ピグマリオン効果とゴーレム効果

2014年11月26日 更新

1. ピグマリオン効果とは、

期待をされた人ほどその通りの成果を出せる、という説のことであり、60年代、米国の教育心理学者ローゼンタールが説いたものです。

家庭や学校、職場などでも、「君はこんないいところがある。だからきっと伸びていくよ」と応援されてきた人ほど、ぐんぐん能力を伸ばしていく例をよく見聞きすると思います。相手の可能性を信じ、「必ず伸びる」と応援してあげれば、本当にそのとおりになる。

と言うことは見たことが有ると思います。

 

2. ゴーレム効果とは、

期待されないで「お前はダメだ」と言われ続けていると、その言葉通りに成績が下がったり、能力が落ちてしまう、と言う説のことです。

学校でも職場でも家庭でも、私たちの周りには、こんなネガティブなメッセージがあふれています。
私たち人間もこんなネガティブなメッセージを一つかけられるだけで、自信が消えて「何もできない人」になってしまいます。

 

3. 現実には、

ピグマリオン効果を受けて能力を開花できた人などほんの少しで、ゴーレム効果で育てられてきた人の方が圧倒的に多いのが現実なのかもしれません。
それは、親や教師、上司などの指導者世代がピグマリオン効果を体験していないからではないでしょうか。
自分自身がほめられていないと、相手の可能性を信じ、認める言葉など言えるはずがないのです。

 

4. 言葉一つで、人は変わります。
子供や部下に活躍してもらうためにも、親や上司に方々には、ぜひ相手をポジティブに見て、自信を持たせる言葉のかけ方を意識していきましょう。

 

建設部 勝山弘隆

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介