大会も8月7日から始まります。
球児の全力プレーに負けないくらい、私も日々の業務に全力プレーでいきたいと思います。
皆様、宜しくお願い致します。

営業部 川口真太郎

 

▲このページの先頭へ

 

暑さ厳しい夏の到来

2017年7月26日 更新

 いよいよ暑さ厳しい夏の到来です。梅雨も明け、急激に気温が上昇して来ました。湿度が70%を超える日もあります。外勤の方はもちろん、内勤の方も熱中症には十分気をつけ内勤の方はエアコンが効いているからと安心せず、こまめに水分補給(出来れば塩分を含んだ物)をして下さい。意外と室内にいて熱中症になる方が多いそうです。現場に出ている方は自分だけでなく作業をされている方の体調変化にも目を向けましょう。無理をせず休憩時間をしっかり取る事も大事だと思います。十分気をつけて暑い夏を楽しく過ごしましょう。

建設部 土田 晃

 

▲このページの先頭へ

 

入園に向けて

2017年7月25日 更新

来年4月から子供が幼稚園に入園するため、現在入る幼稚園を検討中です。
入園させようとしていた家の一番近くの園は残念ながら昨年度閉園してしまったため、
少し離れた数園の中から検討しています。
実際に幼稚園の広場開放にあわせて訪れて園の大きさや雰囲気を実際に見て先生方の説明を聞いています。
そこでは先生たちが自分たちの園の雰囲気を伝える資料を作り、説明もして頂きました。
遊びメインか学びや礼儀作法がメインかみんなで騒ぐか大人しいかというように
それぞれの園には特徴があり、やる内容も異なるため選択が難しく思います。
我が子は私に似て行動し始めるのに時間がかかることが多いので
こっちに入れたら合いそうだけど、こっちに入れたほうが刺激になりより成長するのでは
と思い悩んでおります。
その中で、入園という目標に向かい何もわからないところから幼稚園1つ選定するために、
情報収集をして決定するということに、仕事に通じる部分を感じました。
仕事においてもお客様に合った商品を選定して頂くため
多く特徴や情報を得て提案し、1つを選んで購入して頂くということに似ているかと思います。
いずれかの商品がお客様の要求するものに合致する決定打を見つけられればと考え今後も行動していきたいと思います。
まだ幼稚園の選定には2か月ほどあるのでよく検討し子供に合う決定打を探したいと思います。

営業部 河口祐一郎

 

▲このページの先頭へ

 

第99回全国高等学校野球選手権大会

2017年7月4日 更新

7月8日に夏の選手権大会がいよいよ開幕します。
高2の次男も地元公立高校の野球部に入部し日々、練習に
明け暮れています。息子の高校は3年生が3名と少なく2年生が
中心のメンバーです。今まで頑張ってきた3年生のためにもまずは
初戦突破してもらいたいと願っております。

営業1課 笠井和茂

 

▲このページの先頭へ

 

オープンキャンパスに行って来ました。

2017年6月30日 更新

 この週末、横浜の大学のオープンキャンパスに次男と一緒に行ってきました。一応受験候補の大学の内のオープンキャンパスの一発目だったので、今後の参考になるかなと思い行ってきました。長男は自宅から大学に通っているので、子供が
家を出るという事が初めてになり、今からもう色々と不安になったりします。当日は、学校内の様子をぐるりと回り、学部説明会に次男を置いて、自分達は相談コーナーで、近隣のアパートの相場や仕送りはどれ位が目安になるのかとか、お金に
関した事柄を聞いて、ただただため息が出るばかりでした。子供には自分の行きたい大学で、勉強したい事を好きなだけ
勉強してもらいたいとは思いますが、出来れば国公立の大学に入ってもらえれば なというのが正直なところです。
今回の大学は様子見程度で、これから7月・8月で4・5校オープンキャンパスに行く予定だそうです。次男にはしっかりと見て回り、それぞれの大学の違いを感じ、自分に合う大学を見つけてもらいたいと思います。
 
                                                                                                            営業部1課 清 博司

 

▲このページの先頭へ

 

「○○な人達」

2017年6月22日 更新

時間にルーズで計画性が無く、期限を守れない

失敗しても反省しない・謝れない・学べない
失敗を恐れ一人で解決しようとし、失敗して一人で傷つく
大切な事ほど早口で話す
自分で考えない自分から動かない、いつも指示待ち
自己防衛本能が強くプライドが高い
人の話を聞かない、本を読まない
妬む嫉む僻む
代案が無いのに否定はする
いつも出来ない理由を探している

 

営業部 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

ウォーキング

2017年6月13日 更新

 

私の住む所から約500m位にウェルピアながいずみがあります。

最近夜な夜なそこまで行きウォーキングをしております。

ウォーキングは歩くだけで血液が体中を活発に駆け巡り内臓の機能を高めますので

自分のペースで無理せず楽しめます。フォームは視線は進行方向、腕はリラックス、

腹部をひきしめ、背筋を伸ばし、普段より少し広い歩幅でかかとからつける。

これが良いそうです。

ウェルピア内の長泉健康公園から駿河平入口コース、距離3.7km歩道も整備され爽快で

安全なコースがあります、一度行ってみようと思います。

                           営業一課   西家公彦

 

▲このページの先頭へ

 

小説太平洋戦争

2017年6月12日 更新

 昭和46年に刊行された山岡荘八氏の「小説太平洋戦争」が最近新装された物を読んでいます。日本が何故開戦してしまったのか、南西洋で如何にして玉砕したのか、世界一の規模と装備を持った戦艦大和が如何にして撃沈したのか、特攻について等、当時従軍記者として各地で実際に見てきたこと、後に判明したことが書かれています。

 

 フィリピン・サイパン等の戦場で、日本兵は、弾薬も尽きてジャングルに潜んでゲリラ活動をするなか、アメリカ軍は数十倍の人員と兵器で、日本兵の潜んでいそうな塹壕を火炎放射器で焼き払いながら進軍していきます。しかし5時になるとどんな状況にあろうと、進軍をやめてキャンプに引き返す。同じようなことが山崎豊子氏の「二つの祖国」にも書かれていますが、日本兵は5時になると今日も生きていたと安堵したようです。

 

 戦争を、仕事のように計画し実行していたアメリカと総玉砕を考えてしまった日本との違いは何だったのか「・・どんなことをしても生き残って・・」というのは当時の軍隊内の常識ではなかったようで、そんな時代があったことを再認識させられます。

営業部 影山裕久

 

▲このページの先頭へ

 

子供の成長

2017年6月2日 更新

子供が生まれ1年4カ月が経ちました。
不安定ながら歩き出し、私がトイレに行くのにも付いて回ります。
1日1日成長していくのが分かり、毎日帰るのが楽しみです。
我が子が泣いてあやす時は、私の両親の顔が浮かびます。
仕事で疲れている時や、眠い時も笑顔であやしてくれたのかと思うと感謝の気持ちでいっぱいになります。
両親に支えられて生きてきて、これからは自分が家族を支えていかなくてはと感じています。
子供の成長のスピードには及ばないかもしれませんが、私も日々成長していきたいです。

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

微笑ましい光景

2017年5月26日 更新

ある日の夕方の出来事です。
スーパーへ晩御飯のおかずの材料を買いに行きました。
土・日曜日の夕方だったのでお客さんが結構いてにぎわってました。
その中に3~4歳のかわいらしい男の子と、その子のお母さんかと思われる若い女性と
男の子のおばあちゃんかと思われる3人が買い物をしてまた。
急に男の子が泣き出してしまい若いお母さんが周りを気にして困っていました。
その時、おばあちゃんが執った行動が…なんとその男の子に納豆を渡しました。
そしたら泣いてた男の子が今まで号泣していたのが嘘みたいな笑顔で「納豆・納豆!」と
繰り返しながらスキップしてました。
その男の子がとった行動がとても可愛くて、私は自分の買い物の手を止めて見入ってしまいました。
虐待とか子供に関する事件が多い中、癒された気がしました。

建設部 見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

アレルギー

2017年5月22日 更新

私は 花粉症持ちで、毎年 秋頃から翌年の春頃まで くしゃみ、鼻水、頭痛に悩まされます。
11月頃から4月末頃までの半年ほど マスクと 耳鼻科で処方してもらうアレグラで 何とか無事に生活出来ますが、先日、薬の在庫がなくなり もう5月だから大丈夫だろうと思っていたら 薬が切れて徐々に例の症状プラス痒みが襲って来たため あわてて耳鼻科へ行き 薬を処方してもらいました。薬局の方に症状を話すと 最近は黄砂の影響もあるようですよ。と言われました。
すっきりしませんが、この環境と上手く共存しながら 静かに生きていきます。

総務部 服部素子

 

▲このページの先頭へ

 

親友

2017年5月12日 更新

先日の連休中、昔からの親友と久々に会いました。神奈川県へ嫁いだ彼女には年に数回程しか

会うことができないのですが、初めで出会ったのが小学校一年生の時(今から35年以上前!)

以来、中学、高校、大学、社会人と長い期間ずっと仲良くしています。

なんでも?!知っている仲です。

子供もお互い娘が二人で、長女は二人とも今年1年生になりました。

今の娘たちの年齢の時に私たちは出会ったんだね。年をとったね。と話しつつ、

当時の担任の先生や、使っていた筆箱の色、隣の席だった子の話など

(わりとどうでもよい記憶ばかりでしたが)とても会話が盛り上がり、

楽しい時間を過ごすことができました。

4月から小学校へ通い出した娘にも、たくさんの出会いがこれから待っています。

良い友人、一生の親友に出会って欲しいなと思います。

 

                               建設部  森 直子

 

▲このページの先頭へ

 

セルフレジ

2017年5月7日 更新

以前より近所のスーパー(MaxValue)では無人のセルフレジが導入されており
慣れた客が買い物を済ませる様子を見て驚いた記憶がありますが
最近、会社の近くのレンタル店“TSUTAYA”でもセルフレジが導入され
手慣れた客が何枚ものCD・DVDの清算を済ませ借りていました。
当然、私のような客のために昔ながらの有人レジもあるのですが
何か時代に取り残された気分でした。

 

日本は、これから少子高齢化が益々進み、労働人口が減り人手不足が深刻化します。
そうでなくてもコンビニや飲食・小売業では慢性的人手不足です。
この姿も数年後には当たり前になるんだろうなぁ~と

少し不安になりました…

総務部 芹澤達也

 

▲このページの先頭へ

 

良い式でした~そして思った事

2017年4月26日 更新

10日前位に102歳の祖母が亡くなりました。

山梨なので私はふだん看病とかできず、普通病院とかに預けたら預けっぱなしの人達が多いと思いますが

うちの場合は孫(私のいとこ)が交代で毎日10年位通ってました。

式の時、お坊さんが祖母の知り合いで丁寧に祖母についていろいろ話をしてくれました。

102歳だから祖母の友達とかもあまりいないと思いましたがどこから来たのか杖をついて何人か年寄りの方も

来てくれてました。

そして祖母の言葉が

「お日様のようにおだやかでいなさい」

と言うのを聞いてだから孫からも近所からもみんなから好かれてるのだな

祖母の悪口なんか聞いた事ないな

本当に一つ一つ丁寧な式だったなと思いました。
私はおだやかな性格でないから今さらですが少し気をつけなければな・・・と思いました。

営業部 原田美穂

 

▲このページの先頭へ

 

「10億円入手してわかる自分の本音」

2017年4月18日 更新

仮に、生活のために働くことから解放されたら、あなたが本当にしたいことは何だろうか?”本音”を知り、それを実現するために邁進することが最大の投資になる、と筆者は語っています。
自由に使える10億円を手にしたら、あなたがしたいことは何だろうか?
同じ質問を筆者のフェイスブック上でもしてみたところ、実際にたくさんの投稿があった。

<ポイント1> 夢や目標、志を持つことはお金の有無とは関係がない。
お金がないから志を持てないというわけではない。お金を得たところで、志が湧いてくるものでもないと思う。

 

<ポイント2> 「10億円持ったらやりたいこと」の数々は、お金がなくても挑戦できることが多い。
お金があればより効率的にやれたり、より大規模にできたりすることだろう。ところが、お金があればできることは意外に少ない。情熱や具体的なノウハウ、やりたいことを実行するための仲間のほうがお金よりよっぽど貴重だと言っています。

<ポイント3> お金を得てわかるのは、信頼できる仲間と一緒に過ごすのが一番楽しいということ。
会社を上場させたり、自分の企業を売却して10億円程度のお金を得たりした人たちがいる。彼らが口をそろえて言うのは、「お金を得たからといって特に何も変わらず、幸せになるわけではない」ということ。

<ポイント4> 自分の”本音”を見つけ、やらなくてもよいことを減らし、本当にやりたいことだけに集中してほしい。

本当にやりたいことを探すよい方法が、「もし10億円を持っていたら……」と妄想してみること。すると、すでに持っている大切なもの、そして、言い訳をして逃げてきた人生の目標や目的が見えてくるそうです。

建設部 勝山弘隆

 

▲このページの先頭へ

 

今年度のカープへの期待

2017年4月10日 更新

 私が今年のカープに期待していること、それは「投手王国の再建」です。完成しそうな

兆候がこそあったものの、マエケンのメジャー挑戦、黒田さんの引退もあり、そこに至って

いません。今季の選手達を見てみると人材は揃っているものの完成とは言えない状況です。

 今季、期待の投手たちが飛躍し、投手王国と言えるようになって欲しいと切に願っています。

そして、「赤い悪魔」と呼ばれたマンチェ、「白い悪魔」と呼ばれたRX-78(ガンダム)と同様

カープ投手陣も相手チームに「赤い悪魔」がやってきたと恐れられる存在になって貰いたいです。

 今年、阪神に糸井選手が移籍してきました。開幕前の記事に(完全超人)と書かれていましたが、

この糸井選手が、ミロスマンになるのかザ・マンになるかはカープの投手陣次第であります。

開幕戦でジョンソンが打たれ、犠打フライを打たれたりと、ロビンマスクとラーメンマンを連覇した

ネメシス状態。とても危ない存在です。今後は抑えて欲しい一人となるでしょう。

 それましたがありがたいことに、4/10本日までの成績が7勝1敗1分け。素晴らしいスタートをして

おります。ぜひ、この調子を維持してペナントレースを進んでほしいと思います。

建設部  大高茂紀

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

新年度がはじまったということは‥

2017年4月7日 更新

プロ野球も始まったということですね。

昨年は25年ぶりにリーグ優勝をした広島カープで大いに楽しませていただきました。

今年こそは34年びりの日本一をめざして、昨年同様がんばっていただきたいものです。

黒田の抜けてしまった穴は想像以上に大きいと思いますが、打撃陣はレジェンド新井を中心に

田中、菊池、丸、誠也がチームを盛り上げていき、投手陣は野村を中心に黒田イズムを胸にがんばっていってくれるでしょう。

開幕戦、2戦目をみて、今年はダメかなと思いましたが、ここまで5勝1敗1分けの好成績で来ています。

10月に勝利の美酒を飲めるように、今年も精一杯応援していきます。

建設部 勝呂欣司

 

▲このページの先頭へ

 

会社・私

2017年3月27日 更新

入社四年間、心に深く感じた事とは

 

1、当たり前のことを無意識で終わらせずに意識して行動できることに価値がある。

2、物とともに心を売り、お金とともに心をいたたく商売。

 

この会社なら、私自身誇りを持って働いていけるなと感じたんです。 

営業部 周

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

今月30歳を迎えました。

2017年3月21日 更新

最近子供と外で遊んでいると、
俊敏に動けなかったり、自分の体がイメージした通りに動けなかったりと、
以前のようにはいかないなと感じることがあります。
また、夜遅くまで起きていると次の日に響くことも増えたように感じます。
私は社会人になってから運動を全くしていなかったので、
体力が落ちてきてそろそろ無理が効かなくなってきてしまった様な気がしています。
改めて考えてみると仕事において移動は車ですし、
重いワイヤーや塗料を運ぶにも持っても短い距離だけで、ほとんど台車を使ってしまい、
歩くといってもお客様の工場内を歩く程度で、
日常で本当に体を動かしていないなと改めて思います。
ただ、子供がまだ2歳と2月に生まれたばかりの0歳児がいるので、
これから子供2人の相手をするにもある程度の体力が必要だと思いますし、
子供が幼稚園に上がり運動会に参加したときに少しでも動ける父親の方が良いと思うので、
これからは体を動かすことを心がけてこれ以上体力を落とさないようにしたいと思います。

営業2課 河口 祐一郎

 

▲このページの先頭へ

 

花粉症

2017年3月13日 更新

花粉の季節です。我が家は奥さんと息子・・・花粉症です。
私は・・・花粉症じゃございません。
“いいねパパは関係なくて”と意味なく文句を言われる時期。
そしてティッシュペーパーを大量に使う時期。
今年も2人仲良くマスク姿で耳鼻科に通ってます。
最近では舌下免疫療法なる事前にアレルギー物質を摂取し
身体に抵抗力をつけて治していくなんていう治療法もあるそうです。
試してみるのもいいかもしれませんね。

建設部 土田 晃

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介