地球温暖化

2019年12月16日 更新

スペインで行われていた、第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)、
日本が温暖化対策に後ろ向きだとして不名誉な「化石賞」を2回も取ってしまいました。
この会議は地球温暖化について話し合う会議ですが、話し合いがうまくまとまらない様です。
 来月1月に温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が本格始動しますが、米国はトランプ

大統領が温暖化問題はフェイクだとして来年11月に協定からの離脱を決めています。
オーストラリアは自国の石炭や化石燃料の産業を守りたいので反対に回り、
原発が使えず化石燃料利用から抜け出せない日本も立場を明確にしませんでした。
 いずれにしても、ここ数年異常気象、度重なる台風被害や40℃を超える酷暑等
地球温暖化については目の当たりにしている事実です。
 一人の力は小さくても、何もやらないわけにはいきません。
日々の暮らしの中で照明をこまめに切る。エアコンの温度を下げる、アイドリングストップなど
に心がけ温暖化を防ぐ行動を取っていかなければならないと思います。
そうした草の根の運動が大切だと思います。

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介