町内会でのこと

2011年9月17日 更新

昨年の防災訓練の中の消火器での消火訓練ででチョットした事故が有り私は町内の組長で有ったので先頭に立って消火器の取扱について説明及び消火方法の実施を行いました。

そのとき町内会で「町内で消火器を取り扱っている会社に勤務している人が居た!!」と言う事で反響が大きかったです。

その甲斐が有って今年は町内会から消火器の注文及びトランジスタメガホンの受注が出来ました。そこで私が感じた事は「誠意を持って接すればお客さまも感じ取ってくれる」と言う事をしみじみ感じました。

町内の行事には進んで参加して自分を売り込むのも販売に結び付く一つの手段だと思いますので大変ですが皆さんもやって見たらいかがでしょうか!

追記

町内には10年以上過ぎている消火器が70本以上有るそうですが町内の予算では1年に2本~3本が精いっぱいだそうです。

私は今年から2年間富士市生涯学習推進会の体育保健部にチャレンジしています

                                                                   中島 真二

 

◀前のページに戻る    ▲このページの先頭へ

 

注目商品

エアコン・冷凍機の消費電力を削減する省エネ制御装置。快適性を維持しながらデマンドを低減します。
BeONEの紹介

————————————-

水銀灯の代替照明として、水銀灯と同等の明るさで消費電力を約80%削減する事が出来ます。
消費電力やく80%削減出来るエネブライト紹介