今月の契り通信

2019年3月28日 更新

今月の契り通信です! Vol.159 2019.3.28 発行!

また新しい年度へ
先週の週末あたりから桜が各地で開花し、今週末が満開になるだろうと予想されています。
暖かくて上着を1枚脱がないと汗をかいてしまう日もあれば、花冷えで冷え込む日もあり、ああ、春が近いのだなと実感する今日この頃です。
また、当社は3月が決算月で、毎年年度末ということもあり物品販売も増え、工事も3月末完工へと忙しい日が続きます。
営業の面々は「最後の追い込みだ。頑張れ!」と私からパワハラすれすれで尻を叩かれて飛び回っています。(決してパワハラではありません。)
そして、何とか1年やってこられたと思ってほっとしているのも束の間、また新たな年度が始まり気をもむ毎日がやってきます。
このサイクルはエンドレスでこれまで15年、そしてこれから退職するまで続きます。
今年度は出だしから比較的順調に推移してきましたが、来年度は改元や参院選のプラス要素と、中国の減速・消費税増税のマイナス要素と、例年に増してどうなるか前が見えません。
来年のこの時期に笑っていられるようにしたいものです。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ ダイナミック・プライシング ◆           
先週の日経ビジネスの特集が「ダイナミック・プライシング」でした。
ウイキペディアによると、-ダイナミック・プライシングとは、同一の商品やサービスの価格を需要と供給の状況に合わせて変動させる価格戦略。動的価格設定や変動料金制ともいう。
- 同一製品、同一価格ではなく、種々の条件により販売価格を変動させる価格政策ということです。
 日経ビジネスの調査では、アマゾンの販売サイトで売られているある商品が1日1回又は2回価格が大きく変動し、さらに同商品のライバルサイトの値動きに連動して動いていて、それもモノによっては2倍も3倍も価格が変動するものもある事を確認しています。
 ダイナミック・プライシングでは、買う側が価格変動に納得することが一番の課題としていますが、季節・天候・曜日・鮮度・人気度・希少価値等で価格が変動するのはまだ納得がいきますが、男女別、年齢、所得などの購入者の属性などで価格差が生じるのは、一般的に余り納得を得ることが出来ない条件としています。
 現在でも、ホテルや旅館などの平日と週末の価格設定、賞味期限直前の食料品の値引き、シーズン売れ残り商品のバーゲン、会員価格等、色々な条件の元価格が変動しますが、航空機のチケットなどは利用する時期・購入する時期・人気・航空会社など様々な条件で価格が変化する最たるものだと思います。
A地点からB地点へ移動するという目的では同じなのに、条件によって何倍もの価格差が生じています。
 先日東京オリンピックのチケット購入に向けID登録をした際、各スポーツと開会式・閉会式のチケット価格を見ましたが、競技によっても、予選~決勝の各段階によっても見る場所によっても価格が違います。 
この様な一物多価の価格設定が身の回りに増えています
 日経ビジネスに掲載されていたアマゾンの価格決定は、AIによりターゲットサイトを巡回し、仕入価格や在庫数なども加味して、自動的に設定されているのではないかと思います。
ケースバイケースで価格を変動させ、できうる限りの利益の最大化を図る。素晴らしいですね。
しかしこれだけのシステムを自社で持つのは難しいですし、我々の様なアナログの商売で、当社とお客様の1対1での取引ではそうそう価格変動戦略は打てるものではありません。
ネット販売などの不特定多数のお客様への販売でなければなかなか許されない戦略だと思います。
大手企業への商品販売においては価格協定を結んで1年や半年に1度の価格交渉があります。
それも基本的にはお客様からの値下げ交渉ですが、材料の市況・燃料費の高騰や為替変動による値上げ交渉もあります。
しかし今後、色々な条件により価格は変わるということが常態化してくると消費者・購買者の意識も少しずつ変わってくるかもしれません。
昔から思っているのですが、世の中のあらゆるモノやサービスの取引において、値下げ競争を辞め世界中皆で「せーの」で利益率をあと2%でも3%でも上げることが出来れば給料も増え、世の中の消費も増える好循環が生まれ、世界中の人間がハッピーになると思うのですがいかがでしょうか?
 そのためには、まず給料を「せーの」で上げ無ければならないですね。

《社員ブログ》

●  感謝の気持ち ●        営業部 加藤翔
先週、デヴィッド・スタインドルラストがTEDトークで行った幸せに関する講演を見ました。その中で、こんな質問を投げかけていました。
「幸せが感謝の心を生むのか、それとも感謝が幸せを生むのか?」
彼の結論は、感謝の心こそが幸せをもたらすというものでした。
ひどく不幸な境遇や難題に直面しながらも、感謝と幸せの心で乗り切った人たちがいることは、私たちの誰もが知っている。
こうした人々は、感謝を実践することで幸せを生み出せるということを示す完璧な手本だ。
現在、ストレス社会、物や情報に溢れた世界にいるとどうしても忘れがちになってしまう感謝する気持ち。
もしあなたが今、毎日にイライラしていたり、ネガティブな感情を抱えているとしたら、この感謝の気持ちを取り戻すことであなたの毎日が変化するかもしれません。
トニー・ロビンズさん曰く「感謝の心を持てば、不安は消え去り、余裕が生まれる」感謝の気持ちがあなたの毎日を変えることは間違いないでしょう。
みんな、どうぞ試してみて下さいね!

GW 10連休 ■
今年のゴールデンウィークは新天皇陛下御即位に伴いカレンダー上は10連休となります。かくいう当社も4月27日~5月6日までの10日間お休みを頂くことになります。
この10日の間に稼働されるお客様におかれましては、生産に支障を来さぬように対応していくつもりですが、特に直接生産に関わる製品につきましては、休暇中の製品供給につきまして、弊社担当にご相談頂きます様お願い申し上げます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介