人工の月

2018年11月18日 更新

先月16日付の「人民日報」によると、中国は2020年に「人工の月」を打ち上げる予定だそうです。

この人工衛星「月を補完する目的」で設計されており、太陽の光を反射して直径10〜80キロメートルの
範囲を照らすことができるそうです。
その明るさは本物の月のおよそ8倍! 夜の町を夕暮れ時くらいの明るさに照らすことができるそうです。
街灯も必要なくなりエネルギー消費の節約にもなります。
試験はすでに数年前から始まっており、技術的にも成熟段階にあるそうです。

 

なんともスケールの大きい SF映画みたいな話ですが、中国なら本当にやりそうですね~
建前は、あくまで月としていますが何か裏がありそうで…
他国の人工衛星の監視を目的とした基地とか…

総務部 芹澤達也

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介