食生活での暑さ対策

2014年7月14日 更新

 先週の台風が過ぎてから暑い日が続き、夜クーラーを利用して睡眠される方も多いかと思います。
しかしあまりクーラーに頼りすぎた生活をすると、外出した時に体のだるさを感じてしまいます。
暑さ対策として食事で気軽に実行できる暑さ対策を紹介させて頂きます。
食事を夏野菜中心にすると水分やカリウムを豊富に含んでいるので
体にこもった熱を外に放出し体を冷やしてくれる効果があるとのことです。
代表としてはトマト、きゅうり、なす、とうもろこし、ピーマン、ゴーヤ等です。
これらを摂ることで、夏バテによるだるさや夏風邪を未然に防ぎ
体にこもった熱を放出してくれるので睡眠導入をスムーズに行えるとのことです。
皆様も野菜中心の食生活を送ってみてはいかがでしょうか。 

建設部 松江和己

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介