今月の契り通信

2021年6月28日 更新

今月の契り通信です! Vol.186 2021.6.28 発行!

ワクチンの普及
今年の梅雨入りは早かったですが、雨量はそれほど多いとは感じません。
また、気温も湿度もそれほど上がらずエアコンを掛けるまでには至っていません。
ウェザーニュースの今年の夏の暑さの見通しは、広範囲で平年並か平年よりやや高く、全国的に暑い夏を予想しています。
特に関東など東日本と近畿は平年よりやや高くなる傾向だそうです。
太平洋高気圧が7月始めから勢力を強め、その後より上空にあるチベット高気圧も本州付近に張り出し、高度が違う2つの高気圧が同時に張り出し、上空で重なり合って「ダブル高気圧」となりさらに暑さを増すようです。
さてワクチンも少しずつ浸透してきたようで、当社でも2回の接種を終えた社員が出てきています。
私の住む沼津でも64歳以下への接種券が7月初旬には配られる案内がありました。
60歳~64歳の予約開始は月末になるようですが、順当に予約が取れれば8月中には2回の接種が終わる予定です。
順次下の年代へ接種が進み、早々に平常に近い状態に戻ることを心の底から望んでいます。
早くても鈴虫の声を聞く頃かもしれませんが、来年のお正月には1年半振りに離れていた家族も会える様になると思います。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 ◆ ワクチン接種について② ◆           
新型コロナウイルスワクチンの64歳以下への接種が、企業や大学などで本格的に始まり、100万人/日接種が現実となって来ました。
報道を見ていると若い人ほど接種後の発熱や頭痛などの副作用が起きやすい傾向があり、事前に知識として確認しておく必要があると思います。
93歳の私の母が6月初めに2回の接種を終えましたが、2回とも副作用というようなものは殆どありませんでした。
当社の70歳の社員は、2回目の接種後に倦怠感を訴えていました。
医療従事者で私の友人61歳は、4月に2回目を接種して、肩の痛みと発熱で有給を取って仕事を休みました。
偶然かもしれませんが私の周りでは、年齢が若くなるにしたがって副作用が強く出てきている様です。
日経に掲載された米国疾病対策予防センターの調査で、接種部位の痛みは1回目60~70%、2回目70~80%と、接種部位の痛みはほぼあると思ってよい様です。頭痛は1回目25~27%、2回目40~50%。発熱は1回目10%程度、2回目20~40%と、どの副反応も2回目の方が高くなります。
こうした副反応は接種部位の局所反応や、頭痛・発熱・倦怠感・関節痛・下痢といった全身性の反応は接種翌日が最も多く、1週間後には顕著に減少するそうです。
アレルギー反応は2%程度ですが、重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーは、1万人あたりで2~3人の頻度だそうです。
ただ、ペニシリン系の抗生物質(抗菌薬)では1万人あたり1~5人程度にアナフィラキシーが認められているため、コロナワクチンが他の薬剤に比べて突出してアナフィラキシーの頻度が高いというわけではないそうです。
つい最近の報道では、大半は完全回復しているそうですが、接種後に心筋炎を発症するケースが若い男性の間で出てきているようです。
後、見えない部分では、将来に渡る長期での影響です。
これは何とも言えないです。
接種して何年か経った後の影響もそうですが、将来生まれてくる子供への影響も分かりません。
 ワクチンは強制できません。
打たないことで周りから厳しい目で見られることもあるかと思います。
せめて集団免疫が出来ると言われている7割以上の方が接種してくれることを望んでいます。
 そんな中で、国が接種促進のため、1000人以上の団体にも集団接種を許可しました。
当社がある沼津卸商社センターでは、組合企業の従業員・家族を合わせて1000人を越えるので、この集団接種を模索してきました。
ところが先日急にこの接種の受付は6月25日5時までという通達があり、これまで接種体制を整えるために医療関係などへ交渉してきた担当部署では寝耳に水状態で、一時はこれまでの努力が水泡に帰してしまうかと思いましたが、幸い何とかギリギリで申請は間に合いました。
国も大変なのはわかりますが、もう少し丁寧な運営をして頂きたいと思います。

《社員ブログ》

● 建設部 杉山哲朗 ●
「今年度6月1日より入社致しました、杉山哲朗と申します。
建設部の配属となりました。
簡単ではありますが自己紹介をさせて頂きます。
昭和45年生まれの51歳、静岡県沼津市の出身です。
前職では運送業に携わっておりました。
これまで人生の中で出会った方々との時間が財産と考えております。
今後もできる限り大切にしたいと思っております。
最近の楽しみは、もっぱら下手なゴルフになりましたが、コロナ禍になる前は独りディズニーで思う存分リフレッシュしていました。
独りでというと寂しいおじさんと思われるでしょうが、私は大人の楽しみ方と都合よく捉えています。
携わる業種が変わるということで、不安はありますが先輩の皆様には大変親切に指導して頂いており、一日も早く貢献できるよう努力してまいります。
皆様にはご迷惑をお掛けすることも多々あると思いますが、精一杯頑張らせて頂きたいと思いますので、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。

■ 冷風扇 ■
数年前にも掲載しましたが、冷風扇とは、水が蒸発する際に気化熱を奪うことを利用した簡易な冷房装置のことです。
長所は〇水を用いる為、環境に優しい。〇消費電力や騒音が小さい。〇体に優しい涼しさになる。 
短所は〇水の気化を伴うため湿度が上昇し、かえって蒸し暑くなることもある。
〇冷却能力が小さく部屋全体を冷却出来ない。等々
冷媒を使わないので環境に優しい冷風扇。
SDGsの目標を達成する為にも有効なものだと思います。
暑くなる前にご購入を検討されてはいかがでしょうか。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ