人生ストレスとの戦い

2016年5月16日 更新

私は、約6年前眼瞼麻痺を発症し交通事故を起こし営業職から外れ内勤になりました。
眼瞼麻痺とは。自分の思い通りに瞼がコントロール出来なくなる病気です。

その後富士市の脳研病院に行ったところ脳には異常がなく別の富士市の神経内科の病院を
紹介されジストニア(眼瞼麻痺)と診断され薬を服用し眼瞼麻痺は、治った様子でしたが

今度は、首が斜めに引きつるジストニア(痙性斜頸)になりました。
それからは、近隣の大学病院へ行きましたが、見解はどこも同じでがっかりしました。

薬の量を増やし品数も増やしてからは、首が斜めに引きつるのは。改善しましたが、現在は薬がないと顎が後ろに引きつる様になりました。

毎月1回病院に足を運ぶのですが、医師に言わせると、手の施しようがなくストレスが原因とも
言われていますが原因は不明です。

それが影響して首の関節が痛むようになり右手がしびれ右手で文字が書きづらくなっています。

首の関節を治す為には手術が必要で1ヶ月の入院と1ヶ月の自宅療養が必要だそうです

そもそもこのジストニアと言う病気は、ストレスが原因とされています。
ある大学病院では、「仕事をしばらく辞めてみては」とも言われましたが簡単に出来る事では
ありません。
とりあえず今はストレスを、減らす意味で任期満了のPTA会長を下り、延5年間続けた
生涯学習会部長・副会長を辞任して町内の町づくり協議会も辞任しストレスを減らすことにしました。

皆さんストレスは溜めずに趣味や運動で発散しましょう。

 

                                 営業部 中島 真二

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介