手入れ保管のしかた

2015年8月11日 更新

  お手入れ保管のしかた
  ① 日常のお手入れ
   ●運転終了時、電源オフを押すと自動で40分空回し(ファンだけ回)をします 
 水気が残っている場合は、さらに空回しをして下さい。
 ウオータータンクに残った水はドレンバルブを開き、水抜きをしてください。
 (タンク の水を数日間放置すると水が腐敗し、異臭の原因となります)
   ●ダストネットフィルターに埃が付いたら清掃して下さい。(引き抜いて掃除機で 埃を吸い    取るか、汚れのひどい場合は中性洗剤で洗い水道水で濯いで下さい)
   ●ウオータータンクとクーリングパッド(冷却用紙フィルターASSY)は毎月洗って下さい。

 (電源コードを外し、ダストネットフィルターを抜き取り、プラスドライバーでビスを3本外   すとクーリングパッドが外れます。水道水で流し洗いして下さい。強く擦ると破損します   ので注意!)
  メンテ
  ② シーズンオフに長期使用しない場合
  ●ウオータータンク及びクーリングパッドを水道水で洗ってから組み付けて、ファンを回して   完全に乾燥させます。(湿度にも依りますが約3時間)
  ●リモコンの乾電池を抜いて保管し、本体にビニールカバーを掛けて来シーズン まで保管   して下さい。
  ③ クーリングパッド(冷却用紙フィルターASSY)は3シーズンご使用毎に 全面取り替える      ことをお勧めします。

 

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介