「仕事がデキる」と言われる上司

2016年12月6日 更新

「仕事がデキる」と言われる上司が、自然にやっている9つのこと
が掲載されていましたのでご紹介しておきます。

1. 細かいことまで全て管理しようとしない
細かいやり方などは部下に任せて、大きな方針が間違っていないかをチェックするのが、デキる上司。

2. 良い仕事を褒める時間を取る
デキる上司は、部下を褒めたり、仕事の良い点を共有することが、長期的にはチーム全体の質を高める、ということをよくわかっている。

3. チームみんなの話をよく聞く
「話を聞いてもらえている」と、相手に感じさせることが重要です。

4. 自分の時間をちゃんととって心も体も健康に
デキる上司は、仕事にちゃんと向かうために、心も体もスタミナいっぱいの状態にすることが大切です。

5. 自分の評価を受け入れる
「デキる上司」は、自分の至らない点があったら、それをきちんと受け入れます。

6. それぞれの仕事の工程を把握している
良い上司ほど仕事を頼む相手がどうやってそのタスクをこなしているか、どのくらい大変なのか、理解しようと試みて、そのために時間を割く。

7. 建設的な議論ができる環境をつくる
大切なのは、みんなが意見を言いやすい雰囲気を作ること。

8. 明確なビジョンを声に出して伝える
良い上司であれば「大きな目標の、今ここにいるんだよ」ということを伝えて、みんなのモチベーションを高める努力する。

9. みんなが「楽しい」と思える時間をつくる
チームの人間関係は大切で、そこにいることが楽しいと感じられることが重要です。

 

建設部 勝山弘隆

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介