保育園

2017年10月13日 更新

最近娘を保育園に送り迎えするようになりました。
送り迎えするのに色々と持って行く物、しなければいけないことがあります。
初日は先生に聞きながら行いましたが、なかなか覚えられず園に迷惑を掛けてしまいました。
また迎えに行くのが遅くなった時に先生に抱っこされている子供が私を見ると一目散に抱きついて来た時はいつも以上に愛おしく思いました。
寂しい思いもさせますが、友達や先生と楽しい時間を過ごしてもらいたいと思います。

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

O157感染影響

2017年10月4日 更新

O157に関するニュースを最近耳にします。
その影響だと思いますが何社かのスーパーのお総菜売り場や魚売り場が変わりました。
トングの清潔な物を使用してもらう為に「トングは1時間ごとに変えてます。」とか

「使用済」の入れ物が設置されたりしてました。
徹底しているスーパーでは今までお総菜を自分で取って量り売りだったのが、お客さんが

困らないよういろいろな数量で全部パック入りになってしまったスーパーもありました。
お店もお客様に信用される為に大変だなと思いました。
私も接客対応や電話対応などでお客様に信用されるよう努力したいと思います。

建設部 見村和美

 

▲このページの先頭へ

 

白寿のお祝い

2017年9月26日 更新

先日私の祖母の99歳白寿のお祝いをしました。

子供、孫、ひ孫、玄孫まで30人程集まり皆で食事会をしました。

祖母は、自分の足で歩き、食事もたくさん食べ(ステーキを完食していて驚きました)

ビールも飲み(お酒を飲む姿を始めてみたので驚きました)とても元気でした。

親戚一同顔を合わせるのも久しぶりだったので、会話も弾み、楽しいひと時でした。

来年の百寿のお祝いもできるよう、元気に過ごしてほしいです。

建設部 森直子

 

▲このページの先頭へ

 

2017年9月26日 更新

今年の5月に初孫が誕生しました。かわいくて愛おしくてたまりません。

毎日 娘夫婦が日々の成長を写真や動画にして大量に送ってくるので
毎日の生活で疲れた心身に 癒しのパワーをもらっています。
体調が思わしくないと 時々弱気にもなりますが
一生懸命生きている孫を見て 自分にファイト!と喝を入れています。

総務課 服部素子

 

▲このページの先頭へ

 

ホンダ、マクラーレンと決別!

2017年9月19日 更新

9月15日、マクラーレン・ホンダは今季限りでの提携解消を発表しました。
F1復帰から3年目を迎えても、なお一向に性能の上がらないホンダに業を煮やした

マクラーレンが絶縁状を叩きつけたようなものです。
1988年、マクラーレン・ホンダは16戦中15勝という圧倒的な強さを見せつけました。

かつての輝かしい栄光をしるファンとしては残念でなりません。
ホンダの創業者の心意気「ホンダDNA」を失ってしまったのでしょうか…

 

撤退はなくホンダは来年から別チーム(イタリアのトロロッソ)へエンジン供給するそうです。
来年からはホンダ一丸となって奮起し「世界のホンダ」「ホンダDNA」の復活に期待したいです。

総務部 芹澤達也

 

▲このページの先頭へ

 

夏風邪?かわかりませんが・・・

2017年8月30日 更新

8月の初日からですが、2~3週間調子悪い日が続きました。

 

まず、一週間位熱が頓服薬を飲めば下がりますが一時的なもので、効き目がなくなるとすぐ上がるという状態が続きました。

その後、熱は上がらないようになりましたがせきがよく出る日が続きました。食欲もなかったです(痩せませんが・・・)

 

おかげで夏休みに2~3ヶ月前から予定していた成人式ぶりに会う約束していた同級生にも会えず、他にもいろいろ予定してた事もできなくなりショックでした。

 

病院に行っても熱中症でもなく夏風邪かな?点滴もして血液検査もしましたが特に原因もなく、

あとはストレスとかもあるからね(またか・・・)と言われ・・・

 

自分で気をつけるとしたらもう単純ですが、手洗い・うがい・汗かいてそのままにしない・睡眠(確かにぜんぜん寝れない日もかなりある)・悩みをかかえない(相手次第だし無理)

仕事も迷惑かかるし楽しみも減るので精神的にも本当に苦しかったので皆さんも気を付けてもらいたいと思います。

 

                                             営業部  原田 美穂

 

▲このページの先頭へ

 

今月の契り通信

2017年8月29日 更新

今月の契り通信です! Vol.134 2017.8.29 発行!

製造業の国内回帰
迷走台風や連日降雨の新記録など、8月は青空をどれくらい見たでしょう。
立秋を過ぎ暦の上ではもう秋ですが、未だに蒸し暑い日が続いています。
二四節季では8月の後半に「処暑」となります。
「処」とは止まるという意味で、例年この時期から本州当たりでは熱帯夜から解放される日が多くなり、朝晩も過ごしやすく、秋の虫もさえずり始める時期です。
しかし異常気象のここ数年は当てはまらないようです。
さて新聞の記事に、「日本企業が海外の現地法人から輸入する製品の金額は1年半前より13%減った。
円安と中国の人件費上昇で、コスト面での強みが薄れて、生産の過度な海外移転に歯止めがかかってきた。」と報じていました。
ここ何年かの間に、当社のお客様も国内工場を閉め国外へ生産の拠点を移してしまった会社は1社や2社ではありませんでした。
結果それまであったお取引がある日全く無くなってしまう。
また、工場は残っても、規模を縮小しほとんど国内で予算を使わなくなってしまう。
と言った事が多くありました。
製造業の国内回帰。
この状況が定着してくれればと思います。

代表取締役 服部厳一郎

なんだ・かんだ  

 

◆ デジタル遺品 ◆           
日経新聞に「大終活時代」というテーマで「あなたはパソコン、スマートフォンを残して死ねますか」という記事が載っていました。
ここ最近私が思い悩んでいる難題がそのまま記事になっていたのには驚きました。
やはりかなりの方が同じ悩みを持っていらっしゃるのでしょう。
パソコンなどに保存している、写真・動画、メール、ネット銀行のIDやパスワードなど、個人情報にかかわるデータを「デジタル遺品」というそうです。
このデータを自分が死ぬ前にどうすべきかが問題です。
デジタル遺品について、パソコンのIDやパスワード、消してほしい写真やメール、その保存場所等を1冊に細かくまとめてみようと思うと、「書き出すパスワードが多く、写真データは膨大で取捨選択も難しい」。となかなか書き込みが進まないそうです。
そしてデジタル遺品は「写真やメールより、交流サイト(SNS)や有料コンテンツの方がやっかい」ということです。
SNSのアカウントなどは、死後も本人のもで、基本的には相続や譲渡はできない。
無料対話アプリ「LINE」は、規約でアカウントを「一身帰属」と定め、身内がアカウントを消せるが、手続きは煩雑だそうです。
こういったサービスの多くは、死後の扱いを想定していない様です。
更に頭を悩ませるのは、「家族にも知られたくないデータ」です。
同時に、遺族にしてみれば「知りたくなかった」データかもしれません。
翻って自分のデジタル遺品について考えてみると、インターネットで利用しているサービスのIDとパスワードだけでも相当あります。
アマゾン等の買い物サイト、銀行の口座、その他の金融関係、ストレージ(ネット上のデータ保存場所)、携帯電話、カード、お財布携帯、新聞のネット版等々挙げだしたらきりがありません。
フェイスブックやLINEのトークの中には、飲み屋のお姉さんからのメッセージまで・・・。写真に至っては大量にあります(なんせ携帯電話で撮った写真は自動的にネットに保存されてしまので)。
おまけに私の場合は、会社関係のデジタル遺品もこれにプラスされます。
性格にもよりますが、往々にして人は年齢を重ねるごとにものが捨てられなくなり、「もったいない」「何かのために取っておきたい」という理由で、ものがどんどん増えてしまいがちになるようです。
ゴミ屋敷とまでは言いませんが、身の回りにどれだけ不要なものが溢れていることでしょう。
特に物理的な場所を取らないパソコンの中身は加速度的に増殖しています。
やはり生前整理、断捨離が必要です。
自分が死ぬ前に不用品の処分や財産の整理を行い、自分の死後に相続のトラブルなどが起こらないように、死後明かされる不必要なもの、パンドラの箱は残さないようにしなければなりません。
年を取れば取るほど、整理整頓をする体力や要不要の判断力が落ちてきます。
また、不要なものに囲まれている環境は、快適とは言えません。
そして、自分が死んだ後のことを不安に思いながら生活していかなければならないのも楽しくありません。
身の回りをきれいにする。
シンプルライフへの移行が必要です。

《社員ブログ》

  ● 好調 鯉が止らない ●       建設部 大高茂紀
8月に入りカープが好調です。
そういえば、今から一か月前は竜王戦決勝トーナメント、佐々木勇気5段 対 藤井聡太4段が中継されていました。
以前から藤井4段は終盤はもちろん、序盤・中盤も強い。と聞いてはいましたが、今回対戦の佐々木5段は高校生で4段プロデビュー。
藤井4段の連勝を止めるには、格好の存在と思い注目はしていました。
その時のカープはマツダスタジアムで中日戦。先発の大瀬良がピリッとせず序盤は苦労しました。
初回に3点先制され、さらに5回に1失点しランナーを貯めた所での交代。さすがに、大瀬良の連勝も、マツダスタジアムでの中日連勝も止まるかと思ってましたが、8回裏、誠也の逆転3ランがレフトスタンドに入って、見事な寄せ。終盤の強さが際立った試合でした。
一方、夜遅くまで続いていた竜王戦。棋士は個人事業主だから中学生でもOKだそうですね。
過去に、歌番組への出演が嫌だから労働基準法を持ち出した伊藤つかさを思い出しましたが、この夜に藤井4段の連勝記録が止まりました。
私の気分としては、今の好調のカープとそれまでの藤井4段の快進撃を称えると、矢沢永吉の「止まらないHa-Ha」にのっけてみると非常に分かりやすく、マツダスタジアムのカープは試合パフォーマンスなど、矢沢永吉並のスゴさを感じています。
9月初旬には首位確定となるでしょうか?

  ■ 危険物倉庫の新設 ■ 
8月から当社の敷地内において危険物倉庫の新設に掛かっています。
敷地内駐車場の一部に建てるのですが、社有車の駐車台数が減るので、先ずは40年ほど前に増設した倉庫を解体し、駐車場を作るところから始めています。
実際の危険物倉庫の建設工事は来月半ば以降からとなります。
工事中来社頂く方にはご迷惑をお掛け致しますがご容赦願います。
塗料や溶剤の扱い量の増加や切削剤などドラムで在庫する事が増えた事が新設する理由です。
危険物貯蔵は規制が厳しく、近頃は企業の遵法について問われる時代です。
コンプライアンスにもお金が掛かります。

  ※この契り通信は、毎号FAXで送付させていただいております。ご希望の方はこちらまで!

 

 

▲このページの先頭へ

 

契り通信 バックナンバー

2017年8月29日 更新

今までの契り通信です。どうぞご覧下さい!

 

Vol.136
2017.4.26

Vol.137
2017.5.29 
 Vol.138
2017.6.28
Vol.139
2017.7.28 

 Vol.140

2017.8.29

Vol.131
2016.11.29

 Vol.132
2016.12.26
Vol.133
2017.1.27 
Vol.134
2017.2.27 
 Vol.135
2017.3.29

Vol.126
2016.6.29

 Vol.127
2016.7.29
 Vol.128
2016.8.29
Vol.129
2016.9.27 
 Vol.130
2016.10.29

Vol.121
2016.1.29 

 Vol.122
2016.2.29
 Vol.123
2016.3.29
 Vol.124
2016.4.29
Vol.125
2016.5.29 
Vol.116
2015.8.28
 Vol.117
2015.9.25

Vol.118

2015.10.29 

Vol.119
2015.11.30 

Vol.120
2015.12.26 

Vol.111
2015.3.26

 Vol.112

2015.4.30

 Vol.113
2015.5.26

Vol.114
2015.6.29

 Vol.115
2015.7.27
Vol.106
2014.10.29

 Vol.107

2014.11.29

 Vol.108
2014.12.26

 Vol.109

2015.1.29

Vol.110
2015.2.27 
Vol.101
2014.5.29 
Vol.102
2014.6.27 

 Vol.103
2014.7.28 

Vol.104
2014.8.28 
Vol.105
2014.9.29
 Vol.96
2013.12.25
 Vol.97
2014.1.29

 Vol.98
2014.2.26 

Vol.99
2014.3.29 
Vol.100
2014.4.30 
Vol.91
2013.7.29
Vol.92
2013.8.29
Vol.93
2013.9.30
Vol.94
2013.10.30
 Vol.95
2013.11.29
 Vol.86
2013.2.28
 Vol.87
2013.3.27
 Vol.88
2013.4.30
 Vol.89
2013.5.29
Vol.90
2013.6.29
 Vol.81
2012.9.29
 Vol.82
2012.10.29
 Vol.83
2012.11.27
 Vol.84
2012.12.26 
 Vol.85
2013.1.29 

Vol.76
2012.4.29

 Vol.77
2012.5.29

Vol.78
2012.6.28

 Vol.79
2012.7.28

 Vol.80
2012.8.29

Vol.71
2011.11.29

 Vol.72
2011.12.26

 Vol.73
2012.1.29

 Vol.74
2012.2.27

 Vol.75
2012.3.27

Vol.66
2011.6.28

 Vol.67
2011.7.29

 Vol.68
2011.8.29

 Vol.69
2011.9.29

 Vol.70
2011.10.26

Vol.61
2011.1. 24

 Vol.62
2011.2.27

 Vol.63
2011.3.28

Vol.64
2011.4.28

 Vol.65
2011.5.30

Vol.56
2010.8.31

 Vol.57
2010.9.27

 Vol.58
2010.10.28

 Vol.59
2010.11.29

 Vol.60
2010.12.25

Vol.51
2010.3.30

 Vol.52
2010.4.26

 Vol.53
2010.5.29

 Vol.54
2010.6.28

 Vol.55
2010.7.27

Vol.46
2009.10.27

 Vol.47
2009.11.27

 Vol.48
2009.12.27

 Vol.49
2010.1.26

 Vol.50
2010.2.26

Vol.41
2009.5.26

 Vol.42
2009.6.27

 Vol.43
2009.7.31

 Vol.44
2009.8.27

 Vol.45
2009.9.28

Vol.36
2008.12.24

Vol.37
2009.1.26

Vol.38
2009.2.26

Vol.39
2009.3.26

 Vol.40
2009.4.28

Vol.31
2008.7.28

Vol.32
2008.8.28

Vol.33
2008.9.30

Vol.34
2008.10.30

Vol.35
2008.11.27

Vol.26
2008.2.25

Vol.27
2008.3.26

Vol.28
2008.4.28

Vol.29
2008.5.28

Vol.30
2008.6.25

Vol.21
2007.9.29

Vol.22
2007.10.30

Vol.23
2007.11.26

Vol.24
2007.12.22

Vol.25
2008.1.28

Vol.16
2007.4.24

Vol.17
2007.5.31

Vol.18
2007.6.28

Vol.19
2007.7.27

Vol.20
2007.8.29

Vol.11
2006.11.27

Vol.12
2006.12.26

Vol.13
2007.1.29

Vol.14
2007.2.24

Vol.15
2007.3.23

Vol.06
2006.6.29

Vol.07
2006.7.29

Vol.08
2006.8.29

Vol.09
2006.9.25

Vol.10
2006.10.30

Vol.01
2006.1.5

Vol.02
2006.2.22

Vol.03
2006.3.29

Vol.04
2006.4.24

Vol.05
2006.5.29

 

 

▲このページの先頭へ

 

ソニー創業者・盛田昭夫が53年前に提唱した「働かない重役追放論」の話し

2017年8月22日 更新

 

ソニー創業者の盛田昭夫は、1960年、米国にソニーの現地法人が設立されると同社社長に就任し、アメリカで数年間暮らした。
 その盛田が、53年前の1964年に先進的なコーポレートマネジメント論を発表していたので紹介します。
盛田はアメリカの企業と日本の企業とが質的に違うことに気がついた。
アメリカの企業というのは営利団体であるが、日本は違う気がする。
アメリカ企業は社員の成果を評価することが基礎になっているのに対し、日本では、
大きな間違いさえしなければ、みな同じように年功で上っていく仕組みになっており、
一見営利団体のようではあるが、中身は社会保障団体のようなものだというのである。
日本人は地位が高くなればなるほど働かなくなる、といわれる。
平社員から係長、課長、部長、取締役と「位」が上がることは、だんだん神様に近づくという考えである。
ところがアメリカでは、会社に「職種」はあっても「位」というものはあまりない。
日本のように係長、次席、主任、補佐、課長などといった「位」はなく、
ゼネラル・マネジャー(総支配人)、マネジャー(管理者)、クラーク(事務員)の段階
しかない。
仕事をするにはそれで十分だ。
 アメリカでは平社員は時間になればサッサと帰り、土曜日も休むのが普通だ。
しかし重役クラスの人は毎日遅くまで残って仕事をし、土曜日でも出勤する人が多い。
 盛田の言った通り、今日、多くの日本企業は外国企業との競争に負けた。
米国や欧州の企業だけでなく、韓国、台湾、中国の企業にも追い抜かれた。
日本のカイシャで出世するなら、求められるのは「成果」より「忠誠心」。
短時間で多くの利益を稼ぐ者より、だらだらとオフィスに長くいる者が評価される。

建設部 勝山弘隆

 

▲このページの先頭へ

 

好調 鯉が止らない

2017年8月8日 更新

 8月に入りました。カープが好調です。そういえば、今から一か月前は竜王戦決勝トーナメント、佐々木勇気5段 対 藤井聡太4段が中継されていました。以前から藤井4段は終盤はもちろん、序盤・中盤も強い。というように聞いてはいましたが、今回対戦の佐々木5段は高校生で4段プロデビュー。藤井4段の連勝を止めるには、格好の存在と思い注目はしていました。

 その時のカープはマツダスタジアムで中日戦。先発の大瀬良がピリッとせず序盤は苦労しました。初回に3点先制され、さらに5回に1失点しランナーを貯めた所での交代。さすがに、大瀬良の連勝も、マツダスタジアムでの中日連勝も止まるかと思ってましたが、8回裏、誠也の逆転3ランがレフトスタンドに入って、見事な寄せ。終盤の強さが際立った試合でした。

 一方、夜遅くまで続いていた竜王戦。棋士は個人事業主だから中学生でもOKだそうですね。過去に、歌番組への出演が嫌だから労働基準法を持ち出した伊藤つかさを思い出しましたが、この夜に藤井4段の連勝記録が止まりました。

 私の気分としては、今の好調のカープとそれまでの藤井4段の快進撃を称えると、矢沢永吉の「止まらないHa-Ha」にのっけてみると非常に分かりやすく、マツダスタジアムのカープは試合パフォーマンスなど、矢沢永吉並のスゴさを感じています。9月初旬には首位確定となるでしょうか?。

建設部 大高茂紀    

 

▲このページの先頭へ

 

安全運転管理者講習

2017年7月31日 更新

 先日、安全運転管理者講習に参加しました。 

 安全運転管理者とは、道路交通法に基づき、一定以上の台数の自家用自動車を保有する事業所において、運行計画や運転日誌の作成、安全運転の指導を行う者。年一回の講習参加が義務付けられている。 なお、事業用自動車については、運行管理者制度がある。

 

 交通事故はいつ起こるか本当にわかりません。自分だけは大丈夫という思いが危険な事故につながります。

 その為にも「安全運転」はドライバーや周りの人にとっても基本のマナーになります。運転するときの心掛けしましょう。

営業部 

 

▲このページの先頭へ

 

高校野球静岡大会

2017年7月28日 更新

先日26日に、高校野球静岡大会 決勝が行われました。
28年ぶりに日大三島が甲子園かと強打の藤枝明誠との試合でした。
やはり東部の高校が残っていると、凄いなと応援したくなります。
結果は負けてしまいましたが、ノーシードで決勝までよく勝ち上がってきたと思います。
近年では、よく勝ち残っている強豪とイメージがついてきました。
来年こそは甲子園の切符を獲得してほしいです。

甲子園大会も8月7日から始まります。
球児の全力プレーに負けないくらい、私も日々の業務に全力プレーでいきたいと思います。
皆様、宜しくお願い致します。

営業部 川口真太郎

 

▲このページの先頭へ

 

暑さ厳しい夏の到来

2017年7月26日 更新

 いよいよ暑さ厳しい夏の到来です。梅雨も明け、急激に気温が上昇して来ました。湿度が70%を超える日もあります。外勤の方はもちろん、内勤の方も熱中症には十分気をつけ内勤の方はエアコンが効いているからと安心せず、こまめに水分補給(出来れば塩分を含んだ物)をして下さい。意外と室内にいて熱中症になる方が多いそうです。現場に出ている方は自分だけでなく作業をされている方の体調変化にも目を向けましょう。無理をせず休憩時間をしっかり取る事も大事だと思います。十分気をつけて暑い夏を楽しく過ごしましょう。

建設部 土田 晃

 

▲このページの先頭へ

 

入園に向けて

2017年7月25日 更新

来年4月から子供が幼稚園に入園するため、現在入る幼稚園を検討中です。
入園させようとしていた家の一番近くの園は残念ながら昨年度閉園してしまったため、
少し離れた数園の中から検討しています。
実際に幼稚園の広場開放にあわせて訪れて園の大きさや雰囲気を実際に見て先生方の説明を聞いています。
そこでは先生たちが自分たちの園の雰囲気を伝える資料を作り、説明もして頂きました。
遊びメインか学びや礼儀作法がメインかみんなで騒ぐか大人しいかというように
それぞれの園には特徴があり、やる内容も異なるため選択が難しく思います。
我が子は私に似て行動し始めるのに時間がかかることが多いので
こっちに入れたら合いそうだけど、こっちに入れたほうが刺激になりより成長するのでは
と思い悩んでおります。
その中で、入園という目標に向かい何もわからないところから幼稚園1つ選定するために、
情報収集をして決定するということに、仕事に通じる部分を感じました。
仕事においてもお客様に合った商品を選定して頂くため
多く特徴や情報を得て提案し、1つを選んで購入して頂くということに似ているかと思います。
いずれかの商品がお客様の要求するものに合致する決定打を見つけられればと考え今後も行動していきたいと思います。
まだ幼稚園の選定には2か月ほどあるのでよく検討し子供に合う決定打を探したいと思います。

営業部 河口祐一郎

 

▲このページの先頭へ

 

第99回全国高等学校野球選手権大会

2017年7月4日 更新

7月8日に夏の選手権大会がいよいよ開幕します。
高2の次男も地元公立高校の野球部に入部し日々、練習に
明け暮れています。息子の高校は3年生が3名と少なく2年生が
中心のメンバーです。今まで頑張ってきた3年生のためにもまずは
初戦突破してもらいたいと願っております。

営業1課 笠井和茂

 

▲このページの先頭へ

 

オープンキャンパスに行って来ました。

2017年6月30日 更新

 この週末、横浜の大学のオープンキャンパスに次男と一緒に行ってきました。一応受験候補の大学の内のオープンキャンパスの一発目だったので、今後の参考になるかなと思い行ってきました。長男は自宅から大学に通っているので、子供が
家を出るという事が初めてになり、今からもう色々と不安になったりします。当日は、学校内の様子をぐるりと回り、学部説明会に次男を置いて、自分達は相談コーナーで、近隣のアパートの相場や仕送りはどれ位が目安になるのかとか、お金に
関した事柄を聞いて、ただただため息が出るばかりでした。子供には自分の行きたい大学で、勉強したい事を好きなだけ
勉強してもらいたいとは思いますが、出来れば国公立の大学に入ってもらえれば なというのが正直なところです。
今回の大学は様子見程度で、これから7月・8月で4・5校オープンキャンパスに行く予定だそうです。次男にはしっかりと見て回り、それぞれの大学の違いを感じ、自分に合う大学を見つけてもらいたいと思います。
 
                                                                                                            営業部1課 清 博司

 

▲このページの先頭へ

 

「○○な人達」

2017年6月22日 更新

時間にルーズで計画性が無く、期限を守れない

失敗しても反省しない・謝れない・学べない
失敗を恐れ一人で解決しようとし、失敗して一人で傷つく
大切な事ほど早口で話す
自分で考えない自分から動かない、いつも指示待ち
自己防衛本能が強くプライドが高い
人の話を聞かない、本を読まない
妬む嫉む僻む
代案が無いのに否定はする
いつも出来ない理由を探している

 

営業部 村田拓也

 

▲このページの先頭へ

 

ウォーキング

2017年6月13日 更新

 

私の住む所から約500m位にウェルピアながいずみがあります。

最近夜な夜なそこまで行きウォーキングをしております。

ウォーキングは歩くだけで血液が体中を活発に駆け巡り内臓の機能を高めますので

自分のペースで無理せず楽しめます。フォームは視線は進行方向、腕はリラックス、

腹部をひきしめ、背筋を伸ばし、普段より少し広い歩幅でかかとからつける。

これが良いそうです。

ウェルピア内の長泉健康公園から駿河平入口コース、距離3.7km歩道も整備され爽快で

安全なコースがあります、一度行ってみようと思います。

                           営業一課   西家公彦

 

▲このページの先頭へ

 

小説太平洋戦争

2017年6月12日 更新

 昭和46年に刊行された山岡荘八氏の「小説太平洋戦争」が最近新装された物を読んでいます。日本が何故開戦してしまったのか、南西洋で如何にして玉砕したのか、世界一の規模と装備を持った戦艦大和が如何にして撃沈したのか、特攻について等、当時従軍記者として各地で実際に見てきたこと、後に判明したことが書かれています。

 

 フィリピン・サイパン等の戦場で、日本兵は、弾薬も尽きてジャングルに潜んでゲリラ活動をするなか、アメリカ軍は数十倍の人員と兵器で、日本兵の潜んでいそうな塹壕を火炎放射器で焼き払いながら進軍していきます。しかし5時になるとどんな状況にあろうと、進軍をやめてキャンプに引き返す。同じようなことが山崎豊子氏の「二つの祖国」にも書かれていますが、日本兵は5時になると今日も生きていたと安堵したようです。

 

 戦争を、仕事のように計画し実行していたアメリカと総玉砕を考えてしまった日本との違いは何だったのか「・・どんなことをしても生き残って・・」というのは当時の軍隊内の常識ではなかったようで、そんな時代があったことを再認識させられます。

営業部 影山裕久

 

▲このページの先頭へ

 

子供の成長

2017年6月2日 更新

子供が生まれ1年4カ月が経ちました。
不安定ながら歩き出し、私がトイレに行くのにも付いて回ります。
1日1日成長していくのが分かり、毎日帰るのが楽しみです。
我が子が泣いてあやす時は、私の両親の顔が浮かびます。
仕事で疲れている時や、眠い時も笑顔であやしてくれたのかと思うと感謝の気持ちでいっぱいになります。
両親に支えられて生きてきて、これからは自分が家族を支えていかなくてはと感じています。
子供の成長のスピードには及ばないかもしれませんが、私も日々成長していきたいです。

建設部 松江和己

 

▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介