熱中症対策

2016年7月15日 更新

今年もだんだん暑くなってきました。          
そんな中、お気をつけ頂きたいのが熱中症です。        
                 
私は事務職で休みの日も外にいるというのがほとんどないのであまり気にしてませんでしたが
今回はあるイベントに行く為、ほとんど外なので気を付けなければいけないなと思っています。
                 
そのイベントのお知らせにはこう書いてあります。        
                 
体調管理を心がけて、汗で失われる水分、適度な塩分を補給しましょう。    
身体の調子がよくない時は、無理をしないで体を休め、お近くのスタッフに相談してください。
屋外では、白い帽子、日傘、タオルを使って頭に直接日差しが当たらないようにしましょう。
地面の照り返しの暑さにより、通常よりも体感温度が上がる可能性があります。  
少しでも異変を感じたら、早めにお近くのスタッフに声をおかけ下さい。    
氷水もご用意しておりますので、お持ちのタオルを濡らして頂き、体を冷やしてください。
団扇や扇子も十分利用して下さい。          
衣服は、ゆったりした通気性のよい服をお勧めいたします。      
                 
以上参考にして皆さんこの夏を乗り切って下さい!!!      
                 
            営業部 原田美穂  

 

▲このページの先頭へ

 

八年経、日本生活

2016年6月27日 更新

日本へ留学しに来たとき、日本語はまったく分かりませんでした。あっという間に、気がついたら、日本での生活も八年目になっていました。 その中で、多くの物を見て、都市のにぎわいに触れ、美しい自然の風景を味わい、自分の目で耳で心で日本を感じながら日本生活はとても充実した時間でした。

 

実際にわたしは見た日本のもっとも印象的だった点として、日本国内は路上にゴミ箱がなく、清掃している人も見かけないにもかかわらず、通りは清潔でした。

 

日本はきれい国だけではなく、日本の文化につきまして、私も深く感じました。

 

例えば、わたしとして、日本の無口なコミュニケーションになれるのは簡単ではありません。中国人にとって感じたことや、経験を直接表現することは自然で大切です。反対に日本人はもっと遠慮しているし、簡単に気持ちを表しません。また、私のほんの一言で誤解したり、きずつけたりします。それで自分の気持ちを表すとき、もっと注意するようにしていますが、時々は、私は中国人のそのままの態度が出てしまいます。この大きな文化の違いを受け入れるのはお互いに時間がかかると思いました。

 

 

そして、大学卒業からサラリーマンになった私は日本人の働き蜂は世界ことやっとわかりました。日本人は仕事の為、一生働っています。 私の考えは、仕事が人生の全部ではなく、仕事は人生を束縛するものではないと思っています。もちろん、仕事の大切なことは否定しません。私たちは生活のために仕事をしていますが、仕事のために、 生活するのではないと思っています。これもまだ文化の違い、人生観の違いで しょう。

 

私にとって多くのことを学んだことは大変よい経験となり、私自身を本当にもっとよい人間に変えて行くだろと信じて います。そして、八年経った今、私は日本に来たことが正しかったと分かりました。

もし、将来私は帰国したら、私の体験した日本について、私の周りの中国人達に伝えるよう努力するつもりです。

 

営業3課 周凱翔

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

What a Wonderful Word !

2016年6月20日 更新

 ペナントレースが始まって71試合目。今年度の我が広島カープは独走状態の首位にいます。これまで マエケンがいなくなった事をいいことに、シリーズが始まる前の評論家たちのカープ順位予想評価が低かったこと・・・。 唯一、元広島捕手 達川氏だけがカープ優勝をあげていた。その通りだよ 達チャン。

 鬼門だった交流戦も勝ち越しとなり、5番バッターになってきた誠也君の3戦連続逆転ホームラン!まさに神ってる。 リーグ優勝が早くも見えてきたのではないか?と感じて仕方がない。なにせここまで長かった。  

 最近、「この素晴らしき 世界(What a Wonderful Word)」 by ルイ・アームストロングが流れた 映画「グッドモーニング、ベトナム」を思い出します。どんな高いモチベーションで任務に就いた兵士でも終わりの見えない 混沌とした毎日に、やりきれない気持ちになっていたところに流れる「What a Wonderful Word」 とても印象に残っています。  25年間優勝から遠ざかり、鬱積とした気持ちのカープファンは私だけではないはず。しかしながら今年は、「 素晴らしき セ界 」 になってきました。

 去年は波に乗れなかったカープもここまで、良い戦いが出来てます。そんなこんなで全試合数の半分に差し掛かってきました (全143試合)。このまま、突っ切ってもらい「グッドモーニング 広島!」となってもらいたい所です。

建設部 大高茂紀

 

▲このページの先頭へ

 

梅雨

2016年6月15日 更新

13日、東北・北陸地方で梅雨入りしたと発表されました。
昨年に比べ1.2週間程早い梅雨入りだそうです。
一方、沖縄では今後は晴れマークが目立ち、梅雨明けが見えてきています。
沖縄で梅雨明けとなると今度は、本州方面で梅雨が本格化してきます。
16日、17日は梅雨前線がさらに北上して本州にかかってきます。
北の低気圧の雲ともつながり広く崩れ、このようなまとまった雨が何日かおきに降りやすくなりそうです。
大雨の対策と共に、避難地の確認等を今一度確認してみるのはいかかでしょうか。
また、同時に梅雨の晴れ間の熱中症にも気を付けたいところです。
今週末は気温が上がり、各所で猛暑日が予測されています。
蒸し暑さが続くと、食欲がなくなったり、体が十分な休養をとれなくなってしまいます。
真夏のリハーサルによって、夏バテのリハーサルをしないよう、お気を付け下さい。

営業部 川口真太郎

 

▲このページの先頭へ

 

25年ぶりの優勝を祈り

2016年6月9日 更新

先週の話ですが、現在セリーグで首位を走っている広島東洋カープの

応援をしに横浜スタジアムへ行ってきました。

結果は、見事勝利!

20160529_150206

 

25年ぶりの優勝を切に願うばかりです。

 

 

 

 

▲このページの先頭へ

 

クールビズ

2016年6月3日 更新

弊社は6月1日よりクールビズとなりました。
会社により開始時期は違うとは思いますが、
環境省によりますとクールビズの期間は例年ですと、5月から10月までの期間でしたが、
10月は夏日が少ないという理由で、5月1日~9月31日までの期間にて行うようです。

しかしながら、工場内や現場で作業される方は、危険が伴う作業もある為、
クールビズ期間とはいえ長袖着用、保護具着用という場所が多いと思います。
まだ6月上旬なので熱中症にはならないかもしれませんが、
夏に近づくにつれて熱中症対策をしていかなければならないと思います。

対策としては、水分補給、塩分補給、休憩をこまめにとるという事はもちろんですが、
衣服は吸水性や速乾性の良いものにすることや、
冷却シートを利用して首元など太い血管が体の表面を通っているところを冷やすということも効果的です。

上記のような対策をする前にこれから訪れる本格的な夏に向けて
今からバランスの良い食事、睡眠を心がけて、健康に注意し、
熱中症に掛かりにくい体作りをしていくことも重要と考えられておりますので、
私も少しずつ生活を改善していき、夏の暑い日に耐えられる体つくりをしていきたいと思います。

営業部 河口祐一郎

 

▲このページの先頭へ

 

みしま花のまちフェスタ

2016年5月29日 更新

皆さんご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、今週日曜日(5/29)
「みしま花のまちフェスタ」に東京ディズニーシー“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”が参加するそうです。
ディズニーシーの園のテーマである7つの港にちなんで海や港にゆかりのある全国15都市を巡るイベントだそうです。
その15都市の中に三島が選ばれた訳です。
パレートは10時に三島大社を出発し三島広小路までだそうです。
もし日曜日、予定が決まってなければ皆さんミッキーマウスに会いに行ってはどうでしょうか?

追伸、もはやホントなの?と疑ってしまう“ミッキーマウス世界に一人説”・・・
ホントなら三島でパレード参加してる間は何処にも姿を見せてない事に・・・本当だろうか・・・
きっと本当だと思います。

建設部 土田 晃

 

▲このページの先頭へ

 

人生ストレスとの戦い

2016年5月16日 更新

私は、約6年前眼瞼麻痺を発症し交通事故を起こし営業職から外れ内勤になりました。
眼瞼麻痺とは。自分の思い通りに瞼がコントロール出来なくなる病気です。

その後富士市の脳研病院に行ったところ脳には異常がなく別の富士市の神経内科の病院を
紹介されジストニア(眼瞼麻痺)と診断され薬を服用し眼瞼麻痺は、治った様子でしたが

今度は、首が斜めに引きつるジストニア(痙性斜頸)になりました。
それからは、近隣の大学病院へ行きましたが、見解はどこも同じでがっかりしました。

薬の量を増やし品数も増やしてからは、首が斜めに引きつるのは。改善しましたが、現在は薬がないと顎が後ろに引きつる様になりました。

毎月1回病院に足を運ぶのですが、医師に言わせると、手の施しようがなくストレスが原因とも
言われていますが原因は不明です。

それが影響して首の関節が痛むようになり右手がしびれ右手で文字が書きづらくなっています。

首の関節を治す為には手術が必要で1ヶ月の入院と1ヶ月の自宅療養が必要だそうです

そもそもこのジストニアと言う病気は、ストレスが原因とされています。
ある大学病院では、「仕事をしばらく辞めてみては」とも言われましたが簡単に出来る事では
ありません。
とりあえず今はストレスを、減らす意味で任期満了のPTA会長を下り、延5年間続けた
生涯学習会部長・副会長を辞任して町内の町づくり協議会も辞任しストレスを減らすことにしました。

皆さんストレスは溜めずに趣味や運動で発散しましょう。

 

                                 営業部 中島 真二

 

▲このページの先頭へ

 

災害

2016年5月10日 更新

今回の熊本地震で、M7級の揺れが連続で襲うという前例のない災害が起き
大規模な土砂崩れにより多くの人命が、失われました。
私ごとですが、中学の同級生が宮崎に住んでいたので直ぐにメールによる安否確認をしたり
知人が損保会社に勤めていて損害査定のため応援に駆り出され熊本に派遣されるなど
身近なところで被害を実感しています。
また他県では、落石により死亡事故が起きたりと法面に関する災害が、後を絶ちません。
弊社でも県と法面に関する災害協定を結んでおり迅速な対応を心がけております。
常日頃からの心構えが大切だと改めて感じます。
尚現在県のホームページで、県内の地質調査結果が公表されています。
皆さんも自宅がどのくらいの地盤の上にあるのか確認しとくのも必要かと思います。
取り留めもなく書きましたが、明日は我が身です。
防災について考えましょう。

建設部 酒寄通保

 

▲このページの先頭へ

 

ありがとう

2016年5月2日 更新

私がコーチをしている野球チームのミーティングで話をした内容です。

例えば・・・
家の掃除の手伝いをしてお父さんから「ありがとう」と言われて嬉しかった。
お母さんに「お弁当おいしかったよ」と言うと「ありがとう」と言われた。

人に何かをしてあげて「ありがとう」と言われると、人はまたその人のために何かしてあげたくなるよね。
「ありがとう」というのは特別な言葉で、誰かに「ありがとう」と言われるのは、頑張るための大きな力になる。
「ありがとう」と言われた時の気持ちを思いだして人から「ありがとう」と言われるように頑張ろう。
・・・こんな話をしました。

最近の子は「ありがとう」を言われる機会が少ないように感じます。「ありがとう」と言われる機会を上手につくらなければ・・・と思っています。

営業1課 笠井和茂

 

▲このページの先頭へ

 

痛い経験しました。

2016年4月28日 更新

先日右足親指の骨にヒビが入るケガをしてしまいました。休日に自宅で模様替えの手伝いをしている時、棚を動かしていました。その棚が上下で別れるタイプだっだのですが、それに気付かず何度か移動させたのですが、それまで偶然にも下側を持ち上げていました。そしてついに上側を持ち上げてしまい、一緒に持ち上がった下側の棚がすっぽりと落ち、右足に当たってしまいました。小さなヒビがいくつか入っているとの事で、動かすと痛いですし、添え木のような物で固定したので普通の靴が履けず、2サイズ大きな安全靴をお客様の所に伺う時は履いたりと不自由な事がいくつかありました。 ただこの程度で済んで良かったとも思います。皆様も作業中はもとよりどんな場面に危険が潜んでいるか分かりませんので気を付けて頂きたいと思います。

 

                                                                                                                   営業1課 清 博司

 

▲このページの先頭へ

 

ヒーローズジャーニー

2016年4月22日 更新

エライ昔に習ったのですが、昨今また耳にする事があり思い出しましたのでここで書きたいと思います。

その時は人生や仕事は全て「ヒーローズジャーニー」の理論で成立している。
売れているマンガやゲームのストーリーもこれに沿っている。
とかなんとかで、どこかの偉い講師が仰っていました。
で「ヒーローズジャーニー」なんですが、大まかに説明すると・・・

冒険のスタート
  ↓
最初の小さな試練に衝突する
  ↓
境界を知り冒険が甘くないことを知る
  ↓
境界を越えた所で新しい仲間ができる
  ↓
桁違いの敵が出てきて一回やられる
  ↓
変容・成長する(仲間も順次)
  ↓
最強の武器・呪文を習得する
  ↓
最終BOSSキャラを退治する
  ↓
帰還し故郷に錦を飾る

大体こんな感じですが、ドラゴンクエストやドラゴンボールがイメージできれば良いです。
ちなみに童話桃太郎も遠くはないと思います。
顧客からの共感や理解を得るために全体のストーリーや世界観が入りますよ的な話だったはずです。

営業2課 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

熊本大地震

2016年4月16日 更新

熊本大地震では多くの方々が犠牲となり、ご冥福をお祈りいたします。
東日本大震災では津波による甚大な被害がおきました。
それ依頼、津波に対する整備が各地で行われ、避難法等検討されてきました。
今回の熊本地震では、建物崩壊、地滑り等の被害が多かったようです。
古い家屋が倒壊した映像を見ると、改めて耐震補強の必要性が感じられます。
仕事柄、耐震補強の相談を受ける事があります。
2階建屋が1階を押し潰すのが危険だという説明をするのですが
今回の地震では平屋建ても崩壊しておりました。
鉄筋コンクリート建屋も潰れました。
皆さん、昭和56年以前は耐震基準が甘くなっております。
耐震補強を行いましょう。

建設部 田口茂紀

 

▲このページの先頭へ

 

我が家の一大事

2016年4月7日 更新

今回は以前書きました家族についての話です。まずは長女ですが3月に無事高校を卒業でき進学することになりました。家を離れての暮らしになり親としてはさみしい限りなのですが本人の希望もあり泣く泣く了承をしました。続いては長男ですがこちらも無事中学を卒業しまして高校へ進学します。ダブルの入学に当たり引っ越しや書類の準備等々あり大変でしたがこれからの二人に待ち受けている楽しい生活を送れるよう応援していきます。

がんばれ!                       営業一課   西家公彦

 

▲このページの先頭へ

 

子供が生まれ2カ月

2016年4月1日 更新

子供が生まれ2カ月が経ちました。
夫婦2人の生活が3人となり、日常の中心が子供に切り変わりました。
毎日の生活も慌ただし日々を送っております。
子供が生まれる前は、私が居間でそのまま寝てしまうのが原因の夫婦喧嘩がありましたが
それもなくなり、今は21時には寝室に入り子供を寝かしつけています。
我慢することも多々ありますが、それ以上に楽しい生活が出来ております。
毎日の仕事の疲れも子供の顔を見ると癒される為、充実した毎日を送らせて頂いております。

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

最近のニュース

2016年3月23日 更新

最近ニュース番組を見るたびに耳にするのが、幼児虐待、お年寄りへの虐待というような
耳を塞ぎたくなるような報道が毎日のように放送されています。
なぜこんな事件が多く起きるのか不思議に思います。
お腹を痛めて生んだ自分のかわいい子供、お年寄りだって施設の方を頼って頑張って
生活をしているのに・・・
聞いた話ですが、こういう行動を起こす人は自分もいじめや虐待の経験があったり
食生活にも関係するそうです。バランスの取れていない食事をしていると精神的な
ものが崩れ考え方、言葉使いが乱暴的になるそうです。
いまさらですが、家庭でも社会でも人に接する際は相手の気持ちを思う行動、発言に
気をつけたいと思います。

見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

身に沁みてきた言葉

2016年3月18日 更新

子供叱るな 来た道じゃ 年寄笑うな 行く道じゃ

以前からよく聞いている言葉でしたが、今は身に沁みるように感じます。
最近、たくさんのお年寄りと接する機会がありましたので特に痛感しています。
おぎゃあと生まれてから 今生を終えるまでの人生で ひとりひとりがどの時点で
今生の役目を終えるかが違いますので すべての人に当てはまるわけではありませんが
実際、自分自身も子供の時は 社会のルールも何も訳が分からず 大人の言うこと やることを見ながら それが自分の常識として身についていきます。そんなまっさらな状態からの現在があり、そして その先には 老いが待っています。
簡単に言えば、まわりにいる今の子供たちを見て
自分もそんな時代があったでしょ?だから なんでそんな事も解らない?出来ないの?なんてむやみに叱られたくなかったでしょ? と自分に問う。
そしてお年寄りを見て 自分もこうなるんだよ、そんなことも出来ないの?なんて言えないよね?笑えないよね?と自分を諭す。
知識も経験も積み 体も思う様に動く自分自身を基準に考えるため 時に過去と未来を忘れ
傲慢な態度を取りがちですが、相手の立場に立ち、自分もこうだった、自分も今にこうなると思えば、優しい心と目で接する余裕が出るのかもしれませんね。

総務部 服部素子

 

▲このページの先頭へ

 

ショールームへ行きました。

2016年3月11日 更新

先日、水廻りのリフォームを検討中のお客様に同行しキッチン、ユニットバスを選びに

住宅設備のショールーム3社へ行ってきました。どのメーカーもショールームはとてもきれいで、

展示されている商品もすばらしく、若いアドバイザーの方たちが一生懸命説明をしてくださいました。

その中でも3社目に行ったショールームのアドバイザーの方の説明がとても分かりやすく、

丁寧な言葉遣いはもちろんですが、話すスピードがとても聞き取りやすく感じました。

その流れで、商品も3社目のメーカーで決定し、改修工事もスムーズに気持ち良く始めることができました。

商品の打ち合わせだけの仕事ですが、会社のイメージや契約に繋がる大事な内部の仕事を

感じ良くきちんとされていて、見習わなければいけないなと思いました。

お客様との打ち合わせはもちろん、電話対応や言葉遣いなど、

きちんとした対応ができるよう自分自身も今一度気を付けようと思いました。

                        建設部  森直子

 

 

▲このページの先頭へ

 

インフルエンザ

2016年3月5日 更新

冬から流行る代表的な病気といえばインフルエンザ。
今年も流行しだしているようです。
38℃以上の高熱と筋肉痛の全身症状が現れて、3~7日間経過後、治癒に向かいます。

主に12月から4月にかけて長期間流行し、老若男女問わず感染します。

恐ろしいのが死者数です。
年間の死者は世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。
インフルエンザはしんどいだけでなく、発症すれば仕事を長期で休まなければなりません。
皆さんしっかり手洗い、うがいをして、感染予防に努めましょう。

総務部 芹澤達也

 

▲このページの先頭へ

 

ストレスを溜めない為に

2016年2月25日 更新

最近、悩みがいろいろあります、家・プライベート・会社・金欠・体調etc・・・

 

イライラをどう発散するか?

 

私の場合は、高校からずっと仲良くしてる友達らとよく吞みに行ったりするのですが

その時にみんなでお互いの悩みを話したり聞いたりしてます。

「一人じゃないんだから何かあったら言いなよ」とメールくれたり言われたりすると本当に嬉しいです。

なかなかでないですよね、こんな言葉。

 

もちろん暗い話ばかりでなく、恋愛話・思い出話とか楽しい話もしますけどね。

来月も呑み会があるので今はそれを楽しみに頑張ってます、あとは運動・遠出・ショッピング・今年は三代目コンサート

行けたらいいなとか楽しい事をするようにしてます。

 

100%とは言いませんがストレスの少ない日々を送りたいものですね。

 

                                                     営業部  原田 美穂

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介